スポンサーリンク




星コラム「金とダイヤは星が作る?」

金とダイヤモンドの成分は何かご存知ですか?

どちらも炭素が主成分です・

🌟炭素そのものは、星の中で、核融合反応に合成されたものです。

そうしてできた、炭素は、星が死んだ後に、塵ややガスとして、

宇宙に放出されて、地球ができる頃に近くを漂っていたものが、

取り込まれたというわけです。

取り込まれたもの全てが金やダイヤに?

🌟取り込まれた炭素は、一部は我々のような生物の形になりました。

生命のような複雑な分子になった炭素は、

ある条件のもとで、化石になりました。

やがて、地下で石油となったのです。

🌟ダイヤになる炭素は、地球深部に取り込まれたままでした。

それらが、地下100キロの深さで圧縮されて固まったものです。

そのため、地球の地下には、たくさんのダイヤモンドが眠っています。

🌟しかし、地下を100キロ掘るのはとても大変なことなので、

地下のマグマと共に、地上に押し上げられてきたダイヤモンドを、

冷えて固まった火成岩の中から取り出すことしかできません。

🌟ダイヤモンドは、炭と同じ炭素からできています、熱に弱く、

高温で炙るとたちまち燃えてしまします。

では、金はどうでしょうか。

🌟金はダイヤモンドと違って、星の中では合成することはできません。

核融合で作り出せるのは鉄まで、なのです。

🌟金を含めて、それよりも重い貴金属などの原子は、

太陽よりも重い星が死ぬ時に起こした大爆発、超新星爆発の時にしか

作られません。

金同様に、プラチナや銀などは、超新星爆発でできたものです。

🌟この爆発で、広がったガスや塵の中に含まれていた金が、

やはり、地球ができる時に近くを漂っていたのもが取り込まれて、

混ざったというわけです。

🌟大爆発でできただけのことはあって、金はとても変質しにくく、

強い物質です。

🌟薄い膜にしても、変質することがないので、金箔として重宝されていますね。

さらに、化学変化も起こしにくいので、

例えば、高熱を加えて蒸発させても、冷ませばまた金に戻ります。

そのため、古くから、通過としての価値として多用されていたのです。

もともと、水素やヘリウムしかなかった宇宙に、星が生まれて、

死んでゆくことで、実にいろいろな物質ができていったわけです。

我々の体も、貴重とされる鉱物や金も、星が作ったものなのですね。

こぼれ話ですが、

🌟地球にある金は、どのくらいあるのかよく議論になりますが、

🌟地中だけでなく、実は海の水にも金が、含まれているのを

ご存知でしょうか?

薄い濃度ではあるものの、地球の海水量から算出すると、

約50億トンにも相当する量が含まれています。

しかし、残念ながら、海水から金を精製する技術がまだありません。

日本の技術ならなんとかなりそうな気もするのですが、

今はできないそうです。

まとめ

🌟炭素が主成分の「金」と「ダイヤモンド」。

星の中で、核融合反応に合成されたものが「ダイヤモンド」です。

🌟「金」は、太陽よりも重い星が死ぬ時に起こした大爆発、

超新星爆発の時にしか作られません。

🌟成り立ちは違いますが、それぞれ星が作った問いっても

いいのではないでしょうか。。。

参考文献・参考サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。