2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「6月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2019年6月の星空を紹介します。

天体現象を参考に観察してみてください。

5月の星空

5月の星空の復習にはこちらをご覧ください。

2019年5月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。「みずがめ座η流星群」は時間帯が厳しいですが、天気さえよければ流星群は見応えがあります。惑星も違う表情で楽しめます。

月と金星が接近

🌟6月初めの月の共演は、2日の夜明け前の明けの明星です。

明けの明星という名前に相応しい、美しい輝きの金星が、見えるか見えないか、

というくらい細い月とのコラボレーションは、初夏から梅雨を迎える朝に、

爽やかさのバトンを渡しているようです。

金星は水星についで、太陽に近い惑星です。地球からは、日の出前の東の空と、日没後の西の空に見ることができます。この時の金星はとても明るく見つけやすく、古くから「明けの明星、宵の明星」と呼ばれ親しまれています。

月と火星が接近

🌟6月5日の月は新月を通り越して、今から育ってくるです。

日没後の西の空に名残惜しげにある火星と、低い位置にギリギリ見えるか見えないかの

水星があります。

先月「おうし座」にあった火星も、今月は「ふたご座」へやってきました。

惑星が星座を移ってゆく姿を観察できる機会を逃さないでください。

地球のすぐ外側を回る火星は、地球の直径の半分ほどの小さめの惑星です。火星は、太陽系惑星の中では、一番地球に近い環境があります。もちろん、水や生命の存在などは、まだ直接には見つかっていませんし、二酸化炭素を主成分とする大気は極端に薄く、人間にとっては馴染みにくい世界です。

プレセべ星団と月が接近

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟6月7日の日没後の西の空では、がゆっくりと、確実に育っています。

6日は「ふたご座」火星と接近していたが、7日には隣の「かに座」へ、移動して

います。

月も星座の移り変わりが楽し観察できます。

7日の移動は地味ですが、「かに座」にある「プレセべ星団」の近くにあるので、

マニアには嬉しい接近です。

プレセべ星団「かに座」のカニの甲羅の中にある星団です。

この機会に黄道に注目するのも、星空に興味が持てる、いいチャンスかもしれない

ですね。

「プレセべ星団」について紹介しました。「かに座」には「プレセべ星団」という肉眼で見える星団があります。かにの甲羅の部分に4つの星で囲まれています。そちらに注目してください。 

木星がへびつかい座で衝

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟6月11日に、木星「へびつかい座」で、地球から見て、太陽と反対側にある

なるのです。

「へびつかい座」黄道12星座には数えられないことが多いのですが、「いて座」

「さそり座」の間にある、「へびつかい座」の足になる少しの範囲が、黄道を通って

います。

一時、13星座で「へびつかい座」を入れる占いが注目された時がありましたが、

このように少しの間、黄道があることに注目した結果、取り入れらた占いです。

2019年の木星は年末の12月くらいまで、「へびつかい座」で惑星らしい動きを見せて

くれます。この場合は占いではなく、領域として覚えておいください。

木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。

月と木星が接近

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟6月15日~18日くらいまで、の動きが、木星土星と間をとりもつような、動きを

見せてくれます。が大きさを変えてゆく姿も楽しめますが、の明るさに負けない

土星木星の明るさにも注目して観測して見てください。

すぐ下の「さそり座」のアンタレスの明るさにも注目したいところです。

太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

水星と火星が接近

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟6月19日の日没後の西の空では、火星水星の接近した姿が見られます。

ですが、低い位置での出会いなので、よく見える場所を、探すのが大変かも知れない

ですね。

目印は「ふたご座」の1等星と2等星のポルックスとカストルの兄弟星でしょうか、

ただ、日没後の明るさが残る時間では少し頑張って探さないと、いけないかも知れない

です。

地球のすぐ外側を回る火星は、地球の直径の半分ほどの小さめの惑星です。火星は、太陽系惑星の中では、一番地球に近い環境があります。もちろん、水や生命の存在などは、まだ直接には見つかっていませんし、二酸化炭素を主成分とする大気は極端に薄く、人間にとっては馴染みにくい世界です。

水星が東方最大離角

🌟6月24日の日没後の西の空で水星が東方最大離角を迎えます。

この時、すぐ近くにある火星水星の、ここ数日間の変化を是非、楽しんでほしい

です。

14日くらいから水星火星をチェックしておいて、二つの星の動きを見ていってく

ださい。その時、「ふたご座」の兄弟星を合わせてチャックしておきましょう。

だんだんと1日ごとに、水星火星が近づいて行きます。

17日にはかなり接近します。18日で、さらに密着します。19日には水星火星

入れ替わります。

その間、ふたご座の兄弟星はゆっくりと沈んで行きます。

このなんとも言えない光景が、夕闇のメイクドラマですね。

水星は、太陽系では一番内側を回る惑星です。このため、太陽の強烈な熱にさらされ続け、昼間の表面温度はなんと430度にもなります。逆に夜の側はマイナス180度にも下がります。

7月の星空

7月の星空の復習にはこちらをご覧ください。

2019年7月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。見える地域の有る無しがありますが、部分月食は機会の許す限り見て欲しいです。星食や惑星の動きにも注目したいところです。

2019年度版星空年間(2018/11/30発売)

2019年の星空の関連記事はこちらを参考に書かれています。

まとめ

2019年6月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

大きな天体ショーはないですが、月の動きや、惑星の動きが面白い時期です。

じっくりと楽しんで見てください。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »