2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星ヨル部「定例観望会のある天文台❷」

シェアする

🌟定期的に観望会を企画して、参加可能な天文台をまとめました。

天文台には家庭用より大きな望遠鏡があります。

それを使って、土星や星団、星雲なども観測して欲しいです。

お近くの天文台はありますか?

このページの項目はこちら

🌟まんのう天文台

🌟富山市科学博物館付属 富山市天文台

🌟石垣島天文台

🌟月光天文台

🌟明石市立天文科学館

まんのう天文台

まんのう天文台
〒766-0202
香川県仲多度郡まんのう町
中通り1156番地242
TEL&FAX
0877-89-0619(金〜日)

天体観望会
🌟まんのう天文台は標高1000mを超える大川山山頂に位置していて、定期的に天体観測会を行っています。

🌟4階部分にある天体観測ドームには30cm反射式望遠鏡や屈折式望遠鏡を備えています。

🌟施設見学は金、土、日です。

時間 昼間の観望会:13時〜14時

夜の観望会:19時〜22時(特に明記のない時)

備考 小学生以下は保護者同伴できてください。

🌟予約締切がありますので気をつけてください。

富山市科学博物館付属 富山市天文台

富山市科学博物館付属
富山市天文台
〒930-0155
富山市三熊49-4
TEL 076-434-9098
FAX 076-434-9228

  星空観察会
 日時  主に土、日曜日に開催しています。 19時30分〜21時30分

入館は21時までにお願いします。

場所 富山科学博物館前の城南公園
 参加費  無料
 備考  🌟1m反射望遠鏡などを使って、見どころの天体や話題の天文現象を観察します。

🌟雨天曇天の場合でも、そも時々の星空についてお話しいたします。

🌟テーマ以外でも様々な天体をご覧んいただけます。

石垣島天文台

石垣島天文台
〒907-0024 
沖縄県石垣市新川1024-1
TEL 0980-88-0013

  天体観測会
 内容 🌟 天体観望会は、土日祝日の夜に1晩2回開催しています。

🌟九州沖縄地方で最大の口径105cmむりかぶし望遠鏡による月・惑星・恒星などの天体を観望できます。

 開催曜日  土曜日、日曜日、祝日
 時間  1回目:20時〜20時30分・2回目:21時〜21時30分
 定員  30名
 備考  🌟参加は無料です、予約が必要です。

🌟曇りや雨の場合はこれまで撮影した天体画像・映像による解説になります。

月光天文台

月光天文台
〒419-0101
静岡県田方郡函南町桑原
1308-222
TEL.055-979-1428
FAX.055-978-7601

 観望会
🌟定例観望会と特別観望会を月に1~2回開催してます。

🌟定例観望会には20cm屈折望遠鏡使用予定

定例観望会(予約制)  4月6日(土) 19:00~ 二重星アルギエバ(しし座)
 5月4日(土) 19:30~ 二重星コルカロリ(りょうけん座)
 6月22日(土) 20:00~ 球状星団M5(へび座)
 7月7日(日) 18:00~ 親子で星を観る七夕の夕べ
 8月24日(土) 19:30~ 土星
 9月28日(土) 19:00~ 土星
参加費:大人500円/小人(小・中学生)300円
申込:HPから、またはお電話でTEL055-979-1428

特別観望会(申込不要です。)

4月13日(土)  19:30~20:30 「上弦の月を観望」
 5月3日(金)、5日(日)  19:30~20:30 「春の宵の星空を観望」
  6月23日(日)、29日(土)、30日(日)20:00~21:00 「明るい木星の観望」
7月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)20:00~21:00 「不思議な環の土星の観望」
8月2日(金)、3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)20:00~21:00 「夏の星空を望遠鏡で観望」
  8月7日(水)19:00~20:00 「上弦前の月を観望」
  9月13日(金)19:00~21:00 「中秋の名月をみんなで観望」
  9月21日(土) 、22日(日)19:00~20:00 「秋の星空を望遠鏡で観望
 参加費:大人300円/小人200円

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館
〒673-0877 
兵庫県明石市人丸町2-6
電話/078-919-5000

 特別天体観望会
🌟16階の天体観測室には、口径40cmの天体望遠鏡が設置されていて、担当者オススメの天体をじっくりと観望します。
開催日 観望対象 申込締切(必着)
2019年5月26日(日) コルカロリ(りょうけん座の二重星)、M44(かに座の散開星団)、M13(ヘルクレス座の球状星団) 5月10日(金)
 2019年9月29日(日)  土星、天王星、海王星、M15(ペガスス座の球状星団)、アンドロメダ銀河など 9月8日(日)
 2020年2月23日(日)  シリウス、オリオン大星雲、プレアデス星団、かに座イオタ(二重星)など 2月2日(日)
参加費  500円(小学生以上)
 定員  20名(応募多数の場合は抽選です)
 開催時間
4月~8月  当日受付時間  18:30~19:00
 観望会時間  19:00~21:00頃
9月~3月 当日受付時間  18:00~18:30
観望会時間 18:30~20:30頃
 申込方法
実施日の3週間前までに往復はがきにより、お申し込みください。1枚のはがきにつき1回の特別天体観望会、最大4名まで申し込むことができます。
☆3週間前に必着です。
☆往復はがきの裏面には、
(1)特別天体観望会の日程、(2)代表者名、 (3)参加人数(大人(小学生以上)と小学生未満の内訳)、 (4)当日連絡が取れる電話番号、 (5)駐車場の利用の有無、を明記してください。
☆返信はがきの宛名欄には、代表者の(1)郵便番号、 (2)住所、 (3)お名前、を明記してください。
<特別天体観望会の申込先(往復はがき郵送先)>
〒673-0877 明石市人丸町2-6
明石市立天文科学館「特別天体観望会」係
備考

※雨天等により中止となる場合は、当日午後2時の段階で判断をし、ホームページ等でお知らせするとともに、参加者へ電話等により連絡をします。
天体観望会
観望対象となる天体が決まっています。プラネタリウムドーム内で観望する天体について解説を行ったあと、4階日時計広場(小型望遠鏡)や16階の観測室(40cm反射望遠鏡)で観望対象天体を一人ずつ順番に見ていただきます。(順番待ちの間、小型望遠鏡では、他の天体を観望していただくこともできます。また、天候の状況により観望対象が変わることがありますので、あらかじめご了承ください。 )
 2019年4月13日(土)  カストル、月、北斗七星  3月13日(木)〜
5月11日(土)  月、コルカロリ(りょうけん座の二重星) 4月11日(木)〜
7月27日(土) 土星、木星、アルビレオ(はくちょう座の二重星) 6月27日(木)〜
8月3日(土) 7月3日(木)〜
8月24日(土) 7月24日(木)〜
9月28日(土)  M15(ペガスス座の球状星団)、土星 8月28日(木)〜
10月19日(土)  海王星、アンドロメダ銀河 9月19日(木)〜
11月16日(土)  天王星、アルマク(アンドロメダ座の二重星) 10月16日(木)〜
12月7日(土) 月、プレアデス星団(スバル) 11月7日(木)〜
2020年1月25日(土)  オリオン大星雲、おおいぬ座145番星(二重星) 12月25日(木)〜
2月15日(土)  オリオン大星雲、M44(かに座の散開星団) 1月18日(土)〜
3月14日(土) オリオン大星雲、金星 2月14日(金)〜
参加費 300円(小学生以上)
定員  100名(先着順)
開催時間
4月~8月  当日受付時間  18:30~19:00
 観望会時間  19:00~21:00頃
9月~3月 当日受付時間  18:00~18:30
観望会時間 18:30~20:30頃
申込方法
実施日の1ヶ月前から前日17:00までの期間、または定員まで、参加申込みを受け付けます。電話もしくはホームページよりお申し込みください。

☆申し込みの際に、
(1)代表者名、
(2)参加人数(大人(小学生以上)と小学生未満の内訳)
(3)当日連絡が取れる電話番号、
(4)駐車場の利用の有無、
(5)「星の友の会員」かどうか、
を確認させていただきます。
☆申込後にキャンセルや参加人数等に変更がある場合は、当館に電話でご連絡ください。

 備考
※雨天等により中止となる場合は、当日午後2時の段階で判断をし、ホームページ等でお知らせするとともに、参加者へ電話・メールなどにより連絡をします。

日本標準時子午線上に建つ「時と宇宙」をテーマにした博物館。

まとめ

定期的に観望会を予定している天文台を紹介しました。

それぞれの天文大が今年注目の天体を観測対象としています、

ぜひ参加してみてください。

良い観望でありますように。。。

星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »