2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「惑星とは?」について

シェアする

(C)NASA

「惑星」とは、太陽系の惑星を意味しています。

惑星は2006年に国際的な定義され、今まで、ぼんやりしていた境界線が

はっきり引かれました。

「冥王星」が準惑星になったのは、この定義に当てはまらなかったからです。

惑星の定義について

惑星の定義はこちらをご覧ください。

惑星の新しい定義についてまとめました。惑星と準惑星の曖昧さを無くしたのはよかったなと思いますが、冥王星が惑星でなくなった時には少し寂しい気もしていました。観測技術の進歩のなせる技なわけですが、これから先に同じように、新たな発見があると、またこの定義も改訂してゆくことに、なるのではないでしょうか。

簡単に惑星が決まる条件が3つあります。

このページでは簡単にこの3つの条件を紹介します。

1.太陽の周りを回る星

例えば、私たちが住む地球は太陽の周りを、約365日かけて回っています。

実感することは難しいですが、宇宙空間からすると、地球はものすごい勢いで、

走っているのです。そのスピードは時速10万km。

これはジェット機の110倍のスピードです。

太陽の周りを回ることを公転と呼び、規則的に回ることを公転周期と言います。

地球以外の「惑星」もそれぞれが公転周期を持って、太陽の周りを回っているのです。

どうして、太陽の周りを回り続けることができるのでしょうか?

どんなものにも2つの物体の間には、お互いを引っ張る力「重力」が、働いています。

重い方がより相手を引っ張る力が強くなります。

太陽系の中で一番重たいものは太陽です。

太陽系というのは、太陽が全てを引っ張っているということになります。

では、引っ張られているのに引っ付いていないのは、太陽の周りを回ることで起こる

遠心力が外へ向かう力となって、バランスが取れているというわけです。

2.丸い星

一言で丸い星といっても、「自己の重力で丸くなっている」というのが正確な表記

です。太陽系の天体には、丸い惑星だけではなく、イビツな形の星がたくさんありま

す。星と呼べない氷の粒などもたくさんあるのです。

星はある程度の大きさがあると、自然と自分の重力で丸くなっていった形成過程が

あるのです。「丸い星」ということは、ある程度の大きさがある、大きな星という

ことでもあるのです。

「丸い星」になるとはどういう事かというと、

木星や土星は「ガス惑星」なので、ガスは移動しやすく、自然と重力の中心である、

星の中心へ集まって丸くなります。

火星や地球などの「岩石惑星」は、惑星ができた頃に、小さな微惑星が、合体を

繰り返して大きくなりました。合体したての頃は、全体がドロドロに溶けた状態でした

ので、その時に丸くなったと考えられています。

大きさにして直径800km~1000kmほどあれば、星は丸くなると言われています。

3.目立つ星

「目立つ」というのはどういう事かというと、ある程度の大きさになるためには、

周囲の小さな星を吸収してゆきます。また、吸収されないような星は、同じく重力の

影響で弾き飛ばされます。

大まかにいって、このどちらかによって、惑星の通り道になる所には他の星が

なくなり、際立ってくるのです。

惑星が形成される頃には、大小様々な星のカケラが太陽の周りを回っていました。

この頃から大きいものの重力によって、小さな星は吸収され、大きい星はさらに大きく

なってゆきます。

吸収されない星が弾き飛ばされるというのは、同じように太陽の周囲をある程度の

スピードで回っているので、重力と遠心力のバランスが偏ってしまった時に、勢いで

飛び出すことがあるのです。

弾き飛ばされても、衛星のように惑星の重力に、引かれている星もありますが、

惑星のように単独で、太陽の周りを回っていません。

惑星はその存在自体が、そのほかを圧倒しているのです。

冥王星が惑星から外された理由

冥王星が惑星から外された理由などは、

惑星の新定義のページで紹介しています。

惑星の新しい定義についてまとめました。惑星と準惑星の曖昧さを無くしたのはよかったなと思いますが、冥王星が惑星でなくなった時には少し寂しい気もしていました。観測技術の進歩のなせる技なわけですが、これから先に同じように、新たな発見があると、またこの定義も改訂してゆくことに、なるのではないでしょうか。

惑星誕生について

まとめたページはこちらをご覧ください。

太陽系の誕生についてまとめました。太陽系が誕生したのは、約46億年前のことです。とてつもない時間をかけて、ガスや塵が集まり、衝突を繰り返し、惑星には惑星の誕生物語がありました。

惑星の名前について

簡単にまとめたページはこちらをご覧ください。

西洋では、惑星は神様の名前が使われ、日本では五行が使われました。また星座は古代の人たちが思い思いにつけたものを、国際天文学連合がまとめて統一認識を広めました。

惑星と恒星の違い

簡単にまとめたページはこちらをご覧ください。

惑星と恒星の違いなどをまとめました。太陽からの反射で光る星や自力で輝く星など様です。参謀する際の参考になればいいです。

惑星いろいろ並べてみました。

惑星を色々な項目で順位をつけました、まとめたページはこちらをご覧ください。

太陽系惑星をいろいとと比べてみました。個別になんとなくわかっていても、惑星同士の概要を比べるとまた違った見方ができますね。新しい発見があることを願っています。

まとめ

惑星とは?についてまとめました。

惑星の定義付けがされて、はっきりと惑星とは?ということの説明が

できるようになりました。

定義づけがされ、冥王星が準惑星になったのですが、

同じ太陽系の仲間であることには変わりありません。

個人的には海王星の次に冥王星好きです。

参考になれば幸いです。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »