猫部屋へようこそ

スポンサーリンク

シェアする



ニャンコ部のページをまとめています。

参考になれば幸いです。

4



このページの項目はこちらです。

食生活

猫が食べてはいけない食材を紹介しました。いろいろな食べ物がある中で、情報も色々ありますが、調べるとよくわかるので、情報を集めてみましょう。危険度の具合もあるので、注意しましょう。
猫に必要な栄養素の用語についてまとめました。猫には個体差があり、栄養に振り回されずに、その子にあった食事ということが大切です。最近の総合栄養食表示のキャットフードで充分栄養は考えられていますし、用量を守って与えることも大切です。それに猫にはある程度の調整力が備わっています。
猫に必要な栄養素について紹介しました。現在は総合栄養食のキャットフードが優れているので、必要な栄養はほぼ補えます。穀物なども食べていけないことないので、カリカリの中に含まれているからといって、拒絶しなくても良いかなと思います。
キャットフードの好き嫌いについてまとめました。与え方次第で、同じフードでも飽きずに食べられますし、いくつかの種類をローテーションする方法もあります。あなたの工夫次第でいくらでも改善できます。
愛猫のゴハンの与え方についてまとめました。正しい必要量を覚えて、健康優良猫を目指しましょう。ぽっちゃりさんも可愛いのですが、体に負担がかかると辛いのは愛猫ちゃんなので、気をつけられるのなら、飼い主のあなたが気をつけてあげましょう。

暮らし

ノミの駆除についてまとめました。夏場はどうしても活動が活発になって、しかも強めのやつが出てきます。早めのお薬の滴下をお勧めします。動物病院で処方してもらってください。
猫を初めて飼う時に必要なものを紹介しました。どんな猫を飼うか、どこで譲り受けるか、環境はどうするか、必要なグッズは何かを簡単にまとめました。
どうしてもお出かけしないと、いけないことは起こります、そんな時にニャンコの お留守番について必要な気をつけたい項目をまとめました。普段でも会社など出勤している方は、長時間飼い主さんがいない状態に慣れているかもしれないですね。逆に自宅にいる時間の長い方は、寂しがるかもしれないので、帰ってきてからたくさん遊んであげましょう。
猫と人間の換算方法と子猫時代の成長に必要なことを紹介しました。子猫の成長スピードは早いのでその中で、馴らしておきたい習慣などあるので参考にしてみてください。また去勢・避妊の必要性を考えましょう。
猫の仕草で、気持ちを知る手がかりになるかと、まとめました。参考になれば幸いです。また、これ以外にも「うちの子はこんなことする〜」というのが、あるかと思います。その時の、愛猫ちゃんの気持ちを、肌で感じてあげましょう。
猫が好きな場所についてまとめました。猫の習性などによって好む場所を「好きな」と呼んでいますが、安全で快適に過ごせる場所が猫には大切です。というお話でした。
猫は元来、単独生活を好む動物です。ですが環境、主に食生活が潤っていたら同居猫がいても問題なく暮らせる場合が多いです。あとは猫の性格が大きく影響します。他の猫を嫌がる猫はいるので、その見極めが大切ですね。1匹でも、それ以上でも、あなたとの関係性で十分幸せに暮らせることもあります。
猫の体の特徴を簡単に説明しました。猫の体は、まだまだ不思議なところがたくさんあります。そして個体特有の、癖の様なのもや、体の特徴などもあります。少しでも猫への理解につながれば幸いです。
猫のトイレのこだわりについて紹介しました。色々な種類がありますが、好みに気がつくことが猫との絆を深めることにもつながります。また好みを超えたところで清潔さが優先されます、置き場所などと、合わせて気を付けてあげたいことです。
猫の性格はどうやって決まるのかについてまとめました。猫の性格は遺伝と環境などが複雑に影響しあって、決まってゆきます。要因は無限にあるので、十猫十色と言っても過言ではありませんね。これを機に愛猫ちゃんの性格分析をして見るのもいいかもしれませんね。
猫の鳴き声と、考えられる猫の気持ちを、まとめました。、個体差があって、微妙に鳴き声がって聞こえる場合もあります。愛猫ちゃんの声や特徴、仕草などからあなたが気持ちを探って、新たな鳴き声を見つけるのも楽しいですね。

病気

ワクチンで防げる病気と、猫のかかりやすい病気についてまとめました。ワクチン接種で防げる感染症もあるので、毎年定期的に受けるようにしましょう。また、喋れない猫なので、病気の気配を早期に感じ取ってあげられるように、予備知識として知っておくと良いでしょう。
猫の去勢と避妊手術を考えることを提案しました。計画的に繁殖を考えているのでないのなら、手術を考えたほうが良いでしょう。1回目の発情期を迎える前が理想です、発情期に我慢させる方が酷だと認識をしましょう。
猫を健康診断に連れて行くことの、大切さをまとめした。いち早く健康上の異変に気けるように、どんな仕草かも一緒に紹介しました。参考にしてください。猫は自分ではしゃべれません、普段からおとなしい子もいるかとは思いますが、愛猫ちゃんをよく観察しましょう。

遊び

猫との遊びで、仲良くなる方法を紹介しました。これらのことが全てではなく、猫ちゃんによっては、のんびりやの子もいます、また、ツンデレが強めの子もいます。素直に反応してくれるばかりではない、ということも覚えておくと良いですね。

診断チェック

猫の理解度をテェックできる簡単なテストを紹介しました。⭕️と✖️で気軽に答えられると思います。解説合わせて読んで、猫の理解度をますますアップしてください。「初級編」と合わせて総合評価が出せます。あなたは何点でしたか?
知っているようで知らない猫のコト。クイズにまとめました。初級編を紹介します。猫好きなら全問正解したいところですね、挑戦してみてください。⭕️と✖️で気軽に答えられると思います。解説合わせて読んで、猫の理解度をますますアップしてください。
猫とあなたの愛情診断テストを紹介しました。あなたはどのくらい猫に愛されていますか?また猫ちゃんとの距離はどのくらいでしょうか?診断してゆくと改めて猫ちゃんとの関係が見えてくることもあるので、軽い気持ちでお試しください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

Translate »