夏の星座の見つけ方「りゅう座」

夏の星座




(C)国立天文台

 

このページは夏の星座の「りゅう座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

お探しの星座はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

 

 

「りゅう座」

 

「りゅう座」は天の北極に近いところに位置していて、特に明るい星が

あるわけではありませんが、ほぼ1年中、

その姿を見つけることができます。

 

と言っても天中の方が見やすいかと思うので、

見える時期に探してみましょう。

5月中旬の3時頃から7月中旬の21時頃までは天の上側に、

その姿を現します。

 

 

 

 

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

 

頭部が「こと座」の近くにあり、胴体と尻尾で北極星を挟むような

形とでもいいましょうか、蛇のように蛇行しています。

また、「北斗七星」と並ぶように尻尾があります。

 

このように、へびのような姿から古代フェニキアで

「へび座」と呼ばれていたのが、

ギリシャに伝わって、「りゅう座」となりました。

 

見つけ方としては、いくつかあります。

お大まかな点を探すところから言いますと、「こと座」のベガを

見つけてください。

 

夏の大三角を見つけ方」を参照してください。

 

季節の夜空を見てみよう「夏の大三角の見つけ方」
「夏の大三角」といえば「はくちょう座」のデネブと 「こと座」のベガ、「わし座」のアルタイルからなる、天の川をまたがって 美しく輝く姿を見ることができます。 天の高い位置に3個の明るい星が目を引きます...

 

 

「こと座」自体は小さな四角い星の形をしていますが、

近くに「夏の大三角」である「はくちょう座」と「わし座」

合わせて見えてくるでしょう。

 

そのベガが見つかった後は、「北極星」を探します。

まず「北斗七星」が北の空でその姿を探しやすい形が浮かび上がっています。

 

その同じ北側に小さなスプーンのような形に星が並んでいますが、

それが「こぐま座」でその尻尾が「北極星」です。

 

ここまできたらだいぶ「りゅう座」近ずいてきました。

 

①「こと座」のベガと「北極星」のあいだに位置しています。

「こと座」のベガの近くに頭部の四角い並びの星があります。

2等星のエルタニンと3等星のラスタバンが比較的明るく見えてきましたか?

③頭部の四角から「北極星」に向かって湾曲している星の並びを探す。

「北斗七星」と平行に尻尾が伸びている。

 

どうでしょうか、見つかりましたか?

 

りゅう座α星

 

「りゅう座」のα(アルファ)星にはこんな話があります。

どこにあるかというと「北極星」と「北斗七星」の持ち手部分の一番端の

星をつないだあいだに位置しています。

 

4等星でぼんやりとしか見えないと思います。

このα星「トゥバン」といい、りゅう座には他に2等星や3等星も

あるのに、なぜα星が4等星なのかというと、

かつてはこの星が「北極星」とされていたからです。

 

紀元前3000年頃、エジプトではクフ王の大ピラミッドの建設が

始まっていました。

 

ピラミッドの内部の王の棺を安置した玄室から北側に31°の傾斜を

持つトンネルが掘られました。

 

このトンネルは「トゥバン」を見るためのものであったとされています。

 

 

 

「りゅう座」ある天体

 

「りゅう座」には、特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、

そちらも合わせてご覧ください。

 

夏の星座にあるメシエ天体「りゅう座-M102-NGC5866」
りゅう座にある「M102-NGC5866」について紹介しました。所在不明としているものもありますが、NASAでは「NGC5866」と同じ画像なので、一番近い候補ということで、紹介しています。横から見た銀河で不思議な形です。

 

りゅう座に放射点がある流星群

 

りゅう座には秋にピークを迎える流星群があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

流星群を見てみよう「しぶんぎ座流星群」
しぶんぎ座流星群の紹介をしました。年明け早々なので、1つでも見られると、おめでたい感じいいですね。出現数にムラはありますが、眺めてみませんか。
流星群を見てみよう「ジャコビニ流星群(りゅう座流星群)」
ジャコビニ流星群(りゅう座流星群)の紹介をしました。「りゅう座」は1年中見えている星座なので、ピークと言われている時間帯よりも早い時間から見え始めることもあります。

 

りゅう座の神話

 

りゅう座の神話をまとめたページはこちらをご覧ください。

星座の神話「りゅう座」
「りゅう座」は北側の空に一年を通してほぼ見ることのできる星座です。頭部が「こと座」のベガから北側にあり、「北斗七星」に沿うように尻尾が伸びています。「りゅう座」は怪物ですが星座になっています、その辺りが神話の面白いところですね。

 

 

基本情報

学名 Draco(略号Dra)
中央位置 赤経:15h09m   赤緯+67°
概略範囲 東21h00m,西9h18m,北+86°,南+48°
20時南中 8月2日(高度58°)
面積 1082.95平方度(順位8)
肉眼星数 79個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:トゥバン 3.7等星

β星:ラスタバン 2.8等星

γ星:エルタニン 2.2等星

ψ星:重星 4.6~5.8等星

ε星:重星 4.1~7.1等星

NGC6543:惑星状星雲 8.8等星

りゅう座流星群:1月4日頃がピーク

ジャコビ二流星群:10月9日頃がピーク

見どころ りゅう座流星群=1月4日頃、極大日を迎える流星群です。極大時の出現数は1時間あたり、約30個です。

ジャコビ二流星群:10月8日頃。極大日を迎える流星群です。極大時の出現数は1時間あたり、約5個程度です。

 

この他の夏の星座

 

この他の夏の星座はこちらからお探しください。

 

夏の星座たち
夏の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「夏の星座」
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

夏以外の星座はこちらから探せます。

星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

 

 

まとめ

 

🌟「りゅう座」の見つけ方を紹介しました。

 

ほぼ、1 年中見られますが、見やすい時に探しと方が、

いいので、夏に探すのを勧めます。

 

参考にして探してみてください。

 

良い観望でありますように。。。。

 

 

 

 

参考文献・サイト一覧はこちら

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました