2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「11月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2019年11月の星空を紹介します。

天体現象を参考に観察してみてください。

10月の星空

10月の星空の復習にはこちらをご覧ください。

2019年10月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。今月は「オリオン座流星群」が月明かりが気になるところではありますが、極大を迎えます。それに加え、惑星の動きにも注目したい美しさの演出があります。

11月の惑星の動き

等級 星座
水星 0.5~-0.6等 てんびん座 月初は夕方の西の空で確認できます。12日には内合となり、大西洋方面では太陽面の通過が見られます。そこから28日の西方最大離角に向かって太陽から離れてゆきます。28日前後で、明け方の東の空で、比較的高い位置で確認でき、観察好機です。
金星 -3.8~-3.9等 さそり座→へびつかい座→いて座 太陽の後を追うように動いています。夕方の西の空で、宵の明星として観測できます。低空ではありますが、月の後半になるにつれ、太陽の明るさが気にならない位置での観測ができるでしょう。24日には木星との接近が見られます。
火星 1.8~1.7等 おとめ座 5時ごろ東の空から昇り始めます。上旬はおとめ座のスピカとの接近が見られます。11日頃は二つ並んだように見えるので、必見です。この時期は太陽の前を移動中なので、夜が明けるまでしか見えるチャンスはありません。
木星 -1.8~-1.7等 へびつかい座いて座 午前中に東の空から昇り始めます。太陽の後を追うように南西まで動いています。18時前後に沈んでゆきます。夕方の薄闇の時間帯が観測好機ですが、だんだん観測できる時間が短くなって来ています。24日には低い位置ですが、金星との接近が見られます。
土星 0.6~0.6等 いて座 木星の後を追いかけるように、動くので一緒に楽しめます。正午頃、南東の空から昇り始め、南西に沈むのは、18~20時前後で、夕方からそれまで観測好機です。月末には細い月と土星、金星、木星が並んだ姿が見られます。
天王星 5.7~5.7等 おひつじ座 10月28日に衝を迎えたばかりで、観測好機が続いています。夕方になる頃、東の空から昇り始め、南西に沈むのは、3~5時前後で、夕方からそれまで観測好機です。
海王星 7.8~7.9等 みずがめ座 28日に留となり、逆行から順行へ転じます。東の空から昇り始めるのは午後からで、深夜には西の空へ移って行きます。23~0時前後に沈むまで観測できます。
通常では、天王星と海王星は肉眼では見えません。双眼鏡などお使いください。

星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。

月と土星が接近

🌟11月2日の日没後の南西の空で、月齢5の土星が接近します。ここしばらくは

「いて座」に滞在中の土星ですが、今季見納めの時期が近づいてきました。

環の角度も良好なので、観察して見てください。

美しく神秘的な輪を持つ土星は、その正体は木星と同じガス惑星で、地球の直径の10倍もありながら、とても軽いので、もし、土星を入れることのできる巨大なプールがあれば、土星は水面にプカプカと浮いてしまうだろうと言われています。
太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

おうし座流星群が極大

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟11月に注目したい流星群が「おうし座流星群」です。

活動期は10月15日頃から始まっています。その期間は11月30日まで続きます。

その中でも極大日を狙って観測してください。極大日は2回あります。というのも、

おうし座流星群は放射点が2つ南北にあり、名前も「おうし座南流星群」と

「おうし座北流星群」と分けて解説されるほどです。

まず先に極大日を迎えるのが、おうし座南流星群で、11月6日頃です。

おうし座北流星群の極大日は11月13日頃です。1週間ほどの差なので、天気の具合で、

片方だけでも見られたらラッキーでしょう。

おうし座流星群は流星の数はそれ程多い流星群ではありませんが、流星が明るくなる

「火球」と呼ばれる流れ星に見える可能性が高い流星群です。

ただ、今年は6日の方がの影響を受けにくいでしょう。6日も早い時間はまだ月が

あるので、沈んでからが好機です。13日の方はおうし座が居座っているので、

反対側に流れる流星を狙うなどの工夫が必要かと思います。

おうし座流星群の紹介をしました。放射点が2つあって、極大日も2つあり、期間が長いように感じます、秋の夜の楽しみに「流れ星を探す」、というカテゴリーを一つ追加して見ませんか?

くじら座Ο星ミラが極大

(C)国立天文台

🌟11月7日に「くじら座」変光星Ο星ミラが極大を迎えます。

ミラ型変光星と名前が使われるくらい、代表的な変光星として、有名な恒星です。

ミラ型は赤色巨星へと進化した恒星全体が、膨張と収縮を繰り返して、その結果変光

して見える「脈動型変光星」に分類されます。

その中でも、100日以上の長期周期で、数等級の変更をするものを、「ミラ型変光星」

と呼んでいます。

ミラの周期は332日で、その間に2等星〜10等星くらいまで明るさを変えています。

秋の星座「くじら座」が出ている時に、明るくなっていたらミラを見つけるのは

簡単ですが、暗い時期にはまず見えません。

機会があれば2等星に近い時にミラを探してみましょう。

秋の星座の「くじら座」の見つけ方を紹介しました。くじら座は全天で4番目に大きな星座ですが、暗い印象の星が複雑な形に並んでいるので、全体像を捉えるのは少し難しい星座の一つです。
「変光星」について簡単にまとめました。よく耳にする言葉ですが、どのようなものがそれらに当たるのか、参考にしていただければ幸いです。変光星はそれぞれに見頃があり、観測しだしたらハマる方も多いので、見る機会がありましたら是非観望してみてください。

火星とスピカが接近

🌟11月11日の夜明け前の東の空では、秋ですが、春の星座が早朝に見られます。

そんな時間帯に火星「おとめ座」のスピカの接近します。

オススメは、数日前から早起きしないといけませんが、少し前から近づいてくる様子

を観測するのが面白いでしょう。

数日観測すると、も共演したりと朝の楽しみが増えますよ。

地球のすぐ外側を回る火星は、地球の直径の半分ほどの小さめの惑星です。火星は、太陽系惑星の中では、一番地球に近い環境があります。もちろん、水や生命の存在などは、まだ直接には見つかっていませんし、二酸化炭素を主成分とする大気は極端に薄く、人間にとっては馴染みにくい世界です。

水星の太陽面通過

🌟残念ながら、日本では見られませんが、太陽の前を水星が通過します。

ヨーロッパ南西部、アジア南西諸国、アフリカ、北米、南米などで、この現象は

見られます。

日本で見られるのは、2032年11月13日です、この時は現象の一部が見られます。

ちょっと先ですね。。。

水星は、太陽系では一番内側を回る惑星です。このため、太陽の強烈な熱にさらされ続け、昼間の表面温度はなんと430度にもなります。逆に夜の側はマイナス180度にも下がります。

ベスタがくじら座で衝

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟11月14日には「くじら座」小惑星ベスタが、地球から見て、太陽の反対側にある

を迎えます。「おうし座」にいるときにはの時よりも明るさが7等台でした。

11月に入った頃が「おうし座」から「くじら座」へ移動していきますが、それにつれ

等級も6等台になってきています。

6等台でも肉眼では難しいですが、双眼鏡でなんと確認できるでしょう。

しし座流星群が極大

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟11月18日に極大日を迎える「しし座流星群」は周期流星群です。周期的に流星の

活動が変化します。しし座流星群は33年周期で流星の数の多い少ないが変化します。

最近の大出現と言われるのは2001年でした、そこから18年しか経過していないので、

まだ少し落ち着いた活動期と言えますね。

大出現は望めないものの、火球のような明るい流星が出現する可能性がある、流星群

なので、注目してください。

ただ、今年は、極大日の夜は月齢21の月が出ているので、月明かりが気になるところ

です。

しし座流星群の紹介をしました。晩秋の夜空に、数年にあるかないかの「流星雨」の可能性がある「しし座流星群」です。私も流星雨は映像でしか見たことがありません。周期的には後10年ほど先の出来事ですが、それを楽しみに、毎年みてみましょう。

ブランペイン彗星がみずがめ座を通過

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟2020年の初めに肉眼で見えるようになる、ブランペイン彗星が8月から12月まで

「みずがめ座」に滞在しています。

11月20日には「みずがめ座」にある惑星状星雲NGC7293に接近して通過してゆき

ます。

この「NGC7293」はらせん星雲という名前の惑星状星雲で惑星状星雲の中でも

比較的ファンの多い星雲です。

その理由は色々あるのですが、一つは地球に最も近い惑星状星雲ということでしょう。

または、惑星状星雲の中では大きさが最大クラスで、名前の由来にもなった、螺旋構造

をしたガスで覆われている点などが挙げられます。

さらには、画像を見た方はその美しさに、忘れられないような印象を、持つ方が多い

ようです。

ちなみに、私はちょっと目のようで怖いです。。。

「らせん星雲-NGC7293」について紹介しました。私などは、らせん星雲というよりは、EYEs、目のような星雲として見てしまいます。ハイライトのように光も入って、ちょっと怖い感じもしています。。。

金星と木星が接近

🌟11月24日の日没後の南西の空では、低い位置ではありますが、宵の明星こと、

「金星」「木星」の接近した姿が見られます。

その少し左上にある「土星」を目印に探すと見つけやすいでしょう。

金星は水星についで、太陽に近い惑星です。地球からは、日の出前の東の空と、日没後の西の空に見ることができます。この時の金星はとても明るく見つけやすく、古くから「明けの明星、宵の明星」と呼ばれ親しまれています。

(C)国立天文台

月と木星が接近

11月28日の日没後の南西の空になると、「金星」「木星」が少し離れながらも、

近くにはあって、今度は木星の下側に見え隠れしそうな感じで出ています。

低い位置まで見える場所でないと見るのはちょっと難しそうです。

こちらも「土星」が目印になるでしょう。

太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。
木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。

水星が西方最大離角

(C)国立天文台

🌟11月28日の夜明け前の東の空では、水星太陽から離れる距離が遠い、西方最大離

角を迎えます。

この時は、水星の少し上には火星があり、その少し上には「おとめ座」のスピカが

あって、ちょうど等間隔に並んでいる姿がとても美しい光景です。

早起きの得にしてみませんか。

水星は、太陽系では一番内側を回る惑星です。このため、太陽の強烈な熱にさらされ続け、昼間の表面温度はなんと430度にもなります。逆に夜の側はマイナス180度にも下がります。

月と金星が並ぶ

🌟11月29日の日没後の南西の空では、土星金星木星が並んでいる姿を

見ることができます。

この時の月齢は2.5と細い月なので、とても幻想的で美しい並びです。

ぜひみてください。

金星は水星についで、太陽に近い惑星です。地球からは、日の出前の東の空と、日没後の西の空に見ることができます。この時の金星はとても明るく見つけやすく、古くから「明けの明星、宵の明星」と呼ばれ親しまれています。

12月の星空

12月の星空の予習にはこちらをご覧ください。

2019年12月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。通年なら、ふたご座流星群やこぐま座流星群といった天体ショーが注目株ですが、今年はさらに部分日食があるので、こちらも注目して欲しいです。

2019年度版星空年間(2018/11/30発売)

2019年の星空の関連記事はこちらを参考に書かれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天体観測手帳【1000円以上送料無料】
価格:1382円(税込、送料無料) (2019/1/23時点)

楽天で購入

とても詳しくて、オススメです。ただ文字が小さいので、ルーペが入ります。(^^;

まとめ

2019年11月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

おうし座流星群やしし座流星群といった天体ショーに注目が集まりますが、

惑星の並び方が美しい姿で見られるものもあるので、チェックして見てください。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »