スポンサーリンク




秋の星座の見つけ方「ケフェウス座」

(C)国立天文台

秋の宵、北の空の高い位置、

はくちょう座が帰路を西へ向かう頃、

天の川の岸辺に「ケファウス座」の見頃を迎えます。

古代エチオピアの国王が星座となった、

「ケフェウス座」を探してみましょう。

見つけ方

ほぼ、1年中、北側の空にはあるのですが、

「カシオペヤ座」と同じく、低い場所では見えにくく、

また、目立つ星があまりないので、

秋にちょうど良い高さに昇った時期に見頃を迎えるということです。

🌟「ケフェウス座」を見つけるには、

周りの星が賑やかなので、そちらを頼りに探しましょう。

🌟大まかな位置は「カシオペヤ座」のWと、「はくちょう座」のデネブ、

「こぐま座」の北極星の間にあります。

🌟形はいびつな細長い五角形をしています。鉛筆の先のような、

とんがり帽子のような形です。

🌟とんがった先は北極星側で、底辺側がデネブ側です。

カシオペア座は東側に見えています。

🌟3等星が3つと2等星が1つでとても光が弱いですが、

よく見ると、見えてきます。

見つかりましたか?

ケフェウス座、北極星になる?

🌟現在、北極星は「こぐま座」のα星ですが、

歳差運動という地球の運動のために長い年月をかけて

持ち回りで変わっていきます。

🌟下記の赤丸が順番に北極星になってゆく星たちです。

(C)国立天文台

詳しくは「カシオペヤ座」で「北極星の探し方」を書いた記事をご覧ください。

カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための貴重な目印となる星座です。

ケフェウス座とカシオペヤ座

🌟「ケフェウス座」と「カシオペヤ座」は側に寄り添うように、

星座でも並んでいますが、古代エチオピアの国王とその王妃です。

🌟星座のなった経緯は詳しくはあまり書かれていません。

娘の「アンドロメダ座」に由来するお話が、関連するようです。

秋になると、ペガスス座に引っ張られるように、緩やかなカーブを描く星列が昇ります。 「アンドロメダ座」は美しいエチオピアの姫の姿を現しています。
秋の足音と共に、冬ごもりをするかのような「おおぐま座」が沈んで行き、それに代わるように「カシオペヤ座」が顔を出します。「カシオペヤ座」のモデルとされているのは、古代のエチオピア国の王ケフェウスの妃であるカシオペヤ王妃です。
「ペルセウス座」聞くと、「流星群」を思い浮かべる方が ほとんどでしょうか。。。 夜空ではあまりその姿を探すことは...
「ペガスス座」のギリシャ神話をまとめました。ペガススは「ペルセウス座」や「ヘラクレス座」とも繋がりがあり、それらを紐解くとさらに奥が深まりますね。

基本情報

基本情報

学名 Cepheus(略号Cep)
中央位置 赤経:2h15m   赤緯+70°
概略範囲 東8h30m,西20h01m,北+89°,南+51°
20時南中 10月17日(高度北55°)
面積 587.79平方度(順位27)
肉眼星数 57個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:アルデラミン 2.45等星

β星:アルフィルク、重星、3.3~7.9等星

γ星:エライ 3.2等星

δ星:変光星、3.5~4.4等星、5.366341日周期

τ星:変光星、5.2~11.3等星、388日

IC1396:散開星団、3.5等星

見どころ β星アルフィルク=ケフェウス型変光星として有名な脈動変光星です。膨張と収縮を繰り返しながら5日8時間47分39秒の周期で3.5等星〜4.4等星まで明るさを変えています。

まとめ

秋風に乗って見頃を迎える「ケフェウス座」を紹介しました。

「ケフェウス座」も古くから認識されている星座でありながら、

目立つ星座でもないのはやはり隣にいる王妃の「カシオペヤ座」の

影響でしょうか。

カシオペア座もけっして目立つ星があるわけではありませんが、

形を覚えやすい名前が日本人には馴染みやすかったのでは

ないでしょうか。

ですが、一度見つけてしまえば、wと隣の五角形は合わせて楽しめることでしょう。

秋の夜は長いので、ゆっくり星空を観望してはいかがでしょうか。。。

良い観望でありますように。。。

夏の宵の頃、天高く輝く3個の明るい星が目を引きます。これは「夏の大三角」と呼ばれる、 「こと座のベガ」、「わし座のアルタイル」、「はくちょう座のデネブ」探すのもすごく簡単に見つかりますね。
ペルセウス座流星群の放射点ある「ペルセウス座」の見つけ方を紹介しました。「W」の形のカシオペア座を頼りに探すのが一番早い探し方でしょう。流星群を見る時の参考にしていただければと思います。
カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための貴重な目印となる星座です。
「アンドロメダ座」はフェニキアで誕生した星座です。神話のエチオピア王家の物語のヒロインである王女「アンドロメダ」の姿と言われています。「秋の四辺形」「ペガススの大四辺形」を形作る4つの星を見つける方法が一番早いです。
「りゅう座」は天の北極に近いところに位置していて、特に明るい星が あるわけではありませんが、ほぼ1年中、その姿...
真夏の宵のころ、天の高い位置に燦然と輝く1つの星があります。それは、ヨーロッパでは「真夏の女王」と呼ばれその気品と風格にふさわしい輝きを放っています。そして、純粋さをイメージさせる、東洋では七夕の織姫としてもポピュラーな人気の高い、「こと座のベガ」です。1等星のベガを見つける方法と「夏の大三角」から見つける方法を紹介しました。
夏の宵の頃、天高く輝く「夏の大三角」が一際目立って見えています。その中でも2番目に明るい星が「わし座のアルタイル」です。 「夏の大三角」の一角としてや「七夕の彦星」としては、とても馴染みのある星座なので、ぜひ、夜空で見つけて楽しんで欲しいです。

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。