雨ニモマケズ



「雨ニモマケズ、風ニモマケズ・・・」

宮沢賢治の代表的な作品のワンフレーズ目ですね、

かなりの方がご存知の言葉だと思います。

ご存知ない方は是非、本で読んでいただきたい。

いやいや、ネットで調べられるよ。

という方にはこちらを・・・

「雨にも負けず風にも負けず」のフレーズが有名な宮沢賢治の詩。この続きを知らない方はもったいないです。あまりにも素晴らしい内容に胸がふるえます。大人はもちろん、子…

今回はプロフィールを追加しようと思います。

よかったらおつきあいください。

「雨ニモマケズ」の

最後の言葉がすごく好きです。

「そういうものにわたしはなりたい」

この言葉を見るだけで涙が出てきます。

時代背景や、状況が重なる訳ではないのに

なぜか泣けてきます。

モデルとされる人がいらっしゃって、

とてもつらい体験をしていたようですが、

心中はわたしでは分かりかねますが、

幸せな気持ちが多い方であったろうと思います。

明日を信じていたのをとても感じるからです。

そして、「天知る地知る」を信じていることを

とても感じるからです。

そーいうことから

詩の全てがこの言葉に集められているように思うから

泣けるのかもしれません。

「わたしなりたい」ではなく「わたしなりたい」

なのはなぜか、考えた時に、

宮沢賢治の写真で畦のようなところでうつむき加減で歩いている

写真がありますが、      こんな写真です

イメージ中で、このあと星空を見上げる姿が浮かびます。

誰にも知られなくてもいいし、

自分の歩いた道を誰も知らなくてもいいし、

「でも星空は全部知っている」という世界を知っている、

誰も関係ない「わたし」だから「は」なんだな。。。

と、解釈してます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今、こうして文章を毎日、書いています。

当たり前ですが、賢治のような文章には程遠いです。

ずっと誰かに解るように話すことも苦手でした、

今も修行中です。

ブログを始める時や始めてからも、色々と文章術の本を読んだり、

ネットで調べたりしました。

そもそも、ネットでの文章術は「結論」を先に書いて、

結論の理由→理由の事例などを書いて、

「ゆえに結論」へ持っていきます。

いうのは簡単ですが、

なかなか思うように書けません。。。

目指すところは、「雨ニモマケズ」

なのだと考えています。

今のこの状況を、くじけずに頑張るしかない、

少しでも

誰かの役に立つような記事を書き続けるために。

もし、同じように頑張る方がこの記事を読んでくださったなら、

ぜひ、「雨ニモマケズ」を読んでガンバって欲しいです。

歩いて来た道を振り返った時に、

涙が溢れるような出来事が待っていると、

信じて欲しいです。

きっと何かあります。

「継続は力なり」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

読んでおきたいベスト集!宮沢賢治 (宝島社文庫) [ 宮沢賢治 ]
価格:740円(税込、送料無料) (2017/7/31時点)

手元に置きたい方はこちらからどうぞ。

ダウンロードがよろしい方はこちらからどうぞ。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。