星コラム「10月後半の星空」

(C)国立天文台

10月後半には秋の夜空を彩る天体ショーが、いくつかあります、

それを紹介します。

観望会など行かれる前に参考になれば幸いです。



土星の環が最も開く

(C)国立天文台

🌟17日(火)の2時57分にピークを迎えます。

傾き26.97°、環視長径35.82″(90.9828cm)、環視短径16.25″(41.275cm)

ですが、ピーク時は見えない場所にあるので、

見える可能性のある時間は16日〜17日の18時〜20時の沈むまでの間、

この辺りが見える時のピークでしょう。

🌟まだまだ見えるので週末の観望会などの機会が場合は

ぜひ参加して、環を確認してみて下さい。

ふたご座ε流星群

🌟19日(木)に極大日を迎えます。

出現時期は中旬から下旬にかけてです。

三大流星群の一つに数えられる「ふたご座流星群」は12月14日が極大日の

流星群です。こちらの放射点はカストルの近くです。

🌟ウェザーニュースさんの流星シーンのまとめ動画です。

流星群は、主なものでも1年間で約10つありますが、意外と流星を見たことがない方もいるのでは?気軽に流星をお楽しみいただけるコンテンツをご紹介します。

オリオン座流星群

🌟21日(土)の20時ごろから22日深夜に極大日を迎えます。

出現期間は10日〜11月5日と長めです。

母体はハレー彗星ですが流星群としては中級クラスです。

同じハレー彗星の軌道上の流星群になるのが5月に極大日を迎える

みずがめ座η流星群です。

そう考えると地球の周りで賑やかですね。

🌟そして何よりなのが、今月は新月が20日です。

「ふたご座ε流星群」と「オリオン座流星群」も観測するには好条件です。

また、土曜日なので、観望会を企画している天文台など多数あるようなので、

ぜひこの機会に観察してみて下さい。

天王星がうお座で衝

🌟赤い丸のあたりに天王星が見えます。

(C)NASA

🌟20日に天王星がうお座で「衝」となります。

「衝」とは太陽と対角にあって、観察しやすいところにいる

状態を言います。

「惑星の合、衝、留について」よく耳にする惑星の用語を分かりやすくまとめました。地球か見て、太陽の反対側を「衝」と言います。太陽と同じ方向を「合」と言います。惑星の運行は西から東へ行くことを「順行」、東から西へ行くことを「逆行」と呼びます。そして、この二つの転換点で動きが止まって見える時に「留」と呼びます。
淡い環を持つ横倒しの天王星、天体望遠鏡では見えませんが、天王星にはごく細い環があります。メタンの厚い雲に覆われているため、木星のようにはっきりとした模様は見られません。そして、赤い光を吸収してしまうため、全体に青っぽく見えます。

🌟等級は5.7等、視直径は3.7秒角です。

9月から12月にかけてゆっくり西へ移動してゆきます。

🌟肉眼では見つかりにくでしょう、この辺りは同じような等級の星が

多くあるので、特定するには、双眼鏡などで天王星の特徴である

エメラルドグリーンを見つけることが、確実です。

口径8cm以上の望遠鏡で150倍以上あれば確認できる事でしょう。

天体望遠鏡よりもリーズナブルで、持ち運びにも便利な双眼鏡で星空を観測してみるのはいかがでしょうか。双眼鏡のメリットとデメリットを比較して、どのようなものが星空を観測するのに適しているかを紹介します。

月と土星の接近

🌟24日(火)の夕方の夜に細い月に土星の接近した姿が捉えられます。

月齢4.6の月が20時には沈んでしまうので、

18時ごろから西の空に注目してみて下さい。

🌟次回は11月21日にも同じように接近が見られます。

月面Xが見える


🌟ウェザーニュースさんで昨年6月に生中継した動画があったので、

共有しました、みてみて下さい。

🌟27日の20時30分ごろに見られます。

月のクレーターの影がつくる形で、文字が浮かび上がるのは約1時間程です。

変化を楽しむならピークを中心に3時間〜4時間程度観察をすると、

楽しいでしょうね。

🌟この時期はスマホで撮る企画がたくさんあります。

ぜひ挑戦して見て下さい。

🌟次回見られるのは12月26日の0時30分ごろです。

まとめ

🌟10月後半の天体現象を紹介しました。

後半にかけて色々な天体ショーが楽しめるので、

観望会などありましたらぜひ参加して、これらを観察してほしいです。

良い観望でありますように。。。。

秋の夜長に月の観望会のある、天文台を紹介しました、旭川市科学館(サイバル)、郡山市ふれあい科学館スペースパーク、大田原市ふれあいの丘天文館、平塚市博物館、セーレンプラネット福井市自然史博物館分館、四日市市立博物館プラネタリウム、関崎海星館
星ヨル部で紹介した、10月のイベントや観望会をカレンダーにまとめました。使いやすいように今後も変えてゆく予定です。また、イベントが増えましたら更新してゆきます。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。