星ヨル部「スターウィークを楽しもう」

「スターウィーク」星空に親しむ週間

8月1日〜7日の約1週間をかけて

「星空に親しむ週間」として全国的に星を眺めるイベントが

開催されます。

1995年に星の美しさを広く知って欲しいとの想いで、

有志の方々が始められたキャンペーンです。

各地でキャンペーンに参加しているイベントをまとめました。

このページの項目はこちら

🌟カナコー天文台 – スター・ウィーク星空観望会

🌟浜松市天文台 – スターウィーク観望会

🌟うすだスタードーム – スターウィーク観望会

🌟宮崎科学技術館 – スターフェスティバル2017 「宇宙から見た地球、そして未知への探査」

🌟国立科学博物館 – 夜の天体観望公開

🌟三木山人と馬のふれあいの森協会 – 星空宅配便 スターウィーク企画

🌟星のソムリエ®@西宮 – 2017夏「星空案内in西宮ガーデンズ」

🌟秋田大学教育文化学部天文台 – 秋田大学教育文化学部天台       スター・ウィーク特別イベント

🌟小樽市総合博物館・本館 – 望遠鏡を作って夜空を観察しよう



カナコー天文台 – スター・ウィーク星空観望会

開催日時
 2017.08.01 〜 2017.08.07
18:00~23:00(雨や全天曇り空の場合は中止となります。)
どなたでも自由に参加出来ます。
所在地 252-0328
神奈川県相模原市南区麻溝台5-18-1 第2カナコービル屋上
tel TEL 042-746-1221  FAX 042-746-1229
アクセス 小田急相模原または相模大野駅より、神奈中バスで北里大学病院(麻溝台経由)行き、水道路バス停より徒歩1分
料金 無料(駐車場が少ないので、なるべく公共交通機関をご利用ください。)
備考 どなたでも無料で利用できますが、常駐の係員はおりませんので事前に利用したい日時を3~4日前迄に、電話かEメールにて予約してください。

🌟その他、カナコー天文台では

「ペルセウス流星群観望会」も予定しています。

開催日は2017.08.12  19:00~23:00  です。
興味のある方はこちらもどうぞ。

浜松市天文台 – スターウィーク観望会

開催日時 2017年8月1日(火)・2日(水)・3日(木)・4日(金)・6日(日)19:00~20:50
開催場所 浜松市天文台屋上〒430-0836 浜松市南区福島町242-1
tel 053-425-9158
アクセス JR浜松駅より遠鉄バス遠州浜線で「福島」バス停下車、徒歩約2分
 料金 参加無料

浜松市天文台は南区にある公開天文台です。20cmの大型屈折望遠鏡があり、毎週土曜日の夜、観望会を開いています。

うすだスタードーム – スターウィーク観望会

開催日時 8月1日(水)~5日(日) (6日、7日は休館) 毎夜19:30~21:00
開催場所 うすだスタードーム

〒384-0301 長野県佐久市臼田3113-1

tel TEL 0267-82-0200 FAX 0267-82-0210
アクセス 北陸新幹線佐久平駅から小海線臼田駅下車、車で約15分
料金 一般…500円、小中学生…250円 (入館料)
内容 夏の星のお話、大型望遠鏡その他による夏の天体観望

宮崎科学技術館 – スターフェスティバル2017 「宇宙から見た地球、そして未知への探査」

開催日時 平成29年8月2日(水)~8月31日(木) 9:00~16:30

※期間中の休館日は7日、21日、28日です。

 開催場所 宮崎科学技術館 1階 多目的ホール(無料ゾーン)

※一部のイベントは有料となります。

〒880-0879 宮崎県宮崎市宮崎駅東1丁目2番地2

 tel TEL:0985-23-2700  FAX:0985-23-0791
 アクセス
  • JRの場合『宮崎駅』下車後、徒歩2分
  • バスの場合『宮崎駅』バス停下車後、徒歩2分
  • 宮崎空港からJR宮崎駅まで
    ・バスで約25分・電車で約16分
  • 宮崎ICから・車で約20分
 内容 「見て、聞いて、作って、宇宙を感じてみよう!」
今年度は「宇宙から見た地球、そして未知への探査」をテーマに天体写真の展示やパネルなどを展示します。
※会場内には遊べる展示もたくさんあります!

イベント情報、プラネタリウム、講座・教室、ご利用案内、館内マップ、各種ダウンロードなど

国立科学博物館 – 夜の天体観望公開

開催日時 2017年8月4日

19時30分頃から約2時間(晴天時)

(入場時間:19時30分~20時15分)

開催場所 国立科学博物館 日本館 屋上
tel
03-3822-0111
料金 夜間入館料(一般・大学生310円、高校生以下および65歳以上は無料)が必要です
定員 100名
内容 観望できる主な天体(月、土星、二重星、星団、星雲)を

観望します

申込方法 2015年4月より科博WEBサイトからの事前申込制となっています

http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?date=20170804

 備考 1ヶ月前から前日まで受付を行います。申し込みが100名に達し次第、受付は終了となります ・天候等により中止になる場合もございます。開催の最終決定は開始30分前以降に行います。中止の場合は、ご登録いただいたメールアドレスにメールが送られますので、開催直前でも確認が可能なメールアドレスをご登録いただくことをお勧めいたします。なお、天候により来館いただいてから中止となることもありますのであらかじめご了承ください ・望遠鏡は、入場された方から順にご覧いただきます。混雑している場合は入場後もしばらくお待ちいただくことがありますので、あらかじめご了承ください

https://paonavi.com/p/国立科学博物館

三木山人と馬のふれあいの森協会 – 星空宅配便 スターウィーク企画

開催日時 2017年8月5日(土)午後7時~午後9時 受付は午後6時30分から
開催場所 三木ホースランド エオの森研修センター

〒673-0435 兵庫県三木市別所町高木三木ホースランドパーク

tel フリーダイヤル 0120-816-892
FAX:0794-83-8081
定員 60名(小学生以下は、保護者同伴でお願いします。)
参加費 無料
申込受付 午前9時から

電話または下記のURLから申込用紙をダウンロードしてFAXか持参してください。

 備考  ⚫️筆記用具、懐中電灯、双眼鏡(あれば持参してください)

⚫️送迎は、各ご家庭で責任を持って行ってください

申込用紙はこちら

http://www.miki-hlp.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/02/file_201706_001.pdf

星のソムリエ®@西宮 – 2017夏「星空案内in西宮ガーデンズ」

開催日時 2017年8月5日(土)時間は各コナーによります
開催場所 阪急西宮ガーデンズ(西宮北口駅すぐ) 4F

〒663-8204 兵庫県西宮市高松町14番2号

内容 スカイガーデン (4F屋外)

19:15~20:45 無料申込不要(悪天候中止)

望遠鏡で見る星(予定) 月(月齢13.1) 木星 土星 夏の星座の星

木の葉のステージ (4F屋外)

19:30~20:15 無料申込不要(悪天候中止)
うららんの星空&写真講座

ガーデンズホール (4F) 15:00~18:20 無料 要整理券
プラネタリウム投影会 (30分間隔で7回投影)
14:00からガーデンズホールロビー前にて、全ての回の整理券を先着順にて配布。(各回定員20人。1人につき1枚。)

秋田大学教育文化学部天文台 – 秋田大学教育文化学部天文台      スター・ウィーク特別イベント

開催日時 2017年8月5日(土) 16時30分〜20時
開催場所 秋田大学教育文化学部3号館3階3-342講義室ほか
tel 秋田大学教育文化学部天文台 018-889-2655
定員 定員100名(夜間観察会は30名)対象は一般市民。事前申し込み不要。直接会場へ。
料金 夜間観察会は保険料1人50円
内容 🌟企画1:「月食モビールを作ろう 月食のしくみの学習と工 作」※天文学振興財団の支援により実施
🌟企画2:「天文サイエンスカフェ」「日食のたのしみかた・月食のたのしみかた」青木和夫さん(星空案内人)ほか
🌟企画3:「天文講演会 APRIM2017 in 台湾 」成田堅悦 先生(秋田大学教育文化学部総括技術長)
🌟企画4:「市民のための夜間天体観察会 月・木星・土星、M13球状星団の観察」

小樽市総合博物館・本館 – 望遠鏡を作って夜空を観察しよう

開催日時 2017年8月6日(日)1回目:午後1時から3時まで、

2回目:午後5時30分から8時30分まで

開催場所 小樽市総合博物館 本館・実験室及びバルコニー         〒047-0041小樽市手宮1丁目3番6号
tel TEL 0134-33-2523  FAX 0134-33-2678
定員 各回15人(先着順)
対象 小中学生(1回目:小学3年生以下は保護者同伴、        2回目:小学生は保護者同伴)
料金 入館料と材料費1,000円(当日徴収する)
申込 総合博物館本館まで(7月1日から受付)
備考 1回目に参加の方も午後7時30分から8時30分までの天体観察(小学生は保護者同伴)に参加できます。

まとめ

全国的にイベントが行われている「スターウィーク」です。

各地の開催時間などを表記する形でまとめました。

活用していただきたいです。

また、イベントに行けない方にも掲示板の「今、星を見ています」での

参加が可能です。

ぜひ書き込んでみてください。

その他の8月5日のイベントはこちら

星ヨル部では定期的に観測会、観望会、観測会を開催している天文台を紹介していきます。関崎海星館、県立ぐんま天文台、藤沢市湘南台文化センターこども館(宇宙劇場)、とよた科学体験館(豊田産業文化センター内)、半田空の科学館の5箇所です。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。