スポンサーリンク




星座の神話「はくちょう座」

「はくちょう座」と聞くと私は天の川を渡る十字型を思い浮かべます。

黄道の12星座とは違い少し高い位置姿を確認することができます。

夏の星座を代表する一つで黄道12星座以外で

「カシオペア座」や「オリオン座」と同様にポピュラーな星座ですね。

「はくちょう座」の起源は紀元前1200年頃の古代フェニキア人や

アラビア人、紀元前300年頃のギリシャなどで

空を駆け抜ける巨大な鳥としてこの星座を見ていました。

ギリシャ神話の世界では、

その昔、スパルタ国がありました。

奴隷の数が人口の9割を占めるスパルタでは、

2人の王が共同で政治を行うのが習わしで、

チュンダレオスとイーカリオスも、通例通りの共同統治王でした。

しかし、チュンダレオスとイーカリオスは気が合わず、

策略を巡らせてイーカリオスはチュンダレオスを

スパルタ国からついには追放してしまします。

若いチュンダレオスは、アイトリアのテスティオス王のもとへ

身を寄せることになりました。

アイトリアには美しい王女レダ姫がおり、チュンダレオスは恋に落ち

レダ姫と結婚するのです。

その後、チュンダレオスはスパルタ国へ復権し、

レダはスパルタ王妃となります。

それからしばらくして、

大神ゼウスがスパルた王妃であるレダに恋をします。

ゼウスは、鷲に追われた白鳥を装って、王妃レダに近づきます。

白鳥を哀れに思ったレダは、それがゼウスの化身とは気が付かず、

白鳥を胸にかき抱きました、その時、ゼウスは、

レダと交わることに成功するのです。

白鳥の姿となったゼウスと結ばれたためか、レダは二つの卵を産みます。

この二つの卵からそれぞれ双子が生まれます。

一つからはクリュタイムネストラ(姉)とカストル(弟)が、

もう一つからはポルックス(兄)ヘレネ(妹)が産まれました。

レダは4つ子を産みます。

ここでお解りのかたもいるかと思いますが、

「ふたご座」の神話で双子として登場するのは、

王妃レダと大神ゼウスの子、兄の「ポルックス」と弟「カストル」です。

余談ですが、

のちにギリシャ中を巻き込んだトロイ戦争の原因となるのは

絶世の美女へと育った妹のヘレネです。

「はくちょう座」の由来はゼウスが白鳥に化身した姿が

星座になったとされています。

また、この白鳥は、太陽神アポロンの息子のパエトンを探す親友のキュクノス

の姿とも、琴の名手オルフェウスとも言われています。

琴の名手のオルフェイスとされるには

隣にオルフェイスが使っていた「こと」が星座として輝いている

からでしょうか。。。

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。