2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



星ヨル部「定例観望会のある天文台❶」

シェアする

(C)国立天文台

🌟星ヨル部では定期的に観測会、観望会、観測会を開催している

天文台を紹介していきます。

1回で5箇所程度を目標にして、全国の天文台を少しずつでも

紹介できるようにしてゆきます。

参考になれば嬉しいです。

🌟国立天文台

🌟京都産業大学 神山天文台

🌟兵庫県立西はりま天文台

🌟 久万高原天体観測館

🌟美星天文台



国立天文台

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
国立天文台
〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
0422-34-3600(代表)

定例観望会について
❶講義室でその日の観望天体について簡単な説明があります。

❷50cm公開望遠鏡へ移動し観望天体を観察します。

❸その後、ドーム周辺に設置している小型望遠鏡での観望をお楽しみください。観望終了後は自由解散です。

定員 前半/後半各150名(合計300名)
申込 事前申込制です。参加費は無料。
4月〜9月(抽選) 10月〜3月(先着順)
🌟募集開始日正午から翌日の正午まで、申込フォームにアクセスできます。同じ方、メールアドレスから1回のみ10名まで申込めます。 🌟募集開始日正午から、申込フォームにアクセスできます。1回の操作で5名まで申込めます。定員になり次第締め切らせていただきます。
開催時間 4月〜9月 10月〜3月
《前半》19:30~20:00・《後半》20:15~20:45  《前半》18:30~19:00 ・《後半》19:15~19:45
往復ハガキでの申込の場合 ※申込開始日以前に届いたものは無効となりますので、ご注意ください。

⑴観望会開催日⑵希望受付時間(前半/後半)⑶参加人数⑷代表者氏名⑸代表者住所⑹代表者電話番号を往信面に記入してください。

《送り先》〒181-8588国立天文台 天文情報センター○月○日観望会係宛

今後の観望会開催予定 開催日・観望対象予定天体 申込期間
 2018/5/11(金)「かみのけ座24番星(二重星)」 2018/4/25(水)正午〜4/26(木)正午
 2018/5/26(土)「木星」 2018/5/16(水)正午〜5/17(木)正午
 2018/6/8(金)「木星」 2018/5/30(水)正午〜5/31(木)正午
 2018/6/23(土)「木星」 2018/6/13(水)正午〜6/14(木)正午
 2018/7/13(金)「はくちょう座β星アルビレオ(二重星)」 2018/7/4(水)正午〜7/5(木)正午
 2018/7/28(土)「土星」 2018/7/18(水)正午〜7/19(木)正午
2018/8/10(金)「土星」 2018/8/1(水)正午〜8/2(木)正午
2018/8/25(土)「火星」 2018/8/15(水)正午~8/16(木)正午
2018/9/7(金)「火星」 2018/8/29(水)正午〜8/30(木)正午
2018/9/22(土)「火星」 2018/9/12(水)正午〜9/13(木)正午
2018/10/12(金)「M57環状星雲(こと座にある惑星状星雲)」 〈先着順〉2018/10/3(水)正午〜
2018/10/27(土)「三鷹・星と宇宙の日2018」 ※国立天文台の特別公開開催日のため、定例観望会は中止です
2018/11/9(金)「M15(ペガスス座にある球状星雲)」 〈先着順〉2018/10/31(水)正午〜
2018/11/24(土)「天王星」 〈先着順〉2018/11/14(水)正午〜
2018/12/7(金)「アンドロメダ座γ星マルク(二重星)」 〈先着順〉2018/11/28(水)正午〜
2018/12/22(土)「アンドロメダ座γ星マルク(二重星)」 〈先着順〉2018/12/12(水)正午〜
2019/1/11(金)「M37(ぎょしゃ座にある散開星団)」 〈先着順〉2018/12/26(水)正午〜
2019/1/26(土)「M42オリオン大星雲(オリオン座にある散光星雲)」 〈先着順〉2019/1/16(水)正午〜
2019/2/8(金)「M42オリオン大星雲(オリオン座にある散光星雲)」 〈先着順〉2019/1/31(水)正午〜
2019/2/23(土)「M35(ふたご座にある散開星団)」 〈先着順〉2019/2/13(水)正午〜
2019/3/8(金)「しし座γ星アルギエバ(二重星)」 〈先着順〉2019/2/27(水)正午〜
2019/3/23(土)「しし座γ星アルギエバ(二重星)」 〈先着順〉2019/3/13(水)正午〜
 備考  🌟 雨天・悪天候の場合は天体観望はできません。解説が長めになります。また、中止の場合は当日Twitterにてお知らせします。

@naoj_kanboukai

(C) 国立天文台

京都産業大学 神山天文台

京都産業大学 神山天文台
〒603-8555
京都市北区上賀茂本山
(事務取扱時間:月曜日~金曜日8:45~16:45、
土曜日14:00~20:00 ※休館日を除く)
Tel.075-705-3001
Fax.075-705-3002
土曜の天体観望会
🌟口径1.3mの荒木望遠鏡を直接覗いて天体観望できます。

研究員による天体解説もあります。

また天文台前には小型望遠鏡を使った観望会も行なっています。

 申込 🌟申込は不要です。入場無料。入退場は自由です、お気軽にお越しください。

受付は神山天文台1階にあります。

 開催時間  3~9月の土曜日 10~12月の土曜日
1回目 19:00~、2回目20:00~

(受付は18:30~20:30まで)

1回目 18:00~、2回目19:00~

(受付は17:30~19:30まで)

 備考  🌟悪天候時は宇宙の3D映像上映会を行います。

🌟天候による実施の可否は当日17時以降(冬季は16時以降)に神山天文台までお問合せください。

最新情報は神山天文ブログでも掲載されています。

京都市北区に位置する一拠点総合大学、京都産業大学の公式Webサイト。入学案内をはじめ、教育・研究に関する情報を掲載。

(C)NASA

兵庫県立西はりま天文台

【兵庫県立大学西はりま天文台】
〒679-5313
兵庫県佐用郡佐用町西河内
407-2
TEL. 0790-82-0598(管理棟)
/ 0790-82-3886(天文台)
FAX. 0790-82-3876(管理棟)
/ 0790-82-2258(天文台)
  夜間天体観望会
 🌟 日本国内最大、眼視観測可能なゆた望遠鏡を使った観望会です。月や太陽系の近隣惑星はもちろん、星雲・星団など観測します。
観望会の種類

 宿泊者観望会

(毎晩開催※休園日を除く)

🌟天文台宿泊施設の利用者限定の観望会です。
 一般観望会

(土曜日、祝日・要予約)

🌟日帰りでご参加いただけますが、宿泊者を含めた定員120名となりますので、事前にお電話にてご予約ください。
 一般観望会

(日曜日・予約不要)

🌟日帰りでご参加いただけます、お気軽にお越しください。
 佐用町民向け観望会

(平日・要予約)

🌟佐用町民の方は、平日に日帰りでご参加いただけます。観望会が開催される場合のみの受付となります。
時間 19時30分〜21時
参加費 無料です、開始時刻までに天文台南館(白い建物)までお越しください。
申込 🌟宿泊、観望会予約の方は管理棟までお電話ください。(受付時間9時〜17時)
備考 🌟悪天候時には、天文台研究員による星空や宇宙に関するお話しと望遠鏡の見学会となります。

🌟開始時刻を過ぎますと係員が誘導できない場合がありますので、必ず19時30分までにお越しくださいますようお願いします。

(C)NASA

 久万高原天体観測館

久万高原天体観測館
〒791-1212
愛媛県上浮穴郡久万高原町下畑野川
乙488番
TEL0892-41-0110

定期観望会
火曜、木曜、土曜日に年中開催しています。

60cm反射望遠鏡はスタッフが操作し解説もします。気軽にお越しください。

予約 🌟3ヶ月前より電話にて予約受付を開始します。

TEL 0892-41-0110   12:30~17:00に受付します。

定員になり次第締め切ります。(満席の場合あり)

開催時間 夏季(4/1~8/31) ❶19:30~、❷20:30~、❸21:30~
冬季(9/1~11/30) ❶19:00~、❷20:00~、❸21:00~
厳冬期(12/1~3/31) ❶19:00~、❷20:00~
利用料 大人500円、高・大学生400円、幼児・小・中学生300円
備考 🌟雨、曇りの場合は中止となります。当日16時から17時30分までに確認のお電話をお掛けください。

🌟冬季は館内の暖房はありません、防寒具をご準備ください。

天文台周辺は暗いので各自で懐中電灯をご持参ください。

(C)NASA

美星天文台

美星天文台
〒714-1411
岡山県井原市美星町大倉1723-70
■TEL:0866-87-4222
■FAX:0866-87-4224

  夜間の観望会
 🌟晴れた金、土、日、月曜日の18時〜22時まで、口径101cm望遠鏡と使って、色々な天体を観望します。

🌟一等星や星団を中心に、季節ごとの天体をご案内します。惑星や月が公開時間中に出ていればご覧いただけます。

 日時  金・土・日・月曜日 18時〜22時(受付は21時30分までです。)
対象  どなたでも参加してください。予約は不要です。ただし、団体の方は予約が必要です。
 参加費 入館料300円
 備考  🌟星が見え始める時期は季節によって異なります。

🌟時期、空の状態、月明かりの有無などのよって、ご覧いただける天体は異なりますので予めご了承ください。

(C)NASA

まとめ

定期的に観望会を計画している天文台を紹介しました。

これから少しづつ紹介していきます。

観望する機会が増えることを願っています。

星を身近に感じられる一助になれば幸いです。

良い観望でありますように。。。。

星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »