神話一覧

スポンサーリンク

星座の神話「ぎょしゃ座」

「ぎょしゃ座」の神話を簡単に紹介しました。謂れを知らなければ、足の不自由な王であったことが、わからないので、神話からも星座の成り立ちが知れるのが、面白いところです。観望会などで、参考になれば幸いです。

星座の神話「オリオン座」

「オリオン座」は、紀元前1400年頃のアッシリアでは、天の狩人座として、すでに知られていました。農業の神タンムーズの姿と考えられたこともありました。このように、オリオン座の神話には諸説ありますが、代表的なものを紹介します。

星座の神話「おうし座」

秋の終わりを告げ、冬の到来の先駆けになる星座が、「おうし座」です。大神ゼウスの化身とされ、広く知られている神話ですが、簡単に紹介します。神話を読み解くと、星座のいわれがわかるので、見つけ方と合わせて読んでいただきたいです。

星座の神話「くじら座」

「くじら座」の神話をお話しました。古代エチオピアの王家の神話と重なるところが多々あるのですが、神話はそもそも、単純なお話ですので、繋がりがわかれば、また楽しくなるのではないのでしょうか。

星座の神話「うお座」

「うお座」の神話を紹介しました。うお座は2匹の魚が繋がれた姿で描かれていますが、神話の内容も魚に変身した親子がはぐれないようにと結んだリボンでした。また「みなみのうお座」との違いなどを独自の見解を話させてもらいました。

星座の神話「みなみのうお座」

「みなみのうお座」のギリシャ神話の紹介をしています。諸説あるものの、代表的なものを2つ、紹介させていただいてます。「美の女神アフロディーテ」説だと、うお座とほぼ同じで、どうもしっくりいきません。ので、私は「豊穣の女神デルセト」説の方が、もっとらしいかな。と考えています。

星座の神話「カシオペヤ座」

秋の足音と共に、冬ごもりをするかのような「おおぐま座」が沈んで行き、それに代わるように「カシオペヤ座」が顔を出します。「カシオペヤ座」のモデルとされているのは、古代のエチオピア国の王ケフェウスの妃であるカシオペヤ王妃です。

スポンサーリンク







Translate »