スポンサーリンク




季節の星座の見つけ方「やぎ座」

黄道12星座の1つで10番目に位置する「やぎ座」は、歴史も古く

シュメール時代に作られました。

やぎ座の姿について

🌟大まか位置は「いて座」と「みずがめ座」の間にあります。

描かれる星座図では、ヤギの下半身が魚の姿となっているものが

多いのですが、これには訳があります。

🌟紀元前6〜7世紀ごろ、冬至点は「やぎ座」にありました。

南に下りきった太陽は「やぎ座」を境に北上していました、

この様子を、ユーフラテス川の南岸に住む人たちは、

岩山を登るヤギを連想しました。

では、下半身の魚の姿はどでしょうか、

🌟当時、太陽が「やぎ座」を通る頃にはメソポタミア地方は、

雨期を迎えていました。

しかも、ユーフラテス川の氾濫をもたらす季節でもあったため、

下半身が魚の姿と成りました。

見つけ方

🌟見える時期はちょうど今頃の7月中旬ごろから東の空から顔を出し、

10月中旬には見頃を迎えます。

明るい天の川にかかる「いて座」の東に小さな星々が、

逆三角形に連なっているのがわかりますか?

それが「やぎ座」です。

逆三角形の右側の頂点が頭部になります、反対の左側が尻尾になります。

「みずがめ座」と「いて座」の間に位置しています。

いて座の見つけ方はこちら

「いて座」を探したことがありますか? 「いて座」は比較的わかりやすい星座の一つなのでぜひ見つけて欲しいです。 夏...

🌟幾つか探し方がありますが、

まずは天の川が良く見える地域の方は、天の川から探してみましょう。

天の川といえば「夏の大三角」の一角であるわし座のアルタイルが

1等星ですぐ見つかりませんか?

🌟そこから明るい方へ見ていくと「いて座」に行き当たります、

地上の近くなる少し暗い部分があり、

そこへ3等星以下で作られた逆三角形が見つかります。

関連記事

「夏の大三角」といえば「はくちょう座」のデネブと 「こと座」のベガ、「わし座」のアルタイルからなる、天の川をまたがって...

「わし座」は夏の宵の頃、 天高く輝く「夏の大三角」の星々の中で2番目に明るい 1等星が「わし座」のアルタイルです...

もう一つの探し方

🌟8月中旬になると、東の空から「みなみのうお座」が顔を出します。

みなみのうお座の1等星のフォーマルハウトが目印となって、

そこから、南向きの右側へ目を向けて、暗い星ばかりの場所ですが、

🌟逆三角形を見つけてみてください。

さて、なぜ、いま「やぎ座」を紹介するかというと、

もう少しすると、「やぎ座流星群」がみられます。

放射点に当たる星座の位置はあまり関係はないのですが、

「やぎ座流星群」は流星の量は少ないので、放射点を意識した方が

見える確率も上がるかと思います。

極大日は8月1〜2日なのですが7月25日からちらほら流れ出します。

また、同時期に「みずがめ座δ(デルタ)流星群」も隣あわせたところからの

放射点ですので、どちらともなく見られるようになります。

夏休みのはじめの天体ショーとして、

楽しんでいただきたいです。

関連記事

「やぎ座α流星群」をご存知ですか? 年間を通してみても、他の流星群と比べると数も少なく 「みずがめ座(デ...

「みずがめ座デルタ南流星群」をご存知ですか? 7月15日頃から8月20日頃にみられる流星群です。 「みず...

「流星群(りゅうせいぐん)」をご存知でしょうか? 近年の天文観測ブーム、日本人宇宙飛行士の活躍と共に その認知度...

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。

基本情報

基本情報

学名 Capricornus(略号Cap)
中央位置 赤経:21h00m   赤緯-18°
概略範囲 東21h57m,西20h04m,北-8°,南-28°
20時南中 9月30日(高度37°)
面積 413.95平方度(順位40)
肉眼星数 31個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:アルゲディ、重星、3.6~4.3等星

β星:ダビー、重星、3.1~6.1等星

γ星:ナシラ 3.7等星

Ο星:重星、6.0~6.8等星

π星:重星、5.1~8.3等星

δ星:デネブ・アルゲディ、変光星、2.8~3.1等星

M30:NGC7099、球状星団、7.2等星

見どころ α星=山羊の角に位置した2重星で、3.6等のα1星と4.3等のα2星が367′(111.862m)離れて並んでいます。間隔が大きいので肉眼でも分離できます。

β星=2重星で、3.1等星と6.1等星が205″(5.207m)離れて並んでいます。こちらは双眼鏡で分離できます。

まとめ

「やぎ座」の見つけ方を紹介しました。

「いて座」の東に小さな星々が、逆三角形に連なっているのが

それが「やぎ座」です。

「みなみのうお座のフォーマルハウト」を目印に

そこから南側の西方面にすぐ隣を見ると

逆三角形が見つかります。

確認してみてください。

まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。

「うお座」の見つけ方を紹介しました。黄道12星座の最後の星座ですが、目立つ星があまりないので、「く」の字型という形と周りの星座の並びから、導き出すやり方が妥当でしょう。



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。