スポンサーリンク
夏の星座

星座の神話「はくちょう座」

「はくちょう座」の神話を紹介しました。「はくちょう座」の起源は紀元前1200年頃の古代フェニキア人やアラビア人、紀元前300年頃のギリシャなどで空を駆け抜ける巨大な鳥としてこの星座を見ていました。
神話

星座の神話「ペルセウス座」

「ペルセウス座」の神話を紹介しました。ペルセウス座流星群が有名ですが、神話はあまり知られていないので、機会があれば読んでください。
星コラム

流星群を見てみよう「はくちょう座流星群」

「はくちょう座流星群」というとあまり馴染みがありません。それは多分、時期のせいだと考えられます。毎年8月10日〜31日の出現期間で、極大日が8月19日〜20日です。
星コラム

流星群を見てみよう「ペルセウス座流星群」

ペルセウス座流星群の紹介をしました。とても人気のある流星群です、数もたくさん見込まれますし、期間がお盆休みで、比較的見やすい人は多いので、注目されています。あとは天気の問題ですね。
星のコトワリ

夏の夜空を見てみよう「8月に部分月食」

2017年8月8日の早朝に南西の空、少し低い位置ですが、 日本で部分月食がみられます。 この月食は、部分的にかける、「部分月食」と呼ばれる天文現象で、 今回の「部分月食」は最大で直径の4分の1程度が...
星のコトワリ

季節の夜空を見てみよう「最も小さい満月(ストロベリームーン)」

今年の6月9日の月は最も小さい満月となります。 最も大きい満月(今年は12月4日です)と比べて 14パーセントも見た目が違います。 そのため明るさも30パーセントほど「減」となります。 登り始めの時に...
星のコトワリ

季節の夜空を見てみよう「月と木星、月と土星」

6月に入ってすぐに、日の入り後の南〜南西の空で、 月齢7〜9ほどの、やや丸みを帯びてきた月と、 木星がひときわ美しい輝きを放っています。 木星は現在「おとめ座」におり1等星のスピカとの共演も 先日お伝...
星のコトワリ

季節の夜空を見てみよう「おとめ座とランデブーの木星」

3月の中旬ごろから東の空へおとめ座がその姿を現します。 おとめ座の1等星スピカの少し先を行く輝く星、 それが木星です。 8月中旬ごろまでゆっくり毎夜西へと移動しながら、 寄り添うように美しいく輝いて見えます。...
春の星座

星座の神話「おとめ座」

「おとめ座」の神話の紹介をしました。「おとめ座」の「乙女」には諸説あり、晩春から初夏にかけて、南の空を上昇してきます。黄道の6番目の星座で、「しし座」と「てんびん座」の間に位置しています。
春の星座

星座の神話「かに座」

「かに座」の神話を紹介しました。占星術でも12星座の一つとして用いられ、黄道の4番目の星座としてバビロニア王国時代の粘土板にすでにその姿が刻まれています。ですが、神話の世界では悪に手先でした。
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました