星コラム「1等星一覧」

(C)国立天文台

🌟一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個と

する場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。

🌟星座図は国立天文台の提供のものを切り取って使用してます。

🌟一等星の中には南半球でなければ見えないものもあります、南半球へ行かれた際に

ご確認ください。

🌟この一覧の順番は赤経の若い順に並べてます。



アケルナル

固有名:アケルナル

星座名:エリダヌス座

星名:α星 Eri

赤経:01h38.0m

赤緯:-57.12°

実視等級:0.5等

発光色:青白

距離:80光年

🌟残念ながらこの星は日本では沖縄以外見ることができません、沖縄でも地平線ぎりぎりに位置しています。

それより南へいった際には是非観望してください。

🌟星座としてはオリオン座から蛇行する川のように南へ流れてゆくのですが、全貌は見ることがなかなか難しい星座です。

🌟1等星の「アケルナル」は(川の果て)と呼ばれています。

アルデバラン

固有名:アルデバラン

星座名:おうし座

星名:α星 Tau

赤経:04h36.4m

赤緯:+16.32°

実視等級:0.9等

発光色:オレンジ

距離:60光年

🌟V字型が牡牛の顔の部分になり、そこには「ヒアデス星団」があります。

🌟アルデバランの意味は「後に続くもの」というのがありますが、それはプレアデス星団の後に昇ってくるところからつけられた名前です。日本でも「すばるのあと星」という呼び名があります。

🌟また、牡牛の目で輝くところからアメリカやイギリスでは「ブルズ・アイ」(牛の目)とも呼ばれています。

リゲル

固有名:リゲル

星座名:オリオン座

星名:β星 Ori

赤経:05h15.0m

赤緯:-08.12°

実視等級:0.2等

発光色:青白

距離:700光年

🌟冬の王者とも呼ばれる「オリオン座」の1等星は2つあります。まずは「リゲル」はオリオンの右足にあることからついた呼び名で「巨人の右足」の意味があります。

🌟太陽の60倍の大きさの青白巨星で、太陽の3万倍もの明るさを放っています。

カペラ

固有名:カペラ

星座名:ぎょしゃ座

星名:α星 Aur

赤経:05h17.3m

赤緯:+46.00°

実視等級:0.1等

発光色:黄色

距離:40光年

🌟「カペラ」の意味は(雌の子ヤギ)というのがあります、これは「ぎょしゃ座」は古くからある星座で、メソポタミアから発掘された彫刻に、山羊か羊を抱く老人の姿が描かれており、抱えた山羊の場所に「カペラ」があったためです。

ベテルギウス

固有名:ベテルギウス

星座名:オリオン座

星名:α星 Ori

赤経:05h55.6m

赤緯:+07.24°

実視等級:0.4等

発光色:赤

距離:500光年

🌟先に登場した「リゲル」と対照的な赤色巨星の「ベテルギウス」です。こちらはオリオンの腋の下に位置しているため、その意が名前になっています。

🌟ベテルギウスの直径は太陽の700倍〜1000倍もあります。また2070日周期で0.4等~1.3等まで明るさを変えています。

🌟日本では、赤いベテルギウスと青白いリゲルを源平合戦の旗に見立てて、ベテルギウスを「平家星」と呼び、リゲルを「源氏星」と呼ぶ地域があります。

カノープス

固有名:カノープス

星座名:りゅうこつ座

星名:α星 Car

赤経:06h24.1m

赤緯:-52.42°

実視等級:-0.6等

発光色:薄黄色

距離:80光年

🌟東京付近で、「カノープス」は約2°の高さで見ることができるので、見晴らしの良い場所で探してみるのがいいです。

🌟シリウスに次いで全天で2番目に明るい星です。

🌟中国では「南極老人星」と呼び、この星を見ると長生きすると言われています。

シリウス

固有名:シリウス

星座名:おおいぬ座

星名:α星 CMa

赤経:06h45.5m

赤緯:-16.44°

実視等級:-1.4等

発光色:白

距離:8.6光年

🌟全天で一番明るい「シリウス」です。その名前もギリシャ語で「セイリオス」(輝くもの)から名付けられました 。

🌟また、シリウスが太陽と重なる夏至の頃、炎暑が病や災いをもたらすとして、不吉な星とされていました。

🌟逆に、エジプトでは、シリウスが夜明け前に昇ってくる頃雨季を迎えました、そこからナイル河の氾濫を教える重要な星として崇められました。

カストル

固有名:カストル

星座名:ふたご座

星名:α星 Gem

赤経:07h35.2m

赤緯:+31.52°

実視等級:1.6等

発光色:白

距離:50光年

🌟「カストル」は1.6等星で1等星とする場合と、2等星とする場合があります。

🌟 アラビア語でカストルは「2つの腕のうち前にあるもの」という意味のから由来します。そのためカストルがα星として認められました。

プロキオン

固有名:プロキオン

星座名:こいぬ座

星名:α星 CMi

赤経:07h39.8m

赤緯:+05.12°

実視等級:0.4等

発光色:薄黄色

距離:11光年

 🌟「プロキオン」の名前は(犬の先駆け)という意味で、古代エジプトではシリウスより先に東の空から顔を出すことから重要視されてきました。

🌟「シリウス」と「ベテルギウス」と、共に冬の大三角を描いています。

ポルックス

固有名:ポルックス

星座名:ふたご座

星名:β星 Gem

赤経:07h45.8m

赤緯:+28.00°

実視等級:1.2等

発光色:オレンジ

距離:35光年

 🌟カルストと共に双子の兄弟の頭部にあります。

🌟ふたご座は地中海沿岸地方では、海の守り神とされています。そのため、難所を通る時には双子の名前「カルスト」と「ポルックス」を唱えていたそうです。

レグルス

固有名:レグルス

星座名:しし座

星名:α星 Leo

赤経:10h08.8m

赤緯:+11.55°

実視等級:1.4等

発光色:青白

距離:70光年

🌟「レグルス」は(小さい王)というラテン語からきていますが、「バジリスク」(小さな王)に由来しています。古代ローマではギリシャ語で「王の星」と呼ばれました。

🌟中世になって「王」を意味するrexと表記されました、レグルスという表記が登場するのは1522年で巷でこの名前を使っていたということです。

🌟別名の「コル・レオニス」はラテン語で「獅子の心臓」を意味しています。

形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。

アクルックス

        there is no image 固有名:アクルックス

星座名:南十字座

星名:α星 Cru

赤経:12h27.1m

赤緯:-63.09°

実視等級:0.8等

発光色:青白

距離:450光年

 🌟みなみじゅうじ座は全天88星座の中で面積が一番小さいのですが、1等星は2つもあります。残念ながら、沖縄より南に行かなければ見ることができません。紀元前1万年ごろは見えていたようです。

🌟1等星のアクルックスは3連星ですが、非常に長い周期で回っているために、動きはわずかです。

ミモザ

        there is no image 固有名:ミモザ

星座名:南十字座

星名:β星 Cru

赤経:12h48.2m

赤緯:-59.44°

実視等級:1.3等

発光色:青白

距離:500光年

🌟南十字座のもう1つの1等星です。 別名で「ベクルックス」と呼ばれることもあります。これは学名「Beta Crucis」を略して読んだものです。

スピカ

固有名:スピカ

星座名:おとめ座

星名:α星 Vir

赤経:13h25.7m

赤緯:-11.12°

実視等級:1.0等

発光色:青白

距離:350光年

 🌟「スピカ」は古代ローマ時代に付けられた名前で、ギリシャ語で「穂先」を意味しています。

🌟牛飼座のアークトゥルスから繋いだ曲線を「春の大曲線」と呼んでいますが、オレンジで男性的なアークトゥルスと純白のスピカが女性的で「春の夫婦星」とも呼ばれています。

「夏の大三角形」と聞くと『ああ星空の話か。。。』とすぐに ピントくると思いますが、春の大曲線はそれほどメジャー...

ハダル

固有名:ハダル

星座名:ケンタウルス座

星名:β星 Cen

赤経:14h04.4m

赤緯:-60.25°

実視等級:1.0等

発光色:青白

距離:350光年

🌟ケンタウルスの前足に輝く1等星の1つですが、日本では奄美大島より南に行かなければ見えません。

🌟「ハダル」の正式な由来は伝わっていませんが、別名の「アゲナ」はラテン語で「膝」を意味するとされています。

🌟「ハダル」と「リギル」を結んだ先に「南十字星座」があり、探す時の起点とされるため「サザンポインターズ」と呼ばれています。

「ケンタウルス座」の見つけ方を紹介しました。大きな星座ですが、全貌が見られません。地平線の上に出ている部分にはかろうじて2等星があるので、それを頼りに探して見てください。

アルクトゥルス

固有名:アルクトゥルス

星座名:うしかい座

星名:α星 Hoo

赤経:14h16.1m

赤緯:+90.09°

実視等級:-0.0等

発光色:オレンジ

距離:30光年

🌟 「アルクトゥルス」は「大くま座」の後を付いて行く姿から「くまの番人」という意味でつけられました。

🌟和名では、6月の麦の刈り入れ時期に頭上にあることから、「麦星」「五月雨星」とも呼ばれています。

🌟固有運動が大きな星としても知られていて、1年間で2.282秒動きます。といっても、1°の動きにすると1570年はかかります。

リギル・ケンタウルス

固有名:リギル・ケンタウルス

星座名:ケンタウルス座

星名:α星 Gco

赤経:14h40.3m

赤緯:+60.52°

実視等級:-0.0等

発光色:黄色

距離:4.3光年

🌟 太陽系から4,39光年の距離で、恒星の中では一番近い恒星系です。明るさも全天で3番目に明るい星です。

🌟「リギル・ケンタウルス」は「ケンタウルスの足」という意味です。

「ケンタウルス座」の見つけ方を紹介しました。大きな星座ですが、全貌が見られません。地平線の上に出ている部分にはかろうじて2等星があるので、それを頼りに探して見てください。

アンタレス

固有名:アンタレス

星座名:さそり座

星名:α星 Sco

赤経:16h29.9m

赤緯:+26.27°

実視等級:1.1等

発光色:赤

距離:500光年

🌟「アンタレス」は蠍座の中心部にあり、サソリの心臓としても有名ですが、「火星に対抗するもの」や「火星に似たもの」という意味からの由来で付けられました。黄道を通る蠍座と火星も近くを通るために間違われたことからその名が付けられたとも考えられています。

🌟中国では「火」や「大火」と呼び、和名では「赤星」や「酒酔い星」「豊年星」などの呼び名があります。

🌟「アンタレス」は赤色巨星と呼ばれる星で、直径は太陽の200倍もありますが、表面の温度は太陽の半分の3000℃しかありません、また、アンタレスは星の一生の大半を終えた年老いた星なのです。

黄道12星座の「さそり座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、他の星座に比べて特徴的で、一度知れば真っ先に目がいくような星座です。S字の形と赤い星が目立つので、直ぐにわかります。

ベガ

固有名:ベガ

星座名:こと座

星名:α星 Lyr

赤経:18h37.2m

赤緯:+38.48°

実視等級:0.0等

発光色:白

距離:25光年

 🌟真夏の宵に天頂で輝く姿から、ヨーロッパではその美しさから、「真夏の女王」と呼ばれています。

🌟「ベガ」とはアラビア語で「落ちるワシ」という意味で、わし座のアルタイルが「飛ぶワシ」という意味なので、ペアで名付けられたようです。和名でも織姫と彦星としても七夕伝説は有名ですね。

🌟また「ベガ」の南に惑星状星雲「リング星雲」があります。輪状になっているので、織姫から彦星へのエンゲージリングとして例えられることもあります。

真夏の宵のころ、天の高い位置に燦然と輝く1つの星があります。それは、ヨーロッパでは「真夏の女王」と呼ばれその気品と風格にふさわしい輝きを放っています。そして、純粋さをイメージさせる、東洋では七夕の織姫としてもポピュラーな人気の高い、「こと座のベガ」です。1等星のベガを見つける方法と「夏の大三角」から見つける方法を紹介しました。
「わし座」は夏の宵の頃、 天高く輝く「夏の大三角」の星々の中で2番目に明るい 1等星が「わし座」のアルタイルです...

アルタイル

固有名:アルタイル

星座名:わし座

星名:α星 Aql

赤経:19h51.2m

赤緯:+08.53°

実視等級:0.8等

発光色:白

距離:16光年

🌟「アルタイル」はアラビア語で「飛ぶワシ」の意味があります。また日本では七夕伝説の「彦星」としてもこと座のベガと共に親しまれています。

🌟 こと座のベガと白鳥座のデネブとで「夏の大三角」を型作る星の一つですが、3つのうち一番地球から近い恒星で、距離は約17光年です。直径は太陽の約1.8倍です。

🌟また、アルタイルは8.9時間という短い時間で自転しています。そのため、赤道直径が極直径よりも14%膨らんだ楕円形をしていることがわかっています。

夏の宵の頃、天高く輝く「夏の大三角」が一際目立って見えています。その中でも2番目に明るい星が「わし座のアルタイル」です。 「夏の大三角」の一角としてや「七夕の彦星」としては、とても馴染みのある星座なので、ぜひ、夜空で見つけて楽しんで欲しいです。
「夏の大三角」といえば「はくちょう座」のデネブと 「こと座」のベガ、「わし座」のアルタイルからなる、天の川をまたがって...

デネブ

固有名:デネブ

星座名:はくちょう座

星名:α星 Cyg

赤経:20h41.7m

赤緯:+45.19°

実視等級:1.3等

発光色:白

距離:1800光年

 🌟「デネブ」はアラビア語で「めんどりの尾」という意味でが、これは「尾」という意味が主に由来しており、白鳥座以外でも「くじら座のη星」「いるか座のε星」「わし座のε星」などの動物の星座の尾の部分にも使われることがあります。そのため、区別するために「デネブ・キュグニ」と呼ばれることもありました。

🌟「夏の大三角」の中では一番暗い1等星ですが、これは実視等級と言って見える明るさの等級のことを指しています。デネブが暗いのは、ベガとアルタイルから比べると、地球からの距離が2桁も違う1800光年という彼方から届く光であるためです。実際の等級を表す「絶対等級」で比較すると、ベガは0.6等、アルタイルは2.2等に対して、デネブは-7.2等になります。

夏の宵の頃、天高く輝く3個の明るい星が目を引きます。これは「夏の大三角」と呼ばれる、 「こと座のベガ」、「わし座のアルタイル」、「はくちょう座のデネブ」探すのもすごく簡単に見つかりますね。

フォーマルハウト

固有名:フォーマルハウト

星座名:うお座

星名:α星 PsA

赤経:22h58.1m

赤緯:-29.35°

実視等級:1.2等

発光色:白

距離:22光年

 🌟「フォーマルハウト」はアラビア語で「大魚の口」「南の魚の口」という意味から名付けられました。

🌟紀元前2500年頃から、ペルシャでは「アンタレス」「アルデバラン」「レグルス」と並んで、ロイヤルスター(王家の星)の一つとされてきました。

🌟日本では秋の星座に1等星がないことから、フォーマルハウトのことを「秋の一つ星」や「南の一つ星」と呼ばれています。

まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。

まとめ

🌟全天で1等星をリストにまとめてみました。

星座を探す時の参考になれば幸いです。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。