星座和名

スポンサーリンク
星コラム

星座の和名を知ろう「春の星座ーおおぐま座」

日本では、「おおぐま座」というよりも、「北斗七星」の方が認知度が高いように思います。やはりその奇跡的な形に並んだ、2等星を多く含む柄杓型が、印象的で、誰かに聞かれても、説明がしやすく、目印にはもってこいだからでしょうか。
星コラム

星座の和名を知ろう「秋の星座ーカシオペヤ座」

カシオペヤ座の和名を紹介しました。2等星と3等星で構成されていますが、その単純な形から、古くから日本でも独自で呼んでいた名前がある「カシオペヤ座」です。今でもアルファベットの「W」や、見る時期によっては逆向きの「M」として、探すキーワードにもなっています。
冬の星座

星座の和名を知ろう「冬の星座ーおうし座」

おうし座の和名を紹介しました。すばるは「昴」という漢名のままかと思いましたが、色々流れがあるようです。「六連星」というのがシンプルに、和名に近いんですね。
冬の星座

星座の和名を知ろう「冬の星座ーおおいぬ座」

おおいぬ座の和名を紹介しました。「おおいぬ座」の目印のように使われますが、和名は古くから日本で親しまれた呼び名が多いシリウスは、全天で一番明るい1等星なのです。全天88星座あり、そのうちの1等星は21個あります。そんな中で、一番明るいのです。
冬の星座

星座和名を知る「冬の星座ーオリオン座」

オリオン座の和名を紹介しました。夜空を見るたびに「オリオン座」だとわかる姿をしています。そんなオリオン座には日本でも古くから親しまれていた星座の一つで、和名が各地に残っています。
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました