星コラム「はやぶさ2とリュウグウ」

小惑星探査機「はやぶさ2」のニュースはもうご存知でしょうか?

3年前に、地球と火星の間にある小惑星を目指して打ち上げられました。

そして、昨日(2017年7月12日)に宇宙航空研究開発機構「JAXA」が

目的地にあと1年で到達すると発表したのです。

順調にいけば来年小惑星に近づく探査機「はやぶさ2」元気(?)な

姿を日本中が、いえ世界が注目することでしょう。

「はやぶさ」と言えば1号機での記憶がまだ新しい方も多いかと思います。

着陸の際に機体が損傷して、燃料が漏れるというアクシデントがあり、

地球との交信が途絶えたなお、宇宙を彷徨いながら、奇跡の帰還を果して、

大気圏で燃え尽きる姿の美しさは、日本中に感動を与えました。

関連記事はこちらをご覧ください。

いろんな困難を乗り越えて「はやぶさ」は帰還しました。しかも、サンプルを採取する任務も果たしています。今回は「はやぶさ2」にも、同じように困難を期する事もあっても、無事に帰還して欲しいです。



「はやぶさ2」の目的は?

「はやぶさ」」同様に、小惑星から物質を持ち帰る事が大きな目的です。

では、1号機とどこが違うのでしょうか。

❶到着しようと目標にしている小惑星の種類が異なります。

「小惑星イトカワ」は岩石質の小惑星ですが、今回、目指す小惑星は、

岩石質ですが、表面に有機物や水をより多く含んでいます。

❷「衝突装置」を搭載している点です。

今回は、小惑星に装置を衝突させる事で、直径数メートルのクレーターを

作り出します。

その後、接近して、観測、さらには着陸して物質の採取、が予定されています。

これによって、表面だけでなく、太陽系の誕生頃の状態を留めている、

可能性のある内部の物質を採取し、帰還する事で、

かなり、太陽系の神秘にせまることが期待できるというのです。

(C)JAXA 関連リンク
http://www.jaxa.jp/projects/sat/hayabusa2/index_j.html

(C)JAXA 関連リンク

「小惑星探査機「はやぶさ2」」を掲載しています。 -宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)は、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関です。

「はやぶさ2」の近況

2014年の打ち上げから約3年、現在、秒速およそ30キロという

速さで飛行中、打ち上げからの飛行距離は、約24億キロ、

小惑星まではおよそ3000万キロに近づきました。

来年6月〜7月ごろ小惑星に20キロという至近距離に接近します。

2018年中には小惑星に到着して、いろんなミッションをこなして、

2020年に帰還する予定です。

「小惑星 リュウグウ」って?

命名は2015年11月に一般公募で決まりました。

「リュウグウ」とは?

浦島太郎伝説に出てくる、竜宮城にちなんでいます。

浦島太郎は竜宮城から玉手箱を持ち帰るところもちなんでいて、

「はやぶさ2」も「リュウグウ」からサンプルカプセルを持ち帰る

というミッションがそれにあたります。

また、海の底にある「竜宮城」と宇宙の深淵さが「リュウグウ」へ向かって

行くことに共鳴するところがあるようです。

「はやぶさ2」の今後

地球から3億キロ離れた宇宙空間で、「はやぶさ2」を「リュウグウ」に

安全に着陸させ、物質の採取を行うか、ということが最大の難関とされています。

「リュウグウ」形が球状ということしか分かっておらず、どんな困難が

待ち受けているかは誰にもわかりませんが、

いかなる状況でも対応できるように研究者が日夜シミュレーション訓練を

繰り返し、「はやぶさ2」を支えているのです。

まとめ

「はやぶさ2」の「リュウグウ」へ向かうミッションの

ことを少し紹介しました。

日本のみならず世界でも注目度の高い「はやぶさ2」の動向を

これからも見守り応援したいです。

関連記事はこちら

いろんな困難を乗り越えて「はやぶさ」は帰還しました。しかも、サンプルを採取する任務も果たしています。今回は「はやぶさ2」にも、同じように困難を期する事もあっても、無事に帰還して欲しいです。

関連ニュースはこちら

http://spaceinfo.jaxa.jp/search.html?q=はやぶさ2

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。