2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「日食が起きにくい理由について」

シェアする

(C)NASA

日食は太陽と月と地球が直線上に並んだ時に起きます。

地球から見て、太陽と月が同じ方向にある時に日食が起こっているわけですが、

では、同じように地球から見て、太陽と月が同じ方向にある時には、

「新月」となります。

ですが、毎回新月のたびに日食が起こっているわけではありません。

はるかに日食の回数が少ないですね。

その理由をまとめました。

日食が起きにくい理由

(C)march of gabriel

🌟地球と公転軌道と、月の好天軌道は、同じ平面上にはありません。

月の公転軌道は、地球の公転軌道面に対して、約5.15度(約5度9分)傾いています。

このため、月が新月になる時でも、必ずしも太陽と月と地球が直線上に並ぶわけでは

ありません。

ということで、地球に月の影が落ちないので、日食にならないのです。

太陽と月と地球は直線上に並びにくい

(C)march of gabriel

A 太陽・月・地球が直線上に並ぶ 月が新月の時、月の影が地球に落ちて、日食が起きます。

月が満月の時、地球の影に月が入って、月食が起きます。

B 太陽・月・地球が直線上に並ばない 月が新月でも、月の影が地球の下を通過して、日食は起きません。

月が満月でも、地球の影に月が入らないので、月食は起きません。

C 太陽・月・地球が直線上に並ぶ 月が新月の時、月の影が地球に落ちて、日食が起きます。

月が満月の時、地球の影に月が入って、月食が起きます。

D 太陽・月・地球が直線上に並ばない 月が新月でも、月の影が地球の下を通過して、日食は起きません。

月が満月でも、地球の影に月が入らないので、月食は起きません。

🌟では、AやCだと毎回起こるのでしょうか?

月の軌道が、回転するコマの首振り運動のようにブレています。

Aを出発して、公転軌道を1周して来た地球が、太陽と月と直線上に並ぶことができる

のは、約346.6日後で、Aから約18.3度手前の位置になります。

また、太陽と月と地球が、直線上に並ぶ位置に地球が来ても、月が新月でないと、

日食は起きないのです。

「太陽と月と地球が直線上に並ぶことができる位置の近くで、月が新月になる位置」

というのが絶対条件です。

🌟日本からは見えなくても、通常、1年に2回日食が起こります。

Aの位置で1回、Cの位置で1回です。ですが、たまにAやCの位置近くで続けて2回、

起こることもあります。(下記の日食の予定参照してください。)

日本で見られる日食の予定

月日 最大食分になる時間 種類 日食が見られる地域と最大食分
2019 1月6日 9:30~10:30 部分 北海道/東北=50~60%,関東/中部/近畿/中国/四国=30~50%,九州/沖縄=10~30%
2019 12月26日 15:00~日の入り 部分 北海道=20~30%,東北/関東/中部/近畿/中国/四国=30~40%,九州/沖縄=30~50%
2020 6月21日 16:30~日の入り 部分 北海道=20~30%,東北/関東/中部/近畿/中国/四国~30~60%,九州/沖縄=60~90%
2023 4月20日 14:00~15:00 部分 関東(太平洋側)/近畿(太平洋側)/四国(太平洋側)/九州(南部)/沖縄=0~20%
2030 6月1日 16:30~17:30 金環・部分 北海道=金環,東北=90%,関東/中部/近畿/中国/四国=70~90%,九州/沖縄=50~70%
2031 5月21日 17:30~18:00 部分 九州(南部)/沖縄=0~20%
2032 11月3日 15:00~日の入り 部分 北海道=60~70%,東北/関東/中部/近畿/中国/四国=50~60%,九州/沖縄=30~50%
2035 9月2日 9:30~10:30 皆既・部分 関東(北東部)/中部(北東部)=皆既,北海道=70~90%,東北/近畿/中国/四国=90%,九州/沖縄=60~90%
2041 10月25日 9:00~9:30 金環・部分 中部(西部)/近畿(東部)=金環,北海道=70~80%,東北/関東/中国/四国=80~90%,九州/沖縄=60~90%
2042 4月20日 10:00~12:00 部分 北海道=70~80%,東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄=70~90%
2042 10月14日 9:00~9:30 部分 九州(南部)/沖縄=0~20%
2046 2月6日 日の出~8:00 部分 北海道/東北/関東/中部/近畿=0~20%,中国/四国/九州/沖縄=最大食分後に日の出
2047 1月26日 9:30~11:00 部分 北海道=70%,東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄=50~70%
2049 11月25日 15:30~日の入り 部分 北海道=0~10%,東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄=10~30%
2051 4月11日 10:30~11:30 部分 北海道=10~20%,東北/関東(北部)/中部/近畿/中国/四国/九州=0~20%
2053 3月20日 17:30~日の入り 部分 沖縄=0~10%
2054 9月2日 9:00~9:30 部分 北海道(千島列島)=0~10%
2056 1月17日 日の出 部分 北海道(千島列島)=最大食分後に日の出

日食の観測の注意点

直接太陽を見ないようにしましょう。

サングラスも避けましょう。日食専用の「日食めメガネ」や「日食グラス」などを

用意しましょう。

(C)国立天文台

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アストロアーツ日食グラス USAデザイン(日食リスト2050付き)
価格:1200円(税込、送料別) (2018/12/22時点)

楽天で購入

簡単な解説と日食リストが付いている方が良い方向けです。

遮光度13なので安心です。一般的なタイプです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日食グラス 日食メガネ 太陽めがね 部分日食 4個セット メール便送料無料
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/12/22時点)

楽天で購入

4個セットがなんだかお得ですね。

日食について

日食についてまとめたページはこちらをご覧ください。

地球にいる私たちから見る日食は、太陽が月に遮られて欠けて見える現象です。これを宇宙空間で考えて見ると、日食とは、太陽ー月ー地球が直線上に並んで、月の影が地球に落ちる現象です。

これからの日食の予定

日付 種類 見える地域
2018年07月13日 部分日食 オーストラリア南部、南極など
2018年08月11日 部分日食 ヨーロッパ北部、アジア北部など
2019年01月06日 部分日食 日本(全国)、アジア東部、北太平洋など
2019年07月03日 皆既日食 南太平洋、南米など
2019年12月26日 金環日食 アラビア半島、インド、東南アジアなど
2020年06月21日 金環日食 アフリカ、アジア、太平洋など
2020年12月15日 皆既日食 南太平洋、南米、南大西洋など
2021年06月10日 金環日食 北極付近
2021年12月04日 皆既日食 南極付近
2022年05月01日 部分日食 南太平洋、南米など、
2022年10月25日 部分日食 ヨーロッパ、アフリカ北部、中東、インドなど
2023年04月20日 金環皆既日食 南インド洋、東南アジアなど
2023年10月15日 金環日食 北米、南米など
2024年04月09日 皆既日食 北米、太平洋など
2024年10月03日 金環日食 南米南部、南太平洋など
2025年03月29日 部分日食 北大西洋、ヨーロッパ北部など
2025年09月22日 部分日食 南極、ニュージーランドなど
2026年02月17日 金環日食 南極
2026年08月13日 皆既日食 北極付近、ヨーロッパ西部など
2027年02月07日 金環日食 南太平洋、南米、南大西洋など
2027年08月02日 皆既日食 アフリカ北部、インド洋など
2028年01月27日 金環日食 南米北部、大西洋など
2028年07月22日 皆既日食 インド洋、オーストラリア、ニュージーランドなど
2029年01月15日 部分日食 北米など
2029年06月12日 部分日食 北極付近、ヨーロッパ北部など
2029年07月12日 部分日食 南米南部
2029年12月06日 部分日食 南極
2030年06月01日 金環日食 ヨーロッパ、ロシア、日本
2030年11月25日 皆既日食 アフリカ南部、南インド洋、オーストラリアなど

※日付は、食が最大にある時を日本時間で表しています。

この他の天体現象はこちらをご覧ください。

天文現象スケジュールを一覧にまとめてみました。気が遠くなる年数もありますが、気がつけばきていることもあります、日食や月食は流星群と並んで天体ショーの花形です。

まとめ

日食が起きにくい理由についてまとめました。

毎月新月がやって来ますが、太陽と月と地球が直線上に並んでいるわけではないので、

日食になりません。

日本で見られる日食の予定も表示しています。参考になれば幸いです。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »