星雲・星団を見てみよう「オメガ星団」

NGC天体




 

 

🌟「オメガ星団」という星団は、条件さえ合えば肉眼でも見える星団です。

その条件が少し厳しいですが、そのチャンスを狙って見えたときの感動を

味わって見るのも楽しいです。

 

探してみましょう。

 

 

見つけ方

 

🌟オメガ星団は「ケンタウルス座」にあります。まずは「ケンタウルス座」を

確認しましょう。

 

春の星座の見つけ方「ケンタウルス座」
「ケンタウルス座」の見つけ方を紹介しました。大きな星座ですが、全貌が見られません。地平線の上に出ている部分にはかろうじて2等星があるので、それを頼りに探して見てください。

 

元々、「ケンタウルス座」は南の低い位置にある星座で、沖縄のような南でなら

全貌が確認できます。

 

🌟「オメガ星団」はケンタウルスの人の上半身と馬の下半身とのつなぎ目あたり

にある星団です。オメガというのは、星にギリシャ文字を当てた、天文学者の

バイエルが当時、恒星と間違えて、「ケンタウルス座」の4等星の星として「ω」

を付けてしまったためです。

 

(C)アストロアーツ/星空年鑑より

 

🌟目印になりそうなのが、おとめ座のスピカです。そこから東南へ下がってゆくと

「うみへび座」の3等星のγ星が見つかります。

 

それからさらに東南に下がると、「ケンタウルス座」の3等星のι星があります。

そしてさらに東南へ下がって、4等星程の明るさの星のような、ボンヤリが

見えたら、おめでとうございます。

 

「オメガ星団」です。

 

春の星座の見つけ方「うみへび座」
「うみへび座」の見つけ方を紹介しました。春から夏にかけて空に横たわる星座のです。全天中一番大きい星座です、頭部から心臓までは、すぐに見つかるでしょうが、全容は中々探すのが難しいです。気長に探してみてください。

 

 

🌟または「さそり座」はご自宅からでも見つかりますか?

「さそり座」のアンタレスは1等星の中でも、赤みがかって目立つので、

おなじみのことと、思います。

そのアンタレスのある「さそり座」のS字型を辿れますか?

 

尻尾の折れ曲がったところの2等星シャウラが見えたら、「オメガ星団」が

見つかる可能性が高まります。

 

シャウラから西へ平行移動してゆくと、「ケンタウルス座」の3等星のζ星が

あります。

 

見当をつけるところは、「おとめ座」のスピカから南へ垂直に伸ばした線と、

さそり座のアンタレスから南へ垂直に下ろした線との間を4等分にして、

スピカから4分の1、アンタレスから4分の3、の辺りに見当をつけましょう。

 

「ケンタウルス座」の3等星のζ星と、「おとめ座」のスピカから南へ垂直に

伸ばした線との中間地点に「オメガ星団」が見つかります。

 

これらを順番に辿らなくても、感で見つかるかも、しれませんね。

 

夏の星座の見つけ方「さそり座」
黄道12星座の「さそり座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、他の星座に比べて特徴的で、一度知れば真っ先に目がいくような星座です。S字の形と赤い星が目立つので、直ぐにわかります。

 

春の星座の見つけ方「おとめ座」
「おとめ座」は全天で2番目に大きな星座です。横の大きく広がっています。「しし座」春の先駆けで、昇り始めた後を追うように、「おとめ座」の姿を現します。春先は南東の空に見え、ゆったりと南、西へと傾いてゆきます。

 

 

(C)NASA/クレタ島からみたオメガ星団

 

🌟肉眼では4等星ほどの明るさですが、プトレマイオスの時代には4等星は

はっきりと見えたでしょうから、観測できていました。

その証拠にプトレマイオスのカタログにも記載されています。

 

先ほど話しましたが「ω」という恒星名がつけられていましたが、これを星団だ

と発見したのが、1677年に、ハレー彗星でお馴染みの、エドモンド・ハレー

でした。

 

また、この星団がメシエ天体に加えられていないのは、メシエが観測していた

パリからは、見えなかった為なのです。

 

この「オメガ星団」はケンタウルス座の宝石と言われるくらい、球状星団としても

群を抜いての美しさをしていたので、もしメシエが見ていたらメシエ番号の他にも

宝石の名前をつけていたかも知れませんね。

 

基本情報

基本情報

オメガ星団
天体番号番号 NGC5139
赤経 13h26.8m
赤緯 -47°29′
等級 3.7等
距離 18000光年
星座 ケンタウルス座
種類 球状星団

 

まとめ

🌟「オメガ星団」について紹介しました。

 

肉眼では、ぼんやり見えます。「ケンタウルス座」という南の低い位置にある

星座の中にある星団で、残念なことに、空気の澄んだ晴れた夜でないと、見る

ことは難しいでしょう。

地平線まで見える場所を探してみましょう。

 

季節によって、見える時期には星座だけでなく、星団も見えるので、

肉眼で見て欲しいです。

 

 

良い観望でありますように。。。

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました