2018-11

スポンサーリンク
太陽

星コラム「太陽までの距離の測り方」

太陽までの距離の測り方はについて紹介しました。太陽から地球までの距離は、現在では、惑星と地球の位置と、レーダーで観測した数値などから計算して、測ることができます。まずは太陽と地球の間の距離というのが正確であることが、大切で、さらに遠くの星などを測る時に役に立ちます。
2019年

星コラム「12月天文カレンダー」

2019年12月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。観望の参考にしてください。
2019年

星コラム「11月天文カレンダー」

2019年11月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。観望の参考にしてください。
2019年

星コラム「10月天文カレンダー」

2019年10月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。観望の参考にしてください。
星コラム

星座の和名を知ろう「春の星座ーおおぐま座」

日本では、「おおぐま座」というよりも、「北斗七星」の方が認知度が高いように思います。やはりその奇跡的な形に並んだ、2等星を多く含む柄杓型が、印象的で、誰かに聞かれても、説明がしやすく、目印にはもってこいだからでしょうか。
2019年

星コラム「9月天文カレンダー」

2019年9月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。観望の参考にしてください。
2019年

星コラム「8月天文カレンダー」

2019年8月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。観望の参考にしてください。
星コラム

星座の和名を知ろう「秋の星座ーカシオペヤ座」

カシオペヤ座の和名を紹介しました。2等星と3等星で構成されていますが、その単純な形から、古くから日本でも独自で呼んでいた名前がある「カシオペヤ座」です。今でもアルファベットの「W」や、見る時期によっては逆向きの「M」として、探すキーワードにもなっています。
2019年

星コラム「7月天文カレンダー」

2019年7月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。観望の参考にしてください。
2019年

星コラム「6月天文カレンダー」

2019年6月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。観望の参考にしてください。
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました