2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星ヨル部「全国公開天文台ー東北5選」

シェアする

(C)NASA

🌟星ヨル部では全国の公開天台を地域別に抜粋して紹介していきます。

各天文台共に観測会など開催しているので、地域の方々、及び旅行先でも

行ってみてください。

1回で5箇所程度を目標にして、全国の天文台を少しずつでも

紹介できるようにしてゆきます。

参考になれば嬉しいです。

🌟仙台市天文台

🌟星と森のロマントピアそうま 公開天文台「銀河」

🌟ひろのまきば天文台

🌟田村市星の村天文台

🌟いいで天文台

仙台市天文台

仙台市天文台

〒989-3123
仙台市青葉区錦ケ丘
9丁目29-32
TEL:022-391-1300

特徴 仙台市天文台は毎週土曜日に口径130cmの「ひとみ望遠鏡」を使って、見頃の天体を観測する会が開催されています。(晴天時)

また、観察会が始まる前にはオープンスペースでその日の空の状況や、観望予定の天体について紹介する時間を設けており、そちらは定員なしの無料で参加できます。

休館日 水曜日、第3火曜日、年末年始
料金 高校生以上200円、小中学生は100円

仙台市天文台のホームページ。望遠鏡、プラネタリウムなどの施設紹介。天文観測情報。イベントやアクセス等の各種情報を提供しています。宮城県仙台市青葉区錦ケ丘。

星と森のロマントピアそうま 公開天文台「銀河」

星と森のロマントピアそうま
公開天文台「銀河」
〒036-1505
青森県弘前市大字下湯口字
扇田114
TEL:0172-84-2288

特徴 この施設の自慢は、口径40cmのハイテク反射望遠鏡です。これは青森県内の公開天文台で一番の大きい天体望遠鏡です。

また、施設の周辺は森に囲まれており、光害に悩まされることなく、満天の星空が楽しめます。

宿泊施設が併設されており、時間の許す限り、天体望遠鏡で観測した後も、庭で横になって星を眺めることも可能です。

休館日 月曜日(祝日の場合は次の平日)
料金 高校生以上200円、4歳以上100円

青森県弘前市の星と森のロマントピアの敷地内にある天文台「銀河」では、公開天文台の中で県内一の天体望遠鏡があります。満天の星空、太陽、月。天体観測とスタッフの楽しいお話で宇宙の不思議を体験しませんか?星だけでなく、昼は太陽の黒点も見られます!

ひろのまきば天文台

ひろのまきば天文台

〒028-8802
岩手県九戸郡洋野町大野
第66地割8−142
おおのキャンパス内
TEL:0194-77-3377

特徴 環境省の冬期全国星空継続観察によって、2007年の一般団体の部で日本一星空が見やすい場所に選ばれたことがある天文台です。牧場に立っているので、360°見渡せる景観や、空気の澄み具合が星空観測に適していると評価されました。

開館日は金、土、日で、毎月2回、天文台長の解説で星空教室が開催され、毎年8月と12月の流星群の観測会を開催しています。

休館日 月〜木曜日、12/29~1/3、臨時休館の場合あり
料金 高校生以上210円、小・中学生100円、未就学児無料

田村市星の村天文台

田村市星の村天文台

〒963-3602
福島県田村市滝根町神俣字糠塚
60番地1
TEL:0247-78-3638

特徴 名物天文台長がいらっしゃるそうで、とてもアットホームな天体観測会を案内しています。

また施設のは福島県内でも最大級の口径65cmのカセグレン式反射望遠鏡があります。

夜間の公開は主に土曜日ですが、夏休みは数を増やして対応されています。日程をご確認ください。

予約は入れませんが、天候次第で中止になることもあるので、お気をつけください。

休館日 火曜日(4~9月)、火・水曜日、年末年始(10~3月)
料金 大人500円、小・中学生300円

いいで天文台

いいで天文台

〒999-0602,
山形県西置賜郡飯豊町大字萩生
3548
TEL:0238-87-1758

特徴 観測室の円形ドームには口径40cmのカセグレン式反射望遠鏡があり、毎週土曜日に一般公開で観測できます。

また、特別公開で観測会も開催しています。

休館日 冬期間(12~3月)は閉館
料金 中学生〜一般200円、小学生150円、未就学児無料

まとめ

全国の公開天文台を紹介しました。今回は東北の5選です。

これから少しづつ紹介していきます。

観望する機会が増えることを願っています。

星を身近に感じられる一助になれば幸いです。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽と太陽系惑星について     水星     &nbs…
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »