スポンサーリンク




夏の夜空を見てみよう「ペルセウス座流星群」

毎年8月12日ごろピークを迎える「ペルセウス座流星群」

2017年も8月12日の夜半から13日の明け方ごろまで

楽しめます。

ただ、今年は月齢20ほどの月が12日の22時ごろ東の空から

顔を出し始めます。

比較的明るい中での観測となります。

このような時は、流星群の場合、名前の付いている星座は

放射点を示しているだけですから、流星自体は空全体で観測できます。

なるべく月の光が視界に入りにくい場所を選んでみることをお勧めします。

光が目に入らなければ意外と流星は見られます。

時間帯は夜半過ぎの方が放射点の高度出てきますので

その方が流星の出現もたくさん観測できます。

私の場合は南向きにベランダがあるので、そちらで観測します。

南向きは意外と長い線を描く流星が観測できるので

とても綺麗ですよ。

ただ、角度が付きすぎて首が痛くなるので、

できれば、寝転がれるような場所であれば理想ですね。

さて、この「ペルセウス流星群」ですが、

夏休みのしかもお盆あたりの出現ですし、なにかと観測に良いところへ出かけたり、

夜更かしできるなど、あとは天候などの観測条件さえ良ければ、

たくさんの方々によく見られてる機会が増えていて、しかもたくさんの流星が見られる点も、

馴染みのある流星群の一つではないでしょうか。。。

通年、条件が良ければ最大で40個以上の観測が見込まれています。

夏というのも観測条件にはとてもプラスにはたらきます。

冬は防寒に力を入れなくては風邪をひいてしまいますが、

夏は涼みがてらちょうど良い気候ではないでしょうか。

夏は「ペルセウス座流星群」

冬には同じように毎年確実にたくさんの流星を観測できる

「しぶんぎ座流星群」や「ふたご座流星群」は「3大流星群」として

お聞き及びがあるかもしれませんね。

極大日の12日から13日が天候が悪い時でも、まだ諦めてはいけません。

それ以外、例えば、

13日から14日でもピークは過ぎてはいるものの流星を観測できるので、

もし天候上、見られないことになっても、次の日の天気をチェックして

晴れなら再チャレンジしては如何でしょう。

それか早めのお盆休みを取られる方でも8月7日ごろから活動が

始まっています。

ただ極大日以外は時間がかかると予想されます。

長時間観測するつもりでお出かけの予定を立ててください。

時間をかければかけるほど見える数も増えます。

当たり前のようですが、

自然現象なので、のんびりゆったりとした時間をお過ごし下さい。

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。