2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「1月天文カレンダー」

シェアする

(C)ウェヴスタジオアラクネ/満月カレンダーより

🌟2019年1月の代表的な天文現象をカレンダーに、まとめました。

また、日、曜日の隣に月齢と月の出入り時間を記入してます。

観望の参考にしてください。

2019年1月天文カレンダー

2019年1月天文カレンダー

曜日 月齢 月出 月没 天文現象
1 24.8 02:01 13:19 🌟元日=初日の出 🌟1月中=46P/ウィルタネン彗星が6等台
2 25.8 03:01 13:55 🌟細い月と金星が大接近 🌟20:30=土星が合(太陽の北00.5″、0.5等、視直径15.0″)
3 26.8 04:01 14:34 🌟14:20=地球が近日点通過(0.983301天文単位、1億4709万9760km、太陽の視直径32’32”)
4 27.8 04:59 15:16 🌟01:02=ペルセウス座β星アルゴルが極小 🌟11:00=しぶんぎ座流星群が極大(出現期間1月1日〜1月7日)
5 28.8 05:54 16:03 🌟02:16=月と水星が最接近
6 0.1 06:45 16:53 🌟部分日食 🌟00:39=小寒(太陽黄経285°) 🌟02:42=月と土星が最接近 🌟03:42=月が最南(赤緯-21°33.2′) 🌟13:54=新月🌟13:54=金星が西方最大離角(47.0″、-4.4等、視直径24.8″)
7 1.1 07:32 17:45 🌟11:25=天王星が留(赤経01.78h)
8 2.1 08:14 18:39
9 3.1 08:14 19:34 🌟13:29=月の距離が最遠(1.056、40万6117km、視直径29.4′) 🌟18:41=ペルセウス座β星アルゴルが極小
10 4.1 09:26 20:30 🌟08:46=C/2018R5レモン彗星が近日点を通過(周期109年) 🌟12:50=239P/リニア彗星が近日点を通過(周期9.5年)
11 5.1 09:58 21:25 🌟05:31=374P/ラーソン彗星が近日点を通過(周期11.1年) 🌟07:42=月と海王星が最接近🌟21:05=冥王星が合
12 6.1 10:28 22:20
13 7.1 10:57 23:17 🌟05:31=C/2018A3アトラス彗星が近日点を通過 🌟07:13=月と火星が最接近 🌟16:52=月が赤道通過、北半球へ 🌟20:49=水星と土星が最接近 🌟21:14=小惑星パラスが西矩(おとめ座) 🌟22:00=月面Xが見える
14 8.1 11:26 🌟成人の日 🌟02:09=171P/スパール彗星が近日点を通過(周期6.7年) 🌟15:46=上弦
15 9.1 11:58 00:15 🌟01:46=月と天王星が最接近 🌟16:52=天王星が東矩(うお座、5.8等、視直径03.6″) 🌟17:28=くじら座ξ2星(4.3等)の食
16 10.1 12:32 01:15
17 11.1 13:11 02:17 🌟ヒアデス星団食 🌟19:15=冬の土用(太陽黄経297°) 🌟23:37=おうし座δ2星(4.3等)の食
18 12.1 13:57 03:23 🌟13:34=C/2017M4アトラス彗星が近日点を通過
19 13.1 14:50 04:29 🌟03:50=こと座β星シェリアクが極小
20 14.1 15:52 05:34 🌟08:19=月が最北(赤緯=+21°32.6′) 🌟18:00=大寒(太陽黄経300°)
21 15.1 17:00 06:35 🌟下旬=金星と木星が接近 🌟皆既月食 🌟1月おおぐま座ξ流星群が極大(出現期間1月15日〜1月25日) 🌟14:16=満月(スーパームーン) 🌟22日にかけてプレセべ星団の食
22 16.1 18:12 07:30 🌟04:59=月の距離が最近(0.930、35万7342km、視直径33.4′)
23 17.1 19:25 08:18 🌟00:23=金星と木星が最接近
24 18.1 20:36 09:00 🌟05:06=しし座53番星(5.3等)の食🌟14:22=131P/ミュラー彗星が近日点を通過(周期7.1年)
25 19.1 21:44 09:38
26 20.1 22:50 10:13 🌟09:06=月が赤道通過、南半球へ 🌟23:34=ペルセウス座β星アルゴルが極小
27 21.1 23:53 10:47 🌟15:31=223P/スッキフ彗星が近日点を通過(周期8.5年)
28 22.1 11:21 🌟06:10=下弦
29 23.1 00:55 11:57 🌟16:18=水星が外合(太陽の南02.2″、-1.3等、視直径4.8″)🌟20:23=ペルセウス座β星アルゴルが極小
30 24.1 01:56 12:34
31 25.1 02:54 13:15 🌟細い月と金星が大接近

1月の注目の星空

1月の星空はこちらをご覧ください。

2019年1月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。1年はあっという間です。また新たな都市が始まって、いろいろな天体ショーが楽しみです。とりわけ、1月はしぶんぎ座流星群や、部分日食、ウィルタネン彗星の見納めなどなど。。

まとめ

🌟2019年1月の代表的な天文現象と月齢や月の入り、出などの時刻も

記載してます。参考にして、天文観測など楽しんでください。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »