2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



ニャンコ部「ワクチンで防げる病気と、猫のかかりやすい病気」

シェアする

猫を飼っていますか?

飼う事を予定していますか?

そんなあなたに基礎知識として、猫の病気について紹介します。

知っていたら、予防できることもあります。



ワクチン接種のススメ

猫を飼い出すと、初めに動物病院へ連れてゆきます。その時にはワクチン接種の相談をしてください。当日、打ってくれると思いますが、動物病院によってや、猫の体調などによっては、後日になる事もあります。

また、譲り受け方や、ペットショップなどからだと、1回目の接種が済んでいる場合などがありますので、その時には、次回受ける予定もあるので、いつ頃接種したのかの確認をしましょう。

ワクチンとは病原体を体内に入れることで、病気に対する免疫を作る目的で、接種します。これは猫を感染症から守る最良の手段とされ、広く普及しています。

ワクチン接種は、動物病院によって違いますし、医師によっても変わることもあります。かかりつけの医師に相談の上、接種しましょう。

ワクチンの種類

ワクチンにはいくつか種類があります。

単体ワクチン 一種類の感染症に効果があります
混合ワクチン 複数の感染症に対応します
不活性ワクチン 死んでいる病原体を使用しています
生ワクチン 弱毒化した生きた病原体を使用しています

これらのワクチンは病気によって打つ種類が違うものがあります。

単体 単体 3種混合 5種混合 6種混合 7種混合
猫ウィルス性鼻気管炎
猫カリシウィルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウィルス感染症
クラミジア感染症
猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズ)

※猫カリシウィルス感染症は数種あり、3種、5種ではそのうちの1種類に、6種、7種ではそのうちの3種に対応しています。

ワクチンで防げる病気

猫風邪

猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、クラミジア感染症、を総じて猫風邪といいます。くしゃみや鼻水、咳などの症状が見られます。感染猫のくしゃみなどから飛沫感染します。ウィルスによっては口内炎や肺炎、結膜炎などの症状が出ることもあります。主には風邪のような症状です。

猫白血病ウィルス感染症

猫白血病ウィルスが原因の血液のガンです。母猫から胎児や、感染猫の唾液、喧嘩による傷などから感染します。数週間から数年の潜伏期間があり、発病します。発病すると、回復は不可能な病気です。症状は、食欲不振、体重減少、発熱、下痢、貧血、口内炎などがあります。

猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズ)

徐々に免疫が働かなくなり、体の抵抗力が弱まる病気です。感染から発症まで、長ければ10年以上かかる事もあります。発症せずに天寿を全うするケースもあります。ですが、一度感染すると完治が難しい病気です。感染猫との喧嘩などでの傷や交尾などから感染します。症状は口内炎、慢性鼻炎、結膜炎などです。

猫汎白血球減少症

体力がない子猫や、シニア猫が感染すると数日で衰弱して死亡する事もある、恐ろしい病気です。ウィルスそのものの感染力が強いので、潜伏期間も数日と短いのが特徴です。感染猫に舐められたり、噛まれたりすると感染する場合があり、また感染猫の使っているトイレや食器からも感染します。激しい下痢や嘔吐による脱水症状、発熱、貧血といった症状が見られます。

猫のかかりやすい病気

もしも飼っている猫が病気になってしまっても、慌てずに、冷静な対処が必要となります。そんな時の役に立つように正しい知識を知っておきましょう。

泌尿器系 慢性腎不全
 加齢や他の病気の影響による腎臓の機能低下、初期は症状が無く、気付いた時には末期という事もあります。多飲多尿、食欲不振、貧血、嘔吐、体重の減少などが見られます。
予防法  早期発見のために、尿の量や回数をチェックする習慣化をするのも一つです。

泌尿器系 突発性膀胱炎
猫の頻尿や血尿の症状が出た時に考えられるのが、下部尿路疾患(尿石症など)ですが、この病気は60%がメンタル面が原因で突発的に起こる病気です。
予防法  トイレの砂や置き場所、そのほかにストレスを感じていることはないか、考えてみましょう。

泌尿器系 下部尿路疾患
結石が膀胱や尿道を傷つけて、炎症が起こったり、詰まって尿が出にくくなる病気です。オスに多く、頻繁にトイレに行くが尿が出ない、血尿、排泄時に痛がるなどの症状があります。
予防法  結石に対応するフードを与え、水を多く飲ませて予防しましょう。

消化器系 毛球症
グルーミングで飲み込んだ毛が、上手く排泄されずに、胃の中で塊になる病気です。胃腸の働きを妨害し、嘔吐や下痢、吐き気、食欲不振、便秘などを引き起こします。
予防法  こまめに飼い主がブラッシングをして、飲み込む毛の量を少なくしてあげましょう。

消化器系 すい炎
すい臓に炎症が起こり、すい臓や周りの脂肪、組織が溶ける病気です。症状は激しい嘔吐、下痢、食欲不振、元気がない、痩せるなどがあります。
予防法  すい臓は一度機能が壊れるともとには戻りません、早期発見が何より大切になります。

消化器系 胃腸炎
ウィルスや細菌感染、アレルギー、腐ったものを食べるなどで、胃腸に炎症が起こり、機能が低下する病気です。早期に治療をしないと慢性化して、衰弱してしまう恐れもあります。  症状は下痢、嘔吐、貧血、脱水症状などがあります。
予防法  毎食、新鮮なフードと水を与えて予防しましょう。

悪性腫瘍 リンパ腫
猫白血病ウィルスが原因となることが多く、リンパ腫が悪性腫瘍に侵される病気です。悪性腫瘍の中でも一番多く、腫瘍ができる場所は様々です。体重減少、食欲不振、嘔吐、下痢、貧血、呼吸困難などの症状が見られます。

内分泌系 糖尿病
すい臓から分泌されるインスリン量が低下して、血糖値が異常に高くなる病気です。腎臓や肝臓の病気を併発する恐れがあります。症状は嘔吐、下痢、食べるのに痩せる、多飲多尿、脱水症状などがあります。
予防法  肥満猫が発症しやすい傾向があります、食事の管理を徹底しましょう。

呼吸器系 気管支炎・肺炎
猫風邪やアレルギーなどが原因で、発症することが多い病気です。 空咳が続く。鼻水、涙、呼吸が速くなる、発熱、食欲不振、といった症状がみられます。
予防法  重症化すると呼吸困難を引き起こす恐れがあるので、一刻も早く治療を受けましょう。

感染症 猫伝染性腹膜炎
猫コロナウィルスが原因です。感染猫の唾液や尿から、感染することが多いので、室内飼育の徹底が大切です。感染力は弱いが発症すると、完治は難しく、致死率が非常に高い病気です。症状は、食欲不振、発熱、貧血、お腹が膨れる、下痢などがあります。

皮膚 皮膚炎
ノミやダニなどの寄生虫による、皮膚炎や食事、環境が原因で起こるアレルギー性皮膚炎、真菌症(カビ)やアトピー、またはメンタルによる自傷行為や皮膚炎の原因になります。
予防法 猫は痒いとなめまわすので、炎症が悪化します、早急に原因を突き止めて治療しましょう。

皮膚 疥癬
ネコショウセンコウヒゼンダニというダニが原因の病気です。顔や耳の淵に寄生すると、顔や耳が脱毛し、かさぶたができます。そのほかに、よく頭を振るといった症状もあります。
予防法  野良猫から感染することが多いので、室内飼いを徹底して予防しましょう。

まとめ

ワクチンで防げる病気と、猫のかかりやすい病気についてまとめました。

ワクチン接種で防げる感染症もあるので、毎年定期的に受けるようにしましょう。

また、喋れない猫なので、病気の気配を早期に感じ取ってあげられるように、

予備知識として知っておくと良いでしょう。

早期発見で治療できたり、予防でかかりにくくする事も、飼い主の責任で、できる

事です。大切の育ててあげてください。

ニャンコ部のページをまとめました。猫の基礎知識や、愛情診断などのテストを紹介しています。楽しみながら猫のことを知って、愛してください。
猫を健康診断に連れて行くことの、大切さをまとめした。いち早く健康上の異変に気けるように、どんな仕草かも一緒に紹介しました。参考にしてください。猫は自分ではしゃべれません、普段からおとなしい子もいるかとは思いますが、愛猫ちゃんをよく観察しましょう。

※このページは「かわいい猫と暮らす本」学研、「猫を長生きさせる50の秘訣/加藤由子著」を参考にしています。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。