HOBBY一覧

スポンサーリンク

秋の星座の見つけ方「さんかく座」

秋の星座は小さいものや、目立たない星座が多いです。その中で、小さいながらも目立って人々に愛された小さい三角「さんかく座」の見つけ方を紹介しました。目立つといっても、周りの星座と一緒に、導き出しながら探すので、参考にして、探してもらいたいです。

秋の星座の見つけ方「けんびきょう座」

秋でも早い時期の南の空、低い位置でなんとか見ることができる「けんびきょう座」ですが、星の明るさが5等星以下ばかりで、さらに見つけるにはハードルが高くなります。そんな「けんびきょう座」ですが、観望会などで、秋の星座を取り上げる際には、ぜひ見つけて欲しいものです。

秋の星座の見つけ方「こうま座」

「ペガスス座」ペガススの鼻先にある星座で、4つの星が馬の顔を描いています。明るさも4等星ほどですので見つかりにくいですが、頑張って探しましょう。「こうま座」は「ペガスス座」より先にるので、ラテン語で「エクウス・プリオル」初めの子馬と呼ばれています。

星コラム「かぐやを思う」

月探査機かぐやについて簡単にまとめてみました。月の地下空洞のニュースがどれほどの道のりを経ての発表であったかを少しでも知る機会になればいいなと思います。まだまだ解明されていないことも多いので、また研究が進んでゆくことを祈りつつ。。。

星ヨル部「深まる秋に星のイベントはいかがですか」

秋の夜長に楽しめる星のイベントを紹介しました。参考にしていただいて、是非とも参加して欲しいです。大阪市立科学館、盛岡市子ども科学館、はまぎん こども宇宙科学館、ディスカバリーパーク焼津、四日市市立博物館プラネタリウム、藤沢市湘南台文化センターこども館(宇宙劇場)

星ヨル部「秋に星のイベントはいかがですか?」

段々と秋の深まりを感じる時期ですが、夜のお楽しみに、星のイベントへお出かけして見ませんか?六本木ヒルズ展望台 東京シティービュー、りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)、鹿角平天文台、板橋区立教育科学館、とよた科学体験館(豊田産業文化センター)、福岡県青少年科学館、島根県立三瓶自然館サヒメル

星ヨル部「オリオン座流星群を見に行こう!」

秋には秋に見える流星群があります。極大日には1時間に10個〜20個程度は見込まれます。白井市文化センタープラネタリウム、福島市子どもの夢を育む施設(こむこむ)、釧路市こども遊学館、坂東郷土館ミューズ、国際文化交友会 月光天文台、向日市天文台、猪名川天文台、加古川市立少年自然の家、番外編名古屋市科学館

星ヨル部「月の鑑賞はいかがですか?」

秋の夜長に月の観望会のある、天文台を紹介しました、旭川市科学館(サイバル)、郡山市ふれあい科学館スペースパーク、大田原市ふれあいの丘天文館、平塚市博物館、セーレンプラネット福井市自然史博物館分館、四日市市立博物館プラネタリウム、関崎海星館

星コラム「10月後半の星空」

10月後半にかけて色々な天体ショーが楽しめるので、観望会などありましたらぜひ参加して、これらを観察してほしいです。土星の環が見ごろとなり、ふたご座ε流星群やオリオン座流星群のピーク、またうお座で天王星が衝となり、土星と月が接近し、月面では「X」が浮かび上がります。

スポンサーリンク







Translate »