星コラム「衛星の名前」

星の名前




(C)国立天文台

 

太陽系の惑星は水星と金星を除いて、衛星を持っています。

 

その多くはギリシャ神話の神々などの名前がつけられています。例外は天王星の

シェイクスピアの作品の登場人物がつけられています。

 

衛星の名前を一覧にまとめました。

 

 

地球

月=地球には衛星は月しかありません。

 

名前

(発見年)

英語表記 軌道長半径(km) 半径(km) 公転周期(日) 平均等級 発見者
1 Moon 38万4400 1738 27.322 -12.6

 

月の名前の由来は、太陽に次いで輝く「次」から月へなったとする説と、一定の

周期で見えなくなって、輝きも尽きる「尽」から月へなったという説と、さらには

うさぎが餅を「ついて」いる伝説から月へとなったという説と、諸説ありますが、

確かなことはわかっていません。

 

ですが、日本最古の書物「古事記」の中に「月読命」が登場していて、「月」とい

う呼び名は早くからありました。

また、月の感じは三日月の形の象形文字です。

 

火星

🌟ギリシャ神話の戦いの神アレースは、ローマ神話ではマルスです。火星はこの

マルスが元になって「Mars」とつけられています。

 

火星の衛星にはアレース神の息子のフォボス(敗走の神)、ダイモス(恐怖の神)の

名前がつけられています。

 

名前

(発見年)

英語表記 軌道長半径(km) 半径(km) 公転周期(日) 平均等級 発見者
1 フォボス

(1877)

Phobos 9.376 13.4*11.2*9.2 0.3189 11 A.Hall
2 ダイモス

(1877)

Deimos 2万3.458 7.45*6.1*5.2 1.2624 12 A.Hall
太陽系惑星について「火星」
地球のすぐ外側を回る火星は、地球の直径の半分ほどの小さめの惑星です。火星は、太陽系惑星の中では、一番地球に近い環境があります。もちろん、水や生命の存在などは、まだ直接には見つかっていませんし、二酸化炭素を主成分とする大気は極端に薄く、人間にとっては馴染みにくい世界です。

 

 

木星

🌟木星のジュピターはユピテルからきており、これはギリシャ神話の大神ゼウス

のことで、衛星はゼウスの愛した女性の名前が多いです。

 

名前

(発見年)

英語表記 軌道長半径(km) 半径(km) 公転周期(日) 平均等級 発見者
1 イオ(1610)=ガリレオ衛星 3,642 1.7691日
2 エウロパ(1610)=ガリレオ衛星 3,121.6 3.5512日
3 ガニメデ(1610)=ガリレオ衛星 5,262.4 7.1545日
4 カリスト(1610)=ガリレオ衛星 4,820.6 16.689日
5 アマルテア(1892) 262*146*134 11.92
6 ヒマリア(1904) 170 249.726
7 エララ(1905) 86 257.984
8 パシファエ(1908)
9 シノベ(1914)
10 リシテア(1938) 36 256.995
11  カルメ(1938)
12  アナンケ(1951)
13  レダ(1974) 20 238.824
14  テーベ(1979) 110*90 16.23
15  アドラステア(1979) 26*20*16 7.11
16  メティス(1979) 40 7.08
17  カロリエ
18  カルデネ
19  イオカステ
20 ハルパリュケ
21  プラクシディケ
22  タユゲテ
23  エリノメ
24  イソノエ
25  マガクリテ
26  シノーべ
27  カリュケ
28  テミスト(1975) 8 129.827
29  Dia(2000) 4 287.931
30  カルポ(2003) 3 458.624
31 S/2003 J 12(2003)  1  482.691
32
33
34
35
36
37
38
39
40

 

 

太陽系惑星について「木星」
木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。
太陽系惑星について「木星の衛星ーガリレオ衛星」
太陽系の中で最も大き惑星の「木星」には67個もの衛星を持っています。中でも「ガリレオ衛星」と呼ばれる4個は一際大きく、「第3衛星のガニメデ」は惑星の水星を上回る大きさがあり、太陽系最大の衛星となっています。

 

 

土星

 

 

 

 

 

太陽系惑星について「土星」
美しく神秘的な輪を持つ土星は、その正体は木星と同じガス惑星で、地球の直径の10倍もありながら、とても軽いので、もし、土星を入れることのできる巨大なプールがあれば、土星は水面にプカプカと浮いてしまうだろうと言われています。
太陽系惑星について「土星の衛星」
土星の周りには、リングだけでなく、たくさんの衛星があります。現在、確認されている数は65個です。ごく一部ですが、簡単に紹介します。

 

天王星

 

 

 

太陽系惑星について「天王星」
淡い環を持つ横倒しの天王星、天体望遠鏡では見えませんが、天王星にはごく細い環があります。メタンの厚い雲に覆われているため、木星のようにはっきりとした模様は見られません。そして、赤い光を吸収してしまうため、全体に青っぽく見えます。

 

海王星

 

 

太陽系惑星について「海王星」
海王星は太陽系にある8個の惑星の中で、最遠に位置しています。その公転周期は約165年です。1846年に発見されて、2010年に発見された位置から太陽を1周して同じ位置に戻ってきました。海王星は半径約25000kmで、天王星よりも少し小ぶりな氷惑星です。

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました