スポンサーリンク




季節の星座の見つけ方「ヘラクレス座」

「ヘラクレス座」は紀元前4000年頃には「鎖で繋がれた神様」として

その姿は見られていました。

その後ギリシャに伝わって英雄ヘラクレスの姿として見られるようになりました。

どちらも逆向きの人形を写していたようです。

真上に見える時期は、4月下旬には3時頃〜7月下旬には21時といった

ように動いていきます。

見つけ方は「夏の大三角」の「こと座」のベガの天中よりに横を見て

小さな台形と大きな台形が見つかります。

それが胴体なので両手両足はそこから伸びている星々です。

どうですかなんとなく、逆さまの英雄の姿が見えてきましたか?

「ヘラクレス座」はあまり光の強い星がありません。

3等星以下の星々の集まりです、ですので探すときには

周りの明るい目印になる星を先に見つけるのがいいですね。

先ほどの「こと座」のベガは1等星なのですぐ見つかるでしょう、

次には「ヘラクレス座」の下方向にある「へびつかい座」頭部で輝く

2等星のラサルハグェ。

この二つだけでもかなり見つけるには役に立ちます。

「ヘラクレス座」と「へびつつかい座」は頭どうしが並んだような

配置です。

台形を2つ繋いだような形、あるいは楽器の鼓のような形とでも

言いましょうか、そのように並んだ星の形が目印です。

逆さまになって右手には棍棒をふりかざし、左手には蛇を掴んでいる

姿の「ヘラクレス座」として輝いています。

逆さまだからでしょうか、

古代ギリシャでは「ひざまずく者」という意味で呼ばれていました。

ヘラクレス座の頭部に輝くα(アルファ)星の名前も「ラス・アルゲティ」

意味は「ひざまずく者の頭」です。

この「ラス・アルゲティ」は二重星で、望遠鏡などで観測すると、

すぐそばに、青っぽい星が確認できます。

「ヘラクレス座」は2等星以上の明るい星はありませんが、

球状星団・M13があることで、ご存知の方もいらっしゃるようで、

地球から25000光年の距離があるものの、条件次第では、

肉眼で確認できます。

この星団は「ヘラクレス座」の腰あたりに位置していて、

直径は140光年で、約50万個もの星の集まりであるとされています。

なぜ、逆さまになっているのか。。。

逆さまになっているのにも理由付けがあります。

詳しくは神話の話のときにしますが、

大神ゼウスの子でありながら、正妻の子ではないので、ゼウスの

嫉妬深い妻の呪いで、星座になってからも

淡い星々しか与えられず、しかも逆さまにされてしまったといわれています。

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。