星のコトワリ一覧

スポンサーリンク

星座の神話「エリダヌス座」

「エリダヌス座」は川の名前ですが、その川にもまつわる神話が残されています。簡単に紹介します。主人公は川ではなく、太陽神ヘリオスの息子のファエトンという青年です。

冬の星座の見つけ方「エリダヌス座」

「エリダヌス座」の見つけ方を紹介しました。神話の川のがモチーフになっているので、全体像はとても大きく、蛇行しながらですが長い星座です。地平線から下にα星があるなど、高度の低い星座で、見えている部分は目立つ星がないので、探すのが難しいですが、頑張って探してみてください。

星座の神話「おうし座」

秋の終わりを告げ、冬の到来の先駆けになる星座が、「おうし座」です。大神ゼウスの化身とされ、広く知られている神話ですが、簡単に紹介します。神話を読み解くと、星座のいわれがわかるので、見つけ方と合わせて読んでいただきたいです。

冬の星座の見つけ方「おうし座」

おうし座の見つけ方を紹介しました。おうし座には1等星アルデバランがありそれが目印となります。また、おうし座には星団が2つもあり、見える星の数は多いです。その一つは日本でもお馴染みの「すばる」こと「プレアデス星団」です。それらを見るのもまた楽しみな星座です。

星コラム「11月の星空」

「はくちょう座」の変光星や、「おうし座」「しし座」の流星群、「レグルス食」や「惑星と月の共演」など、色々と天体を楽しみ方もあって、星座だけではないので、少しでも星の世界を知るきっかけにしてください。

秋の星座の見つけ方「ちょうこくしつ座」

秋の星座「ちょうこくしつ座」のみつけ方を紹介しました。南の低い位置にあったり、星明かりがあまり明るくない、などの見つけにくい要素があるのですが、その位置は秋で唯一の1等星のすぐ左隣にあるなど、位置の確認はたやすいので、是非とも探してみて下さい。

秋の星座の見つけ方「つる座」

「つる座」の見つけ方を紹介しました。黄道星座よりもさらに南の低い位置にあることから、大気によって星の光が減光されてしまい、少し残念な星座ですが、「みなみのうお座」の1等星を目印にすれば、探しやすい

スポンサーリンク







Translate »