スポンサーリンク




星座の神話「ふたご座」

春の大曲線」そしてしし座のデネボラを含めた「春の大三角」

そしてその先の西の空に「かに座」と「ふたご座」が輝いています。

この頃より少し時間を戻して、ひな祭り頃に、「ふたご座」は

ほぼ頭上に見えます。

この時期から春の星座か次々に姿を見せはじめ

「春の大三角」が見頃を迎える時には東から西へと移動していきます。

太陽の通り道である黄道に並ぶ12星座のうち、3番目に位置する

「ふたご座」は古代バビロニアから「大きな双子」として知られていました。

ふたご座は地中海沿岸地方では航海の守り神として崇められ、

中世の船乗りたちは嵐になるとマストの先に

セントエルモの火(雷などの強い電解でマストの先が発光す現象)が

現れると、カストルとボルックスの名前を唱えて

嵐が過ぎるのを待ちました。

ギリシャ神話の世界では、このふたつの明るい星は、

神々の王ゼウスとスパルタ国王妃レダとの間に産まれた不義の子供たちでした。

レダの産んだ子供は

姉クリュタイムネストラと妹ヘレネという女の子と

兄カストルと弟ポルックスという男の子の4つ子でした。

兄カストルは乗馬を、弟ポルックスはボクシングと

それぞれが名手となり、多くの戦場で活躍することとなります。

他の英雄たちと一緒に、黄金の毛を持つ羊を探索する旅(アルゴー船の冒険)にも

参加し武勲を上げるなど、功績は目覚ましい者がありました。

カストルとポルックスはお互いによく似た兄弟でしたが、

ただ一つ、違うことがありました。

それは、弟ポルックスは神々の血を受け継いでおり、不死身の身体で

あるのに対し、兄カストルは純粋な人間でありました。

悲劇は突然にやってきます。

従姉妹のイダスとリュンケウスという双子の兄弟と牛の分け前のことで争いになり、

カストルはイダスに殺されてしまします。

怒ったポルックスはリュンケウスを槍で刺し殺します。

逃げるイダスを追いかけていたポルックスは反撃に遭い

気絶してしまいます、その隙にポルックスを殺そうとしたイダスに

雷が落ちてきて、イダスは命が絶たれます。

その雷は父であるゼウスの怒りの矢でした。

後に残ったポルックスは不死身のためカストルの後を追えないことを嘆きます。

そして神々に「どうか自分の不死を解いてほしい」と懇願します。

神々はこの二人の仲睦まじい姿に感動し、兄弟を天に引き上げて

永遠の星座にしたといいます。

2等星の「カストル」と1等星の「ボルックス」と呼ばれる

二つの星が並んでいるのが印象的で、

その姿から双子がイメージされているようです。

ちなみにオレンジがかって見える方が弟の「ポルックス」です。

探す時の目印にしてください。

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。