スポンサーリンク

太陽系惑星について「海王星」

海王星は太陽系にある8個の惑星の中で、最遠に位置しています。その公転周期は約165年です。1846年に発見されて、2010年に発見された位置から太陽を1周して同じ位置に戻ってきました。海王星は半径約25000kmで、天王星よりも少し小ぶりな氷惑星です。

太陽系惑星について「天王星」

淡い環を持つ横倒しの天王星、天体望遠鏡では見えませんが、天王星にはごく細い環があります。メタンの厚い雲に覆われているため、木星のようにはっきりとした模様は見られません。そして、赤い光を吸収してしまうため、全体に青っぽく見えます。

星ヨル部「中秋の名月を見に行こう」

「中秋の名月」を各地の天文台で観望する企画を紹介しました。りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)、旭川市科学館(サイバル)、貝塚市立善辺兵衛ランド、うすだスタードーム、富山市天文台、桑名市長島ふれあい学習館、宮崎科学技術館、長崎市科学館、三重大学

星コラム「10月の星空」

夜空の星も秋の星座にだいぶ入れ替わってきました。そんな10月の夜空の見頃を迎える星たちを紹介します。中秋の名月、金星と火星の接近、夜明け前の月と金星、火星、アルデバラン食など。

星ヨル部「秋の星イベント後半戦」

秋の星に関するイベントを紹介しました。各イベントには独自の楽しめる企画が満載です。この機会に足を運んでみてはいかがでしょか。。。筑波宇宙センター特別公開、星まつりin OKAGAKI、スターウォッチング in赤城2017、種子島宇宙芸術祭、盛岡市子ども科学館、豊橋市視聴覚教育センター

星ヨル部「週末、星のイベントに参加しよう、その2」

週末の星のイベントをまとめました。参考にして是非とも参加して欲しいです。中秋の名月が近いので、月に関する観望会もたくさん企画されています大田原市ふれあいの丘天文館、星の子館、半田空の科学館、群馬ふれあい科学館、県立ぐんま天文台、国分寺市政策部政戦略室、平塚市博物館、加古川私立少年自然の家、福岡県青少年科学館

スポンサーリンク







Translate »