星コラム

スポンサーリンク
星の名前

星コラム「衛星の名前」

(C)国立天文台 太陽系の惑星は水星と金星を除いて、衛星を持っています。 その多くはギリシャ神話の神々などの名前がつけられています。例外は天王星の シェイクスピアの作品の登場人物がつけられています。...
星コラム

星コラム「2等星を探してみよう」

2等星を探して 星座名(恒星名) 略号 バイエル名 等級 赤経 赤緯 1 アンドロメダ アルフェラッツ And α星 2.0 9h18m 29°11' 1 アンドロメダ...
ブラックホール

星コラム「今から約80億年後から約100兆年後の宇宙について」

「今から約80億年後から約100兆年後の宇宙について」まとめました。途方も無い年数が経っていますが、あくまでも今のデータで計算できるところまでの試算です。何か私たちの知らないデータも、もちろん存在しています、これから先何が宇宙に起こるかもわかりません。
宇宙誕生

星コラム「未来の宇宙について、銀河が衝突している」

銀河どうしの衝突は珍しい現象ではなく、私たちの住む天の川銀河も、近所のアンドロメダ銀河と衝突の可能性があるのです。衝突の際に、太陽系がアンドロメダ銀河持って行かれる可能性が、約3%程あるそうです。アンドロメダ銀河に移った場合、天の川銀河を外から眺めることが、できることになります。
惑星

星コラム「惑星いろいろナンバーワン」

太陽系惑星をいろいとと比べてみました。個別になんとなくわかっていても、惑星同士の概要を比べるとまた違った見方ができますね。新しい発見があることを願っています。
ブラックホール

星コラム「宇宙誕生3億年後ごろから92億年後ごろまで」について

宇宙が誕生してから約3億年後から、約92億年後ごろまでの流れを、まとめてみました。宇宙誕生から約3億年たったころ、ガスの濃い部分は、あちこちで太陽の重さの100分の1くらいのガスの塊へと成長してゆきました。
惑星

星コラム「惑星はどうして自転しているのか?」について

惑星はどうして自転しているのか、についてまとめました。太陽が地球の周りを回っているようですが、実際には地球がコマのように回転しているので、地上から見ると、太陽が空を横切っているように見えます。当たり前のような自転ですが、宇宙の中での自然な運動なのです。
ブラックホール

星コラム「M87にあるブラックホールを捉える」について

2019年4月10日の天文ニュースは、ビッグバン級の出来事でした。人類初のブラックホールの画像が公開されました、国立天文台の研究者の方々が長年の研究の果てに、M87にあるブラックホールの中心部の画像を捉えました。
惑星

星コラム「惑星とは?」について

惑星とは?についてまとめました。惑星の定義付けがされて、はっきりと惑星とは?ということの説明ができるようになりました。定義づけがされ、冥王星が準惑星になったのですが、同じ太陽系の仲間であることには変わりありません。
宇宙誕生

星コラム「宇宙誕生0秒後から3億年後ごろまで」について

宇宙が誕生してから0秒後から、約3億年後ごろまでの流れを、まとめてみました。宇宙誕生については、いろいろな説がありますが、大筋でこのような流れが主になってきています。とはいえ、宇宙の話は、新説がいつでてもおかしくないので、それも楽しみにしてもいいですね。あなたの考えはどうですか?参考になれば幸いです。
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました