松山選手世界ランク2位へ

日本時間2017年6月19日の早朝に全米オープンが閉幕しました。

優勝はアメリカのブルックス・ケプカ選手でした。

スコアは−16でフィニッシュしましたが、4日間安定した強さで

上位をキープしたまま、3日目までの上位混戦する中での、

最終日は強風の影響で軒並み順位を下げる選手をしりめに

6バーディ、1ボギー、の67で回る安定感を見せてくれました。

彼はメジャー初優勝でした。

松山選手もこれで勝てたら初優勝でしたよ。。。

そう、我らが松山選手!!

最終日の風の中というコンデションの中で猛追をしたのですが

4打差を付けられて惜しくも2位。

それでも今回は出足が遅れていて1日目は82位からのスタート、

2日目が一気に8位まで7つのバーディで猛チャージも魅せてくれました。

次の日も期待したかは多かったはずですが、

なにいう私も期待しまくってました。

残念ながら3日目は14位と下がってしまいました。

この時、「首位と5打差というのに上位に何人いるんだ?」

という状況でした。

これでは2日目の猛チャージが台無し。。。と思う一方で

また同じエンジンがかかればなんとかなる?

と淡い期待を含めつつ、

最終日を迎えます。

皆さんも結果はご存知の通り彼はやってくれました。

2日目も猛チャージが帰ってきました!

なんと8バーディですよ、ボギーを2打しゃいましたが

トータル6アンダーです。

素晴らしい成績で2位になりました。

朝日放送で中継をご覧になってた方は、

解説の方々と同じように夢を見たと思います。

トータル12アンダーでフィニュッシィをした時点で、

1位とは1打差だったんです。

ケプカ選手がまだ5ホールほど残っていたにもかかわらず

皆さん声に歓喜が溢れていて、とても気持ちはわかります。

そうなればいいなーと日本中の人が思っていました。

。。。日本中は言い過ぎですか?

応援していた人たちは、です。

ケプカ選手が崩れないかなー。。とちょっと思ってしまいましたが、

ケプカ選手はさらに3連続バーディとさらに伸ばしてきました。

すごいですねーパット!

素人の目にもすごいなーと思いました。

結果は2位タイでしたが、

日本人最高位に並んでの記録です。

現地に青木功選手も解説しゃとしていらっしゃったのですが、

日本人最高位の2位の記録は青木功選手だそうです。

単独2位ということでした。

この朝日放送の中継で青木功選手のお声がとてもお優しくて、

朝の時間で心地よくて見ていて大変気持ちよかったです。

※個人の感想です。

詳しいニュースはこちらのリンクをご利用ください。

松山英樹の「66」最終日18ホールの詳細

まとめ

今回の結果により松山選手は世界ランク2位へ浮上しました。

おめでとうございます。

詳しいニュースはこちらのリンクをご利用ください。

松山英樹が世界ランク2位に浮上

↓ゴルフ雑誌の立ち読みに最適です。




↑ ゴルフマンガも揃ってます。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。