2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「12月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2019年12月の星空を紹介します。

天体現象を参考に観察してみてください。

11月の星空

11月の星空の復習にはこちらをご覧ください。

2019年11月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。おうし座流星群やしし座流星群といった天体ショーに注目が集まりますが、惑星の並び方が美しい姿で見られるものもあるので、チェックして見てください。

12月の惑星の動き

等級 星座
水星 -0.6~-0.9等 てんびん座さそり座へびつかい座いて座 11月28日の西方最大離角になったばかりの頃が、比較的高い位置で確認でき、観察好機です。月末になるにしたがって、太陽に近づいてゆくので、ギリギリ中旬頃まで夜明け前の東の空で観測できます。
金星 -3.9~-4.0等 いて座→やぎ座→ 太陽の後を追うように動いています。夕方の西の空で、宵の明星として観測できます。月初より下旬になる方が、太陽の明るさが気にならない位置での観測ができるでしょう。12日前後には土星との接近が見られます。
火星 1.7~1.6等 てんびん座 5時ごろ東の空から昇り始めます。この時期は太陽の前を移動中なので、夜が明けるまでしか見えるチャンスはありません。
木星 -1.7~-1.7等 いて座 28日に合となるので、太陽に段々と近づいてゆきます。午前中に東の空から昇り始め、太陽の後を追うように南西まで動いています。16時前後に沈んでゆきます。夕方の薄闇の時間帯が観測好機ですが、だんだん観測できる時間が短くなって来ています。
土星 0.6~0.5等 いて座 太陽に着いて行くように移動中で、1月14日には合となるので、段々と太陽に近くなって、観測には適さなくなってきます。午前中、南東の空から昇り始め、南西に沈むのは、16~18時前後で、夕方からそれまで観測できます。
天王星 5.7~5.7等 おひつじ座 13~15時前後頃、東の空から昇り始め、南西に沈むのは、1~3時前後で、夕方からそれまで観測好機です。
海王星 7.9~7.9等 みずがめ座 東の空から昇り始めるのは正午前後からで、深夜には西の空へ移って行きます。2123時前後に沈むまで観測できます。
通常では、天王星と海王星は肉眼では見えません。双眼鏡などお使いください。

星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。

今年最後の月面エックス

🌟ウェザーニュースさんに生中継した動画があったので、

共有しました、みてみて下さい。

🌟12月4日の16時50分が出現中心時間となっています。

薄明るい状態の観測になってしまいます。

今年最後の出現です。是非観察に挑戦してください。

月のクレーターの影がつくる形で、文字が浮かび上がるのは約1時間程です。

変化を楽しむならピークを中心に3時間〜4時間程度観察をすると、

楽しいでしょうね。

ちなみに、愛媛県松山市の愛好家の方が、月面にエックスだけではなく、「LOVE」が

見える画像を発表しています。

「O」クレーターで、「E」は逆向きなんですが、NASAのHPに掲載されたようです。

あなたも月面チャレンジしてみませんか?

金星と土星が接近

(C)国立天文台

🌟12月11日の日没後の南西の空では、金星土星が接近しています。

11月にはギリギリ見えていた木星が見えなくなってしまいました。

土星がゆっくり沈んでゆく間に、見納めしておきましょう。

金星は水星についで、太陽に近い惑星です。地球からは、日の出前の東の空と、日没後の西の空に見ることができます。この時の金星はとても明るく見つけやすく、古くから「明けの明星、宵の明星」と呼ばれ親しまれています。
美しく神秘的な輪を持つ土星は、その正体は木星と同じガス惑星で、地球の直径の10倍もありながら、とても軽いので、もし、土星を入れることのできる巨大なプールがあれば、土星は水面にプカプカと浮いてしまうだろうと言われています。

ふたご座流星群が極大

(C)アストロアーツ/星空年鑑

(C)国立天文台

🌟12月14日の21時ごろから日付が変わって2時ごろに極大を迎える「ふたご座流星群

」は三大流星群の一つに挙げられ、多くの流星が期待できる流星群です。

冬の星座ふたご座に放射点があり、比較的早い時間から観測できる流星群なので、

家族で楽しめます。ただ、今年は月齢18の月がふたご座に同行しているので、

明るさに負けてない流星を頑張って見て欲しいところです。

流星群は、必ずしも放射点を見るわけではありません。ふたご座から少し離れた方向

でも、流星は確認できます。ただ、放射点が高い位置に来る時間帯が、流れやすいと

されています。

目に月の明かりが入らないような形で、観測できるようにして見ましょう。

好条件の時は1時間に40個と言われていますが、通常で、目を10〜15分暗がりで慣ら

した後の、5~10分の間に3~5個程度は見えるでしょう。

ふたご座流星群の紹介をしました。三大流星群の一つでもある、「ふたご座流星群」は冬の天体ショーの中では、メインイベントと言えます。普段から、空の開けた場所を探しておくと、いいかもしれませんね。

こぐま座流星群

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟12月23日の夜から24日にかけて、見頃となります。極大するのは昼間の12時ごろ

と予想されています。ですが、夜でも流れます。

こぐま座北極星のある星座で、北の空でみるけることのできる星座です。流星群も

ほぼ、一晩中観測できますが、もともと活動が大きな流星群ではないので、出現数は

あまり期待しないほうがいいかもしれません。

ただ、月明かりを気にしなくてもいい時期なので、流星群の観測条件としては、好条件

と言えます。

こぐま座流星群の紹介をしました。「こぐま座流星群」は時期が、人気の秘密ではないかと思います。あとはマニア向けですね。冬の防寒をしっかりとして夜空を眺めましょう。

月と火星が接近

🌟12月23日の夜明け前の東の空では、てんびん座で、月齢27の火星が接近して

います。

この日は「こぐま座流星群」の極大日でもあるので、眺めていたら、流れ星も見えちゃ

ったなんてこともあるかもです。

お願い事はいつでも言える用意をしておきましょう。

地球のすぐ外側を回る火星は、地球の直径の半分ほどの小さめの惑星です。火星は、太陽系惑星の中では、一番地球に近い環境があります。もちろん、水や生命の存在などは、まだ直接には見つかっていませんし、二酸化炭素を主成分とする大気は極端に薄く、人間にとっては馴染みにくい世界です。
太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

部分日食

(C)アストロアーツ/星空年鑑

(C)国立天文台

🌟今年2回目の部分日食です。

12月26日の夕方の時間帯です。始まりはだいたい早いところで、14時過ぎから始まり

ます。そこから約2時間前後の部分日食です。年末の押し迫った時期の木曜日で、もし

かしたら、会社の大掃除の日や、事納めの日というところもあるかもしれないです。

忙しさで時間を忘れるかもしれませんが、日本で見られるのはあまりないので、

メモでもして、覚えておいてください。

参考までに、日本では部分日食ですが、インドネシア、シンガポール、グアムなどでは

金環日食となります。

星コラムでの太陽と太陽系惑星の記事を取りまとめたページです。
地球にいる私たちから見る日食は、太陽が月に遮られて欠けて見える現象です。これを宇宙空間で考えて見ると、日食とは、太陽ー月ー地球が直線上に並んで、月の影が地球に落ちる現象です。

ブランペイン彗星

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟12月下旬に4等台になってきたブランペイン彗星です。2020年の1月に最接近する

ので、12月から追っかけるのも楽しみかたの一つです。

12月には後半にふたご座流星群こぐま座流星群があって、空を見上る機会が2回も

あります。流星群の時を利用して、彗星を探すのはとても有意義でしょう。

月と金星が接近

(C)国立天文台

🌟今年最後の接近は12月29日の日没後の、南西の空での金星です。

は月齢3という細い月です。この接近で南極方面では、金星が見られるほどの

遭遇です。

低い位置なので、見える場所を探して観測してください。また、左隣に1等星が見つか

ります。それは秋の星座で唯一の1等星の「みなみのうお座」のフォーマルハウト

です。その逆側の北西には「わし座」のアルタイルと「こと座」のベガ、「はくちょう

座」のデネブもギリギリ見えるでしょう。

月と金星の出会いは秋の星座の「やぎ座」での出来事です。

12月でも夏や秋の星座が、西側で名残惜しそうにしている姿が見られます。

金星は水星についで、太陽に近い惑星です。地球からは、日の出前の東の空と、日没後の西の空に見ることができます。この時の金星はとても明るく見つけやすく、古くから「明けの明星、宵の明星」と呼ばれ親しまれています。
太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

12月の天文カレンダー

2019年12月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。観望の参考にしてください。

2019年度版星空年間(2018/11/30発売)

2019年の星空の関連記事はこちらを参考に書かれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天体観測手帳【1000円以上送料無料】
価格:1382円(税込、送料無料) (2019/1/23時点)

楽天で購入

とても詳しくて、オススメです。ただ文字が小さいので、ルーペが入ります。(^^;

まとめ

2019年12月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

通年なら、ふたご座流星群やこぐま座流星群といった天体ショーが注目株ですが、

今年はさらに部分日食があるので、こちらも注目して欲しいです。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽と太陽系惑星について     水星     &nbs…
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »