スポンサーリンク




星座の神話「おとめ座」

「おとめ座」は「春の大曲線」と「春の大三角」でも

おなじみの1等星のスピカが美しい星座です。

晩春から初夏にかけて、南の空を上昇してきます。

黄道の6番目の星座で、「しし座」と「てんびん座」の間に

位置しています。

「おとめ座」の目印にもなっている1等星のスピカは、

北斗七星の柄のカーブを延長して、「うしかい座」のアルクトゥールスを

通る曲線の「春の大曲線」有名です。

この他にも、オレンジ色に光り男性的な「うしかい座」のアルクトゥールスと、

純白に輝く「おとめ座」のスピカを女性に見立てて、

「春の夫婦星」と呼んでいます。

「おとめ座」の「乙女」には諸説あり、

正義の女神アストレイア」と考える説ではおとめ座はより潔癖で、清らかな処女の

イメージとして描かれている部分です。

詩人ヘシオドスによれば、かつて人類は「黄金の時代」と

呼ばれる時を過ごし、楽園の住人のような日々を送っていました。

ところが、人類は徐々に堕落していきます。

そして「白銀の時代」と「青銅の時代」を過ごして、

ついには人と人が殺し合う「鉄の時代」がやってきます。

そのため、それまで人間とともに地上で暮らしていた神々が

次々と天界へ戻っていきます。そんな中で最後まで人間を信じて、

地上に残ったのが女神アストレイアでした。

しかし、そんな女神アストレイアでしたがあまりにも地上に、

殺人や戦争が溢れ出し、とうとう天界へ戻り、

星座になり天から人類を見守ることにしました。

これが女神アストレイアとする説で、また

「農業の女神デメテル」と考える説では、1等星のスピカの意味が「麦の穂」

ということから、古代社会においては大地の実りを司る大いなる女神として

女神デメテルの化身だとされています。

さらにはその娘のペルセポネとも言われています。

シシリア島の草原で花摘みをしていたペルセポネは、

地の底から現れた4頭立ての馬車に乗った王に攫われてしまいます。

ペルセポネの母デメテルは寝食を忘れて探しますが、娘を攫ったのが

冥府の王ハデスであることがわかると、

絶望のあまり洞窟に閉じこもってしまいます。

母デメテルは大地を司る農業の女神ですので、地上は冬枯れの

景色になってしまいました。

それを見た神々の王ゼウスは伝令の神ヘルメスを冥府へ行かせ、

ハデスを説き伏せペルセポネを返すように求めました。

ようやく戻ってきたペルセポネ、母のデメテルは歓喜し、

草木はみるみるうちに育ち始めました。

ところが、ペルセポネは冥土のザクロを4粒食べていたのです。

母デメテルは再び絶望します。

なぜなら、冥土の食べ物を口にしたものは、

地上へは帰れなかったのです。

デメテルはゼウスに懇願しますが食べてしまった分だけ冥土で過ごすことで

話がまとまり、8ヶ月は地上で、4ヶ月は冥土で暮らすようになりました。

デメテルが娘のことを思い心配している姿が「おとめ座」になりました。

私は先の女神アストレイアの説のほうがしっくりきます。

皆さんはいかがですか?

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。