星コラム「国際宇宙ステーションについて」

探査機+ISS




(C)NASA

 

 

あなたはISS、国際宇宙ステーションを見た事がありますか?

 

1日約16回、地球の周りを回っています。

高度は約390kmです。

 

太陽の反射を受けて光るので、案外、動く星のように見えるんです。

 

時間と方角とあと雲がなければ見えるので、是非見てください。

 

『きぼうを見よう』通過予定時間の探し方

 

 

お住いのところからの時間を知るのはこちらのページで紹介しました。

ので、こちらのページをご覧ください。

星コラム「『きぼうを見よう』通過予定時間の探し方」
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。

 

 

 

 

さて、このページでは「国際宇宙ステーション」ってどんなもの?

という視点でまとめてみました。

 

 

国際宇宙ステーションって。。。

 

1、いつからあるの?

 

1998年に建設が始まりました。

大まかな完成は2011年、43回の打ち上げで、100を超えるパーツが運搬されました。

それらを宇宙飛行士が160回以上の船外活動で組み立てたり、補修をしました。

 

2、地球の周りをどんな風に回ってるの?

 

24時間で、16回地球の周りを回っています。

16の日の出と日の入りを見て移動しながら、16の軌道を作っています。

 

その速度は毎秒5マイル(毎秒8.05km)。。。1秒間に8kmも進んでるんです。

約90分で1周します。

 

高度は390kmです。

通常の人工衛星の高度は数百kmから数千kmと様々で、用途によって変わってきます。

宇宙ステーションのいる軌道は「低高度地球周回軌道」と呼ばれる場所です。

 

比較的近い距離です。

 

地球から打ち上げられたロケットが、約6時間で到着する場所に、宇宙ステーションの

軌道はあります。

 

3、宇宙ステーションの大きさは?

 

全長 108.5m
全幅 72.8m
質量 420t
居住空間 408立方m
太陽電池パネル面積 3023平方m

 

居住空間には、6つの寝室と、2つのバスルーム、ジムと360度ビューの出窓が

あります。

 

4、宇宙ステーション内での暮らしは?

 

宇宙ステーションは居住空間と作業スペースが分かれています。

一番広いスペースは作業用に割り当てられています。

 

船内では、時計で管理されています。というのは、太陽を基準にすると1日で16回も

日出と日没が来るので、地球と同じようにはいかないのです。

 

働く時間は1週間のうち5日、1日9時間です。

そのほかの時間は、各自の健康維持や食事、レクレーション、掃除、洗濯、睡眠などに

充てられています。

 

 

 

(C)NASA

 

5、宇宙ステーションの撮影場所ってあるの?

 

NASAのHPには宇宙飛行士が、宇宙ステーションから撮った画像が、たくさんアップ

されています。

 

一体どこから撮っているのでしょうか?

地球が見える窓は、宇宙ステーション内に10箇所あります。この他にも、6箇所の窓が

あって、それらは他の方向を向いています。

 

宇宙飛行士はどの窓からでも撮影していますが、特に人気があるのは、直径50cmの

デスティニー実験棟の窓です。

 

この窓は撮影用に取り付けられているので、ガラスが4層構造で、98.5%の光を通す

ので、望遠レンズでも歪みが生じにくいのです。

この窓からは定期的に、地球観測写真が撮影されています。

 

もう一つが、2010年2月に設置された、欧州宇宙機構のモジュールのキューポラ内に

ある窓です。

 

上部に6枚の窓が円を描くように横に並び、天頂部に7枚目の窓がついています。

本来は船外活動の監視用に設置されましたが、写真撮影に多く使われています。

 

 

 

まとめ

 

国際宇宙ステーションについてまとめました。

 

見て欲しいので、どんなものかということを簡単にまとめてみました。

日本の実験棟「きぼう」は中心に近い場所にあります。

 

機会があれば、きぼうを見てください。

 

 

参考文献・参考サイト一覧はこちら

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
https://marchof-gabriel.com/page-4710
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました