星コラム「太陽フレアでオーロラが日本で見える?」

(C)NASA / Goddard / SDO

太陽フレアのニュースはもういろいろなところで耳にしていますが、

衛生や通信に関する影響の話はいろいろな方にお任せして、

「日本でオーロラが見えるの?見えないの?」

とい観点で話を進めていきます。

お時間のある方よかったらどうぞ。。。

まず最初は、



今回の現象のおさらいです。

今回2回大きなものが観測されています。

規模は1番目がX2.2で、2番目がX9.3に分類されます。

これは現在の太陽サイクルが2008年12月に始まって以来X9.3が

最大となります。

太陽の周期は約11年ですので、サイクルの終わりの方で、

この時期の規模としては珍しく大きいフレアです。

このため、強力な放射光なので、GPSや通信信号が流れる層を乱す

可能性が十分にあるので、

気をつけよう、という話です。

もっと気になる方は、宇宙天気予報センターへ

(C)NASA

さて、私どもの主役は「オーロラ」です。

そもそもオーロラとは

🌟オーロラは地球の大気中で起こる発光現象です。

大気と言っても、上空80~500kmほどの高層で起きる現象です、

また、発光そのものが弱いので、夜にしか見えません。

🌟オーロラの発光は、太陽から放出された「高エネルギー粒子」が

地球の磁場の隙間から入り込んで、南北両極域の地球大気に

ぶつかって起きます。

🌟色々な「色」み見えるのは、現象が起こる層にある、

大気中の酸素や窒素、ナトリウムなどの元素が色を出して、

光の形でエネルギーを放出しているのです。

(C)NASA

🌟オーロラの形は多くの縦長い光線でできています、

そのため、布の折り畳みでできたカーテンのように見えるのです。

🌟通常のオーロラは夕方に水平線から水平線まで伸びるように、

弧を描き、夜から真夜中近くに弧がねじれて揺れ始め、

風に揺れるカーテンのように見えます。

その後、急速に移動して、非常に明るくなりピークを迎えます。

早朝にはオーロラの形が雲のような外観をとって、

点滅を繰り返し、太陽が昇ると消えてゆきます。

(C)NASA

🌟今回のような大きな太陽フレアが爆発すると、

宇宙の天気活動が増え、その影響で、オーロラも赤道に向かって

広がって行きます。

どこまでどの方角へ広がるか、はわかりません。

🌟このように赤道へ向かって広がる「中緯度オーロラ」と

呼ばれています。

これは、酸素の赤い色をしたオーロラが、太陽活動が活発な頃、

見られる事があり、昔から古文書には「赤気」として

記録されています。

(C)NASA

🌟実は日本でも1989年に出現したオーロラは、

カーテン状ほどではありませんが、北海道陸別町などで

観測されています。

あまりの空の色に山火事と間違えて消防車が出動した話は、

有名ですね。

🌟今では陸別町にある「銀河の森天文台」がオーロラの観測なども

行っているそうです。

日本最大級の大型望遠鏡で天体観望会を開催しています。晴れていれば昼間も星を見ることができます。

とってもわかりやすいです。オーロラ研究です。

(C)NASA / Goddard / SDO

今回のオーロラは?

🌟南極観測所ではもうすでに観測されています。

8日午前中に国立極地研修所が南極の昭和基地で撮影したそうです。

🌟満月の明るさに負けないくらいのオーロラのが輝きで、

普段は見られない紫色のオーロラも観測できたようです。

映像みたいですね!!

公開されたら随時更新してゆきます。

磁気嵐の影響が強く現れているそうなので、

北海道は見れるんじゃないかと、思っています。

こちらも何かあれば随時更新してゆきます。

🌟関連ニュース

ニュース映像に少し南極のオーロラが写ってます。

ですが、NHKのニュースサイトはしばらくしたらページなくなります。

南極・北極科学館ではオーロラシアターがあります。

興味のある方は是非。

南極

(C)宇宙天気予報センター

北極

(C)宇宙天気予報センター

まとめ

太陽フレアの影響によって、オーロラの出現が予想されます。

南極・北極は当たり前ですが、

「中緯度オーロラ」も期待できるので、それを楽しみに待ちたいと、

まずオーロラについて、紹介しました。

日本でも北海道あたりですが、

観測できる事を願っています。

美しいオーロラの映像が撮れる事を祈って。。。

🌟なよろ市立天文台きたずばるさんもオーロラ観測してるそうです、

動画をアップしてくれるかな?

北海道名寄市にある公開天文台、なよろ市立天文台きたすばるのウェブページ。望遠鏡やアクセスなどの天文台についての各種案内、観望会や音楽ライブなどのイベント情報などを提供しています。

追加で動画を共有しました。

日本ではないけれど。。。

参考サイト

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。