2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の和名を知ろう「秋の星座ーカシオペヤ座」

シェアする

(C)アストロアーツ/星空年鑑

2等星と3等星で構成されていますが、その単純な形から、古くから日本でも独自に

呼んでいた名前がある「カシオペヤ座」です。

今でもアルファベットの「W」や、見る時期によっては逆向きの「M」として、

探すキーワードにもなっています。

形は変わることがないのですが、呼び方にアルファベットが浸透していない頃からの

呼び名が和名として使われている、代表格のような星座です。

秋の星座ですが、北極星の近くにあるので、見えにくい時期もありますが、

ほぼ1年中夜空にあります。

今回はそんな「カシオペヤ座」の和名を知ってみましょう。

いかりぼし(錨星)

主に使われていた地域 広島・香川・福井・岐阜・宮城ほか

実は、戦前は、教科書に載せられて、プラネタリウムなどでも「カシオペヤ座」の

和名としてよく紹介されています。

古くから、「カシオペヤ座」は「おおぐま座」の北斗七星と北極星を挟んで、対角に

あって、北極星を探す目安星として使われていました。

船乗りには北極星が方角を知る為に必要で、周りの星で時間を知ったので、

カシオペヤ座やおおぐま座の北斗七星は常用恒星として重宝していました。

実はこの錨星に対して、北斗七星の名前は舵星という呼び名もあったそうです。

詳しくは「おおぐま座」で紹介します。

なんとも島国らしい、海にちなんだ名前ですね。

やまがたぼし(山形星)

主に使われていた地域 愛媛・丹波ほか

錨の形は比較的下の方で見える形なので、水平線まで見渡せる海でついた名前という

のはよくわかります。

山形というのは少し高い位置にきた時に見える向きなので、よく見える時期に、そう

呼ばれていたようです。

ごようぼし(五曜星)

主に使われていた地域 静岡・茨城・群馬ほか

「五曜」というのは、北斗七星の「七曜」に対をなすものという意味合いがあります。

北極星を中心にして、対角にあるカシオペヤ座と北斗七星は、先に触れましたが、

北極星を探す星として重宝されていました。

ただ、場所によって、「九曜」と呼ばれこともあります。

星の数が合わないので、数を表してはいないようで、これには諸説ありますが、

「く」を二つ繋げた形で「九曜」なのではないか、という話もあります。

(C)アストロアーツ/星空年鑑

カシオペヤ座の見つけ方

「カシオペヤ座」の見つけ方は、こちらのページをご覧ください。

カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための貴重な目印となる星座です。

北極星の見つけ方

「北極星」の見つけ方は、こちらのページをご覧ください。

「北極星」の見つけ方を紹介しました。「こぐま座」からダイレクトな探し方と、「カシオペヤ座」や「おおぐま座」から探す方法を紹介しましたが、季節のよって星座は変わります。動かない北極星が、どこに見えるのか一度探して見ましょう。

カシオペヤ座の神話

「カシオペヤ座」のギリシャ神話は、こちらのページをご覧ください。

秋の足音と共に、冬ごもりをするかのような「おおぐま座」が沈んで行き、それに代わるように「カシオペヤ座」が顔を出します。「カシオペヤ座」のモデルとされているのは、古代のエチオピア国の王ケフェウスの妃であるカシオペヤ王妃です。

まとめ

カシオペヤ座の和名を紹介しました。

現在では、アルファベットの「W」を探しましょう、という風に説明しますが、

錨や山形というのはなんとも日本らしくて、和みますね。

昔は3等星もはっきりと確認できて、「W」も綺麗な形を確認できたでしょうね。

良い観望でありますように。。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »