星空観測「双眼鏡を使ってみよう」

🌟「天体望遠鏡が欲しい!」とすぐ購入される

こともありだと思いますが、

まずは「双眼鏡で手軽に天体観測」楽しんでみる

というのは如何ですか?

🌟はじめから天体望遠鏡を使うのではなかなか使い方が

難しいです。

私も実は中学生の頃に天体望遠鏡を持ってました。

それは、何かのポイントでくれる商品だったので、

初心者用で、簡単なレンズが2個ほど付いていただけです。

一生懸命、取説を片手に南向きの窓から夜な夜な

夜空を見てました。



双眼鏡のメリット

今の様にインターネットで検索して困ったことを解決できる

ことはなく、かなり苦労したのを覚えています。

🌟そこで、「これから天体観測をしてみよう」

「天体観測をしてみたい」と思われた方に、入り口の一つとして、

双眼鏡を試してみるのはいかがでしょうか?

🌟大きな違いは、両目でみられることです。

片目で見る望遠鏡よりも、天体を「立体的に」

捉えることができます。

🌟また、もともと地上の景色を見る様に作られているので、

一般的な天体望遠鏡の様に像が、倒立しません。

🌟そして、なにより視野が広いので、

彗星や、アンドロメダ大銀河なども全体像を一度に見ることが

できます。

持ち運びにも手軽さがあります。

双眼鏡のデメリット

🌟倍率の限界の差で天体望遠鏡の方がより遠くまで

見ることができます。

その点では、及びませんね。

双眼鏡で何が見えるの?

🌟星団や星雲は広がっていることが多く、なるべく、倍率の低い双眼鏡が

最適です。

🌟星団と呼ばれる星の集まりや、宇宙を漂うガス雲である星雲は、

天の川に多く点在しています。

比較的探しやすいので是非見てみてください。

双眼鏡の選び方

🌟倍率は低いものを。

倍率が低いと、広がって見えるので、星団や星雲を見るには、

倍率よりも、見易さや、明るさで選びます。

🌟倍率は10倍以内がおすすめです

双眼鏡には7✖️50や8✖️40などの数字が書かれています。

前の数字が、倍率です、後ろの数字が口径(ミリ)を表しています。

🌟口径はレンズの大きさですので、数字が大きい方が明るく見えます。

レンズが大き過ぎると携行性に欠けます。

🌟ズーム式は解像力・コントラスト共に良くありません。

避けた方が良いでしょう。

🌟双眼鏡を少し離してみると、目を当てる接眼レンズの部分に、

白く丸い光が見えます。

これを射出瞳といいます。

人間の目は暗いところでは瞳孔が約7ミリ開きます。

射出瞳が7ミリより小さいと天体は暗く見え、大きくても光が、

無駄になってしまいます。

ということは射出瞳が瞳孔の7ミリと同じものが天体をみることに

適している双眼鏡と、いえます。

🌟射出瞳は口径を倍率で割ります。

その値が低いものは見えにくいのでお勧めできません。

まとめ

🌟双眼鏡の上手な選び方

①、あまり大きすぎると重くなって携帯性に欠けます。

②、倍率は10倍以内ののもが良いでしょう。

③、ズーム式は避けましょう。

④、射出瞳(口径➗倍率)の値が低いものは見えにくいので、

避けましょう。

8✖︎42程度が初心者にオススメです。

あとはお財布と相談ですね。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ニコン(Nikon) 双眼鏡 ACULON(アキュロン) A211 8×42
価格:13719円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ニコン 7倍双眼鏡 WX 7×50 IF
価格:616820円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ニコン 10倍双眼鏡 WX 10×50 IF
価格:645742円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)


🌟ニコンWXシリーズはかなり憧れます、高額なので手が出ませんが、

今月の「星ナビ2017年8月号」に双眼鏡の記事が載っています。

参考にごらんください。

月刊天文雑誌「星ナビ」のバックナンバー一覧ページです。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。