2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




流星群を見てみよう「ペルセウス座流星群」

シェアする

流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群

天文、宇宙好き以外でも期待される、天体ショーが流星群です。

年間を通して、色々な流星群が楽しめます。

ペルセウス座流星群

毎年8月12日ごろピークを迎える「ペルセウス座流星群」

8月12日の夜半から13日の明け方ごろまで楽しめます。

流星群の場合、名前の付いている星座は、放射点を示しているだけですから、

流星自体は空全体で観測できます。

なるべく月、街灯などの光が視界に入りにくい場所を、選んでみることを、お勧め

します。光が目に入らなければ意外と流星は見られます。

時間帯は夜半過ぎの方が放射点の高度出てきますので

その方が流星の出現もたくさん観測できます。

私の場合は南向きにベランダがあるので、そちらで観測します。

南向きは意外と長い線を描く流星が観測できるので

とても綺麗ですよ。

ただ、角度が付きすぎて首が痛くなるので、

できれば、寝転がれるような場所であれば理想ですね。

出現期間

(C)国立天文台

出現期間:8月7日〜8月15日
  極大日:8月12日〜13日

流星の数:多い

母星:スウフト・タットル彗星

 🌟「しぶんぎ流星群」と「ふたご座流星群」と並んで、3大流星群の一つです。

🌟条件が良ければ、1時間に40個以上流星を見ることができます。

ペルセウス座流星群の放射点ある「ペルセウス座」の見つけ方を紹介しました。「W」の形のカシオペア座を頼りに探すのが一番早い探し方でしょう。流星群を見る時の参考にしていただければと思います。

特徴

さて、この「ペルセウス流星群」ですが、

夏休みのしかもお盆あたりの出現ですし、なにかと観測に良いところへ出かけたり、

夜更かしできるなど、あとは天候などの観測条件さえ良ければ、

たくさんの方々によく見られてる機会が増えていて、しかもたくさんの流星が見られる点も、

馴染みのある流星群の一つではないでしょうか。。。

通年、条件が良ければ最大で40個以上の観測が見込まれています。

夏というのも観測条件にはとてもプラスにはたらきます。

冬は防寒に力を入れなくては風邪をひいてしまいますが、

夏は涼みがてらちょうど良い気候ではないでしょうか。

夏は「ペルセウス座流星群」

冬には同じように毎年確実にたくさんの流星を観測できる

「しぶんぎ座流星群」や「ふたご座流星群」は「3大流星群」として

お聞き及びがあるかもしれませんね。

極大日の12日から13日が天候が悪い時でも、まだ諦めてはいけません。

それ以外、例えば、

13日から14日でもピークは過ぎてはいるものの流星を観測できるので、

もし天候上、見られないことになっても、次の日の天気をチェックして

晴れなら再チャレンジしては如何でしょう。

それか早めのお盆休みを取られる方でも8月7日ごろから活動が

始まっています。

ただ極大日以外は時間がかかると予想されます。

長時間観測するつもりでお出かけの予定を立ててください。

時間をかければかけるほど見える数も増えます。

当たり前のようですが、

自然現象なので、のんびりゆったりとした時間をお過ごし下さい。

流星とは何か。。。

宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度

のチリの粒が地球の大気に飛び込んで

大気と激しく衝突します。

その速さは秒速10〜72キロメートルで

地球に突入してきます。

地球も秒速30キロメートルで動いているので、

正面から突入したものは 速くなり、

後ろから突入したものは 遅くなります。

その時、高温になってチリが気化する一方で、

大気や気化したチリの成分が光を放つ現象を言います。

そのチリはどこから来るのか、

主に彗星が運んできます。

というのも、彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、

チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に

密集することになるのです。

彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、

地球がその位置に差し掛かると、

チリの粒がまとめて地球の大気中に飛び込んできます。

この時に たくさんの流星が見られる現象を「流星群」と呼んでいます。

地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっています、

だから毎年特定の時期に特定の「流星群」が出現するわけです。

まとめ

ペルセウス座流星群の紹介をしました。

とても人気のある流星群です、数もたくさん見込まれますし、期間がお盆休みで、

比較的見やすい人は多いので、注目されています。

あとは天気の問題ですね。

良い観望でありますように。。。

参考文献・サイト一覧はこちら

  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »