2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星ヨル部「定例観望会のある天文台❺」

シェアする

(C)国立天文台:M7 (中心部)さそり座:散開星団

🌟星ヨル部では定期的に観測会、観望会、観測会を開催している

天文台を紹介していきます。

1回で5箇所程度を目標にして、全国の天文台を少しずつでも

紹介できるようにしてゆきます。

参考になれば嬉しいです。

🌟関崎海星館

🌟県立ぐんま天文台

🌟藤沢市湘南台文化センターこども館(宇宙劇場)

🌟とよた科学体験館(豊田産業文化センター内)

🌟半田空の科学館

関崎海星館

関崎海星館
〒879-2201 
大分県大分市佐賀関4057-419
TEL:097-574-0100 
FAX:097-574-0555
定期観望会
🌟天体観測ドームは直径6.3mスリット開閉方式半球型ドームで、中に口径60cm反射望遠鏡があります。 その他、一般観察用の屈折望遠鏡や太陽観測用の屈折望遠鏡を有しています。
昼の観察 4月〜8月 10:00~16:30
9月〜3月 10:00~16:00
夜の観察 夜間開館日(金〜日曜日、8月のみ)
4月〜8月  19:30~22:00
9月  19:00~22:00
10月〜1月  18:30~22:00
2月〜3月  19:00~22:00
最終受付は21:30です。以降もご希望があれば対応しますが、観察できる天体が限られます。
 内容

2018年5月6日(日)  みずがめ座流星群観察会
5月26日(土) 木星のめだま模様を見よう
6月9日(土) ようこそ織姫さま、木星をみよう
7月21日(土) 月と木星土星をみよう
7月28日(土) 最小の月、皆既月食観察会
7月31日(火) 火星大接近観察会
8月9日(木)~11日(土)、15日(水)、16日(木) 星の宿題終了大作戦
8月12日(日)、13日(月) ペルセウス座流星群観察会
8月18日(土) 火星土星木星と月をみよう
9月24日(月) 劉秀の名月観察会
10月8日(月) りゅう座流星群観察会
10月12日(金) アンドロメダ銀河をみよう
10月21日(日) 後の名月観察会
11月17日(土)、18日(日) しし座流星群観察会
12月14日(金)、15日(土) ふたご座流星群観察会
12月16日(日) 彗星にチャレンジ!
12月28日(金) 星じまい。冬の大三角をさがそう
2019年1月6日(日) 部分日食観察会
1月27日(土) きらきら冬のダイヤモンドをつなごう
2月9日(土) 長寿と福寿の星カノープスに挑戦
3月9日(土) オリオン大星雲をみよう
 場所  2階ベランダ で流星群を観察しますが、観測室では大型望遠鏡で冬の天体をご案内しています。合わせてご利用ください。
 備考  🌟どちらの観察会も予約は不要です。 (団体は要予約)

🌟どちらの観測会も観測室利用料が必要です。

 観覧料 中学生以下無料(要保護者同伴)、高校生210円、一般420円、障害者手帳をお持ちの方は本人のみ無料

(C) NASA / JPL-Caltech /宇宙科学研究所 /土星(夜明けのアーリーライト)

県立ぐんま天文台

県立ぐんま天文台
〒377-0702
群馬県吾妻郡高山村中山6860-86
電話 0279-70-5300
FAX 0279-70-5544
定期観望会
 🌟目で直接覗くことができるものとしては世界最大クラスの150cmの大きな望遠鏡を使って、星や星雲などを見られます。その他65cm反射望遠鏡では車椅子に乗った方でも楽な姿勢で観測できる装置も付いています。また、昼間の太陽観測用望遠鏡も有しています。職員が望遠鏡の操作と天体解説を行います。
夏期(3月~10月) 冬期(11月~2月)
一般観望会(予約不要) 土曜、日曜、祝日、夏休みの一部 土曜、日曜、祝日、夏休みの一部
予約団体観望会 水曜、木曜、金曜、祝日を除く 水曜、木曜、金曜、祝日を除く
 開催時間 19:00~22:00 18:00~21:00
 備考 🌟入館受付は閉館30分前までです。駐車場から天文台まで徒歩10分~15分かかります時間に余裕を持ってご来館ください。
観覧料 大人300円、高・大学生200円、中学生以下無料

チケットは1日有効。再入館時は受付にご提示ください。

  その他の観望会(特別な天体の観望会なども開催しております。)
参加費 20:30以降に来館された場合は入館料は不要です。

ぐんま天文台は、星を見に訪れる人が日本一多い天文台です。東京(練馬IC)から車で1時間半、誰でも気軽に宇宙を楽しめます。夜は150cm望遠鏡による天体観望や屋外での星空観賞を、昼は太陽の観察やミニイベントなどを体験できます。

From Hidden Image (C)国立天文台:M107へびつかい座:球状星団

藤沢市湘南台文化センターこども館(宇宙劇場)

藤沢市湘南台文化センター
こども館(宇宙劇場)
〒252-0804 
神奈川県藤沢市湘南台1丁目8番地
TEL:0466-45-1500
FAX:0466-45-1503
天体観望会
🌟月やその時期に見頃な天体を望遠鏡でご覧いただけます。実際の空で、星座の見つけ方の解説も行います。

🌟時間内は自由参加ですので、お気軽にお越し下さい。

🌟1年間に5~6回開催しております、本年度は残りわずかですがぜひご参加ください。

内容 2018年4月28日(土) 北斗七星と春の二重星をみよう
8月4日(土)、11日(土)、18日(土) 火星大接近!特別観望会
9月24日(土) 仲良く一列!土星・火星・月を見よう
11月17日(土) 見えるかチャレンジ!アンドロメダ銀河
2019年1月26日(土) 宇宙の宝石箱すばるを見よう
3月16日(土) オリオン大星雲と赤ちゃんを見よう
開催時間 4月〜8月=19:00~20:30、9月〜3月=18:30~20:00
場所 こども館 せせらぎ広場
料金 無料・当日自由参加です、直接せせらぎ広場までお越し下さい。小学生以下は保護者同伴でお願いします。
備考 🌟雨天・曇天で星が見えない場合は中止となります。

🌟実施・中止の確認は16:00以降にこども館HPか、お電話(0466-45-1500)でご確認下さい。

こども館ではプラネタリウムだけでなく、望遠鏡を使って本物の天体を観望するイベントを開催しています。

こども館の宇宙劇場(プラネタリウム)についてのページです。最新鋭プラネタリウムシステムなど。

(C)国立天文台: M75いて座:球状星団

とよた科学体験館(豊田産業文化センター内)

とやた科学体験館
(豊田産業文化センター内)
〒471-0034
愛知県豊田市小坂本町1丁目25番地 
豊田産業文化センター内
TEL0565-37-300
街中の星見会「まちぼし」
🌟街中でも明るく見える星や月や惑星などを、分かり易く解説しながらの観望会です。親子で、カップルで、ふらっとお一人で、お仕事帰りにでも、お気軽にお越し下さい。
内容 2018年4月28日(土) 月・(金星)
5月19日(土) 月・金星・(木星)
6月23日(土) 月・木星・金星
7月21日(土) 月・木星・土星・金星
8月11日(土) 木星・土星・火星 ・(金星)・アルビレオ
9月1日(土) 土星・火星・(木星)・アルビレオ
9月22日(土) 月・土星・火星・アルビレオ
時間 3月~9月 19:00~(観望会は19:30頃〜)
10月~2月 18:00~(観望会は18:30頃〜)
定員 プラネタリウムの定員は150名(先着順)です。
料金 無料:当日直接会場へお越しください。

開始1時間前より整理券を配布します。

備考 🌟当日、プラネタリウムで20分程解説があり、その後、産業文化センター駐車場(あるいは芝生広場)にて望遠鏡での観望となります。

🌟天候不良の場合、中止する事もあります。

(C)国立天文台:M8 (広角)いて座:干潟星雲

半田空の科学館

半田空の科学館
〒475-0928
愛知県半田市桐ケ丘4丁目 桐ヶ丘4-210
TEL(0569)23-7175
半田星空観望会
🌟口径40cmのカセグレン反射望遠鏡をはじめ、5台の望遠鏡があり、月、惑星など時期によって様々な天体をご覧いただけます。

🌟科学館前駐車場に望遠鏡を並べて行う観察会イベントです。

🌟月に約2回開催しております、申し込みが必要です

内容 2018年5月19日(土) b.プレミアム星空観察会
2018年5月19日(土) b.プレミアム星空観察会
5月26日(土) a.星空観察会
6月9日(土) a.星空観察会
6月16日(土) b.プレミアム星空観察会
7月28日(土) a.星空観察会
7月31日(火) a.星空観察会「特別編火星を見よう」
8月4日(土) a.星空観察会
8月18日(土) c.夏の大観望会
9月8日(土) b.プレミアム星空観察会
9月15日(土) a.星空観察会
10月6日(土) a.星空観察会
10月13日(土) b.プレミアム星空観察会
11月10日(土) b.プレミアム星空観察会
11月17日(土) a.星空観察会
12月8日(火) a.星空観察会
12月15日(土) b.プレミアム星空観察会
時間 3月~9月 19:30~21:00
10月~2月 19:00~20:30
a 星空観察会 定員60名(要申込)

※プラネタリウムホール、天体観測所にて

大人300円、小人200円
b プレミアム会 3グループ募集(1グループ2~7名)

※プラネタリウムホール、天体観測所にて

1グループ1080円
c 大観望会 自由参加、申込不要

※科学館駐車場

参加費無料

※望遠鏡は天文指導員の私物を拝借して行います。

備考 🌟HPにイベントカレンダーがあります、参考にしてください。

https://sky-handa.com/半田空の科学館/

(C)国立天文台:M17いて座:オメガ星雲

まとめ

🌟定期的に観望会を計画している天文台を紹介しました。

これから少しづつ紹介していきます。

観望する機会が増えることを願っています。

星を身近に感じられる一助になれば幸いです。

良い観望でありますように。。。。

星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »