スポンサーリンク




星コラム「9月の星空」

(C)国立天文台

9月の星空の見所を紹介します。

残暑の厳しい日が続いておりますが、夜は少しづつ秋の気配が感じられます。

星空模様も秋の気配になってきました。

夏の星座の名残がまだ西の空に残る中で、

秋の星座との共演はどうですか?

素敵なシンフォニーが聞こえてきますね。

東の空

🌟「秋の四辺形」のペガスス座が少し高さが出てきて

見つかりやすくなってきました。

秋の宵の頃には、東の空高く4個の星が大きな四辺形を、形作っています。逆さまになった、天馬ペガススの上半身の姿が描かれています。夏の大三角から探すか、秋の黄道星座から探すか、両方を紹介しました。

🌟黄道では12番目の星座「うお座」が、

二匹の魚の尾ひれが繋がれた姿を見せはじめます。

🌟東の空でも北寄りにほ「アンドロメダ座」が、

こちらも昇り始めています。

「アンドロメダ座」には「アンドロメダ銀河」があり、

4等星ほどですので、コンディションの良い時には、

肉眼でも確認できることでしょう。

「アンドロメダ座」はフェニキアで誕生した星座です。神話のエチオピア王家の物語のヒロインである王女「アンドロメダ」の姿と言われています。「秋の四辺形」「ペガススの大四辺形」を形作る4つの星を見つける方法が一番早いです。

南の空

🌟東南の空の低い位置、「うお座」の隣に「みなみのうお座」が

あります。

「みなみのうお座」にはフォーマルハウトという1等星が目印になります。

🌟南側の空の見所はやはり、黄道があるので、誕生日星座でおなじみの

星座が並んでいます。

🌟秋は目立ちにくい星座が多いのですが、形が特徴的なので、

それを頼りに見つけてください。

「みずがめ座」は秋には見頃を迎える星座です。流星群は深夜に出現します。 7月の21時頃やっと東の空から昇り始めます。全体的に3等星から5等星という目立つ星があまりありません、しかも全体像は大きめなので、全体を見つけるのは少し難しいようです。
黄道12星座の1つで10番目に位置する「やぎ座」は、歴史も古くシュメール時代に作られました。大まか位置は「いて座」と「みずがめ座」の間にあります。
「いて座」を探したことがありますか? 「いて座」は比較的わかりやすい星座の一つなのでぜひ見つけて欲しいです。 夏...
まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。

北の空

🌟北に見える星で目印になる「カシオペア座」が見頃を迎えます。

その横には「ペルセウス座」なども顔を出し始めます。

🌟北極星のある「こぐま座」や長い姿を見せている「りゅう座

も北側に見えます。

カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための貴重な目印となる星座です。

ペルセウス座流星群の放射点ある「ペルセウス座」の見つけ方を紹介しました。「W」の形のカシオペア座を頼りに探すのが一番早い探し方でしょう。流星群を見る時の参考にしていただければと思います。

「りゅう座」は天の北極に近いところに位置していて、特に明るい星が あるわけではありませんが、ほぼ1年中、その姿...

(C)国立天文台

西の空

🌟南西にかけて、黄道星座の移りゆく姿が色々と見られます。

さそり座」や「おとめ座」などは惑星と一緒にあってので、

よく目にされた方も多いかと思います。

🌟黄道星座ではないですが「へびつかい座」や「ヘラクレス座」なども

そろそろ沈む準備を始める頃です。

🌟西の空の低い位置に「うしかい座」の1等星のアークトゥルスは

「春の大曲線」で「おとめ座」と一緒に覚えた方も多いのでは

ないでしょうか、早い時間に沈んでしまうので、

これが見納めです。

「さそり座」は夏の代表的な星座です。 南の地平線近くに赤く輝く1等星アンタレスを中心に、 星々がS字形に...
「ヘラクレス座」は紀元前4000年頃には「鎖で繋がれた神様」として その姿は見られていました。 その後ギリシャに...
「へびつかい座」と聞くと一昔前に、13星座占いというのが 流行りました。 これは黄道12星座の割り振りの中に「へ...

天中の空

🌟頭の頭上にはまだ夏の大三角が見えます。

さすがに西へ沈むには時間がかかりますね。

真夏の宵のころ、天の高い位置に燦然と輝く1つの星があります。それは、ヨーロッパでは「真夏の女王」と呼ばれその気品と風格にふさわしい輝きを放っています。そして、純粋さをイメージさせる、東洋では七夕の織姫としてもポピュラーな人気の高い、「こと座のベガ」です。1等星のベガを見つける方法と「夏の大三角」から見つける方法を紹介しました。
夏の宵の頃、天高く輝く「夏の大三角」が一際目立って見えています。その中でも2番目に明るい星が「わし座のアルタイル」です。 「夏の大三角」の一角としてや「七夕の彦星」としては、とても馴染みのある星座なので、ぜひ、夜空で見つけて楽しんで欲しいです。
夏の宵の頃、天高く輝く3個の明るい星が目を引きます。これは「夏の大三角」と呼ばれる、 「こと座のベガ」、「わし座のアルタイル」、「はくちょう座のデネブ」探すのもすごく簡単に見つかりますね。

「夏の大三角」といえば「はくちょう座」のデネブと 「こと座」のベガ、「わし座」のアルタイルからなる、天の川をまたがって...
「夏の大三角形」と聞くと『ああ星空の話か。。。』とすぐに ピントくると思いますが、春の大曲線はそれほどメジャー...

惑星の星模様

🌟9月の上旬は日の出前が賑やかです。

明けの明星の金星、最大離角を迎える水星、順当な火星、

それぞれが美しく輝いています。

(C)国立天文台

🌟そこへ「しし座」のレグルスもそばの共演は見ごたえあります。

🌟9月中旬になればそこへ月が参加したコンチェルトが見事です。

🌟下旬には、西に目を向けていただいて、月と木星や土星の共演を

楽しめることでしょう。

(C)国立天文台

形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。

まとめ

9月の夜空の見所をまとめました。

秋の星座や夏の名残の星座、惑星なども合わせて

見所満載です。

また、記事の中で、詳しく紹介する予定です。

良い観望でありますように。。。



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。