星のコトワリ一覧

スポンサーリンク

星ヨル部「オリオン座流星群を見に行こう!」

秋には秋に見える流星群があります。極大日には1時間に10個〜20個程度は見込まれます。白井市文化センタープラネタリウム、福島市子どもの夢を育む施設(こむこむ)、釧路市こども遊学館、坂東郷土館ミューズ、国際文化交友会 月光天文台、向日市天文台、猪名川天文台、加古川市立少年自然の家、番外編名古屋市科学館

星ヨル部「月の鑑賞はいかがですか?」

秋の夜長に月の観望会のある、天文台を紹介しました、旭川市科学館(サイバル)、郡山市ふれあい科学館スペースパーク、大田原市ふれあいの丘天文館、平塚市博物館、セーレンプラネット福井市自然史博物館分館、四日市市立博物館プラネタリウム、関崎海星館

星コラム「10月後半の星空」

10月後半にかけて色々な天体ショーが楽しめるので、観望会などありましたらぜひ参加して、これらを観察してほしいです。土星の環が見ごろとなり、ふたご座ε流星群やオリオン座流星群のピーク、またうお座で天王星が衝となり、土星と月が接近し、月面では「X」が浮かび上がります。

太陽系惑星について「木星」

木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。

星ヨル部「雫石銀河ロープウェイに乗ろう!」

雫石銀河ロープウェイを紹介しました。岩手山は名前の通り岩手県の最高峰です、標高2038mの火山です。夜は満天の星がお出迎えしてくれます。2018年に入っても回数は少なめですが、運行しています。そして春からの本格営業も楽しみですね。その時にしか見られない星座や、普段見られない星座を探しに行きましょう。

太陽系惑星について「火星」

地球のすぐ外側を回る火星は、地球の直径の半分ほどの小さめの惑星です。火星は、太陽系惑星の中では、一番地球に近い環境があります。もちろん、水や生命の存在などは、まだ直接には見つかっていませんし、二酸化炭素を主成分とする大気は極端に薄く、人間にとっては馴染みにくい世界です。

スポンサーリンク







Translate »