2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「惑星いろいろナンバーワン」

シェアする

(C)NASA

太陽系惑星の概要は星それぞれですが、

順番に並べるとどうなるか、項目ごとに並べ替えてみました。

参考にしてみてください。

星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。

平均直径

一番大きい惑星は木星です。

地球のおよそ11個分もあります。

一番小さいのは水星です、地球の5分の2の大きさしかなくて、

月の1.4倍しかありません。

1位 木星 142,984km
2位 土星 120,536km
3位 天王星 51,118km
4位 海王星 49,528km
5位 地球 12,742km
6位 金星 12,104km
7位 火星 6,780km
8位 水星 4,879km

質量(地球=1)

重さが一番重いのは、木星です。

およそ地球の320個分もあります。

一番軽いのは水星です、水星が20個分で地球1個分と同じくらいになります。

1位 木星 317.83
2位 土星 95.16
3位 海王星 17.15
4位 天王星 14.54
5位 地球 1
6位 金星 0.82
7位 火星 0.11
8位 水星 0.055

赤道上の重力(地球=1)

1位 木星 2.36
2位 海王星 1.12
3位 土星 1.02
4位 地球 1
5位 金星 0.91
6位 天王星 0.89
7位 水星 0.38
7位 火星 0.38

自転軸傾斜角

一番横に傾いている惑星は、天王星です。

1位 天王星 82.2度
2位 海王星 28.3度
3位 土星 26.7度
4位 火星 25.2度
5位 地球 23.4度
6位 木星 3.1度
7位 金星 2.6度
8位 水星 0.01度

自転周期(1日)

1日が最も早いのは、木星です。

1日が一番遅いのは、金星です。

1位 木星 9.9時間
2位 土星 10.7時間
3位 海王星 16.1時間
4位 天王星 17.2時間
5位 地球 23.9時間
6位 火星 24.6時間
7位 水星 1,407.6時間
8位 金星 5,832.5時間

公転周期(1年)

1年が一番短いのは、水星です。

1年が一番長いのが、海王星です。

1位 水星 87.969地球日
2位 金星 224.701地球日
3位 地球 365.256地球日 1年
4位 火星 686.980地球日 1.88年
5位 木星 4,332.589地球日 11.86年
6位 土星 10,759.22地球日 29.46年
7位 天王星 30,685.4地球日 84年
8位 海王星 60,189地球日 164.8年

地上からの等級

地上から一番明るいく見える惑星は、金星です。

1位 金星 -4.9~-3.8
2位 水星 -2.6~-5.7
3位 木星 -1.6~-2.94
4位 火星 1.6~-3
5位 土星 1.47~-0.241
6位 天王星 5.9~5.32
7位 海王星 8.02~7.78

平均気温

一番高温が金星で、一番低温が海王星です。

1位 金星 470℃
2位 水星 167℃
3位 地球 15℃
4位 火星 -63℃
5位 木星 -108℃
6位 土星 -139℃
7位 天王星 -197℃
8位 海王星 -201℃

衛星の数

一番たくさんの衛星を持っている惑星は木星です。

1位 木星 67+
2位 土星 62+
3位 天王星 27+
4位 海王星 14+
5位 火星 2
6位 地球 1
7位 水星 0
7位 金星 0

まとめ

太陽系惑星をいろいとと比べてみました。

個別になんとなくわかっていても、惑星同士の概要を比べると

また違った見方ができますね。

新しい発見があることを願っています。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽と太陽系惑星について     水星     &nbs…
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »