星座の神話「わし座」

「わし座」の神話にはギリシャ神話に属するものと、

七夕に由来するものとがあります。

まずは、ギリシャ神話の方を紹介しましょう。



このページの項目はこちらです。

わし座の神話

「わし座」のワシは大神ゼウスが変身した姿だとされています。

特に持ち出される話としては、「みずがめ座」とも関係のある

お話です。

大神ゼウスとその妃で女神ヘラとの間には青春の女神へーべという

とてもかわいい娘がおりました。

この青春の女神へーべの仕事は、オリンポス神殿で父親、

大神ゼウスの身の回りのお世話をすることでした。

女神へーべが美しい乙女に成長し、恋に落ちてしまいます。

その相手は勇者ヘラクレスです。

大神ゼウスは猛反対です。

大事にしていて、しかも身の回りの世話をさせるくらいの

気に入りようです。

多分相手は誰でも、父親は反対するものです。

でも、子に勝てる親はいません。

大神ゼウスも同じです。

最後には、しぶしぶ、二人の結婚を認めます。

青春の女神へーべのいなくなったオリンポス神殿は、

灯が消えたように暗くなりました。

大神ゼウスにいたっては、毎日寂しさの連続で、沈んでいたのです。

寂しさが頂点に達した、大神ゼウスは、

青春の女神へーべの代わりになる者を探してくる

ことを思いつきます。

そして大きなワシに姿に変身をしました。

その姿で大空へ舞い上がったのです。

この姿こそが、「わし座」の姿として星座になったそされています。

大神ゼウスはワシの姿で人間界へ行きます。

空から下界を見下ろし、女神へーべの代わりになる者を探しました。

そしてとうとう一人の少年を見つけます。

その少年は、トロイヤ国の王子で、永遠の美少年と謳われるほどの

美貌の持ち主でした。

その名は「ガニュメデ」。

「ガニュメデ」は水瓶のモチーフとなっている、

よく星座絵図で描かれるみずがめを持った少年です。

さて、そこから大神ゼウスは、ワシの姿のまま、

大空に巻き上がって、ガニュメデ王子を目指して急降下しました。

そして、大空に舞いあがり、両足でしっかりつかみ、

オリンポス神殿に連れ去ってしまします。

そうして大神ゼウスの身の回りの世話をガニュメデ王子に任せました。

ギリシャ神話の「わし座」はお分かりいただけたでしょうか。

関連記事も合わせてごらんください。

「みずがめ座」は秋の宵に南の空に見頃を迎える、 「秋の星座」の一つです。 「みずがめ座」の各「流星群」の...

「ペルセウス座」聞くと、「流星群」を思い浮かべる方が ほとんどでしょうか。。。 夜空ではあまりその姿を探すことは...

七夕の「わし座」の由来はこちらをごらんください。

「わし座」は夏の宵の頃、 天高く輝く「夏の大三角」の星々の中で2番目に明るい 1等星が「わし座」のアルタイルです...

まとめ

わし座の神話について紹介しました。

今回はギリシャ神話に由来する方を中心にお話ししてます。

星座を探しながら神話の世界も堪能していただければ嬉しいです。

夏の宵の頃、天高く輝く「夏の大三角」が一際目立って見えています。その中でも2番目に明るい星が「わし座のアルタイル」です。 「夏の大三角」の一角としてや「七夕の彦星」としては、とても馴染みのある星座なので、ぜひ、夜空で見つけて楽しんで欲しいです。

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。