スポンサーリンク




季節の夜空を見てみよう「月と今見える惑星は?」

「惑星」というと「水金地火木土天海」その昔は

「水金地火木土天冥海」となっていました。

その後「水金地火木土天海冥」となり、

最後の「冥」(冥王星)が小惑星に認定されてしまったので、

今は「水金地火木土天海」ですね。

なんのことかよくわからない方へ、太陽をから太陽系の

惑星を覚える時の覚え方で漢字のはじめの1字を並べたものです。

「水」・・・水星

「金」・・・金星

「地」・・・地球

「火」・・・火星

「木」・・・木星

「土」・・・土星

「天」・・・天王星

「海」・・・海王星

「冥」・・・冥王星

私が初めて覚えた時には海王星と冥王星が順番が逆でした。

というのも、他の惑星はほぼ黄道面に沿った分布をしていますが、

冥王星の軌道は海王星の軌道の内側を通る軌道があり、

順序が逆でした。

しかも、海王星と冥王星は公転周期の比が2:3の共鳴状態と

なっており、接近を避ける様な軌道となっています。

冥王星は2006年までは太陽系の惑星とされていました。

ですので、今の覚え方は「冥」がない覚え方です。

でも読んでみると、座りが悪い感じで、物足りないですね。

一部星占いでは、「冥王星」も第9惑星として

考えるものも多い様です。

さて、今日の星空は、皆さんのお住まいから眺める様子は

どんな感でしょうか?

梅雨空であいにくの天候でしょうか・・・

晴れていれば20時ごろで、月が西の空に30°あたりに

月齢4.4の三日月が見えてると思います。

しし座のレグルスの1等星が瞬いています。

まだ三日月なので並んでもよく見えるでしょう。

そこからだんだんと南へ目を向けると、

おとめ座のスピカと木星が月よりは少し上の目線で40°ほどの

ところで輝いています。

そして、さらに、南東の方へ目を向けると、

さそり座のアンタレス、赤く光る1等星とその横に土星が見えます。

月より少し低い目線で見えるはずです、20°くらいのところです。

ちなみに火星と水星は西の地平線のかなり低いところにあるので、

ほとんでみえないでしょう。

明朝5時30分ごろまた東の地平線から昇ってきますが、

太陽も昇ってくるので、みるのは難しいでしょう。

金星は深夜2時30分ごろに東の空から登ります。

日の出前の5時ごろですと「明けの明星」として

美しい姿がみられます。

金星が登り始めた頃には西の空には土星がやっと沈みます。

まとめ

月と一緒に見える惑星は

「木星」と「土星」です。

見頃は7月1日には「木星」と近くあります。

7月7日には「土星」と近くにあります。

7月7日は七夕ですね、天気がいいといいですね。

参考文献・参考サイトはこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。