星のコトワリ一覧

スポンサーリンク

星座の神話「かんむり座」

「かんむり座」の歴史は古く、紀元前3200年ごろにはすでに、誕生していました。小さな星の集まりですが、美しい半円形をしており、中央あたりには宝石のをはめ込んだような、2等星が輝いています。 星座の見頃が6月なので、ジューンブライドの演出にいかがでしょうか。

星座の神話「りゅう座」

「りゅう座」は北側の空に一年を通してほぼ見ることのできる星座です。頭部が「こと座」のベガから北側にあり、「北斗七星」に沿うように尻尾が伸びています。「りゅう座」は怪物ですが星座になっています、その辺りが神話の面白いところですね。

星座の神話「てんびん座」

「てんびん座」の神話を紹介しました。正確には、天秤を持っていた女神の神話ですね。この天秤を持っていた女神が「おとめ座」の女神という説もあり、他の星座と神話が共通することもあって、面白いところですね。

星座の神話「ヘラクレス座」

死後、ヘラクラスは、神々の仲間に加えられることになります。これは、神々の息子達の中ではヘラクレスだけでした。のちに、女神ヘラとも和解し、そのくほどに美しい青春の女神へーべを妻として、オリンポスで平和に暮らしました。

星座の神話「ケンタウルス座」

「ケンタウルス座」の神話を紹介しました。半人半馬の「ケンタウルス族」がどうして星座として夜空を彩るようになったのか。古代メソポタミアから星座として認識されていて、南半球と北半球とまたがっているところに位置しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



Translate »