2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



星コラム「5月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2018年5月の星空を紹介します。

天体現象を参考に観察してみてください。



月と木星の接近

(C)国立天文台

1日と27日の月が木星に接近する時を図で表しています。ふと見上げた夜空でも

この頃は、見ることができます。

その時は月の影がどちらに向いているかで、月の位置を確認してください。

星は月の明るさに負けて、頼りになりません、

ですが、月のそばの木星は負けないくらいの、輝きはあります。

🌟4月30日の20時ごろから東南の空に月が見え始めます。

そのすぐ下に木星が存在感を出しています。接近した様子は5月1日へと日にちが

変わる頃には高度が増して観測しやすくなります。

また、5月27日の日没後、東の空から月が顔を出します。この時も木星との

ランデブーが楽しめます。

この競演は「てんびん座」で迎えます。

黄道12星座の7番目の「てんびん座」として知られていますが、夜空のどこに見られるか探してみましょう。黄道なので、星占いで聞き及びのある星座同士の並びです。大まかな位置は「おとめ座」と「さそり座」の間にその姿を現しています。

月と土星の接近

(C)国立天文台

🌟日が進むと月も移動してゆきます。

数日前は天秤座で木星と接近していたと、思ったら今度は土星や火星と、

接近します。

さらには月の満ち欠け具合や時間帯も変わってきています。そのような変化を

通して感じることができるので楽しんでください。

🌟5月5日には月と土星が接近します、日付が変わることに月が顔を出します。

そばにいる土星も他の星よりも明るいので、見つけることができるでしょう。

また火星が昇り出す1時過ぎには先に進んでいる木星と、さらには「さそり座」の

アンタレスとで仲良く並んでいるようにも見えます。

黄道12星座の「さそり座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、他の星座に比べて特徴的で、一度知れば真っ先に目がいくような星座です。S字の形と赤い星が目立つので、直ぐにわかります。
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。

みずがめ座η流星群

(C)国立天文台

🌟5月6日の夜明け前に極大を迎えます。ですが今回は月明かりがあるので、

たくさんは見られないでしょう。月の反対側になる東から北東を眺めると

見やすいかも知れません。

「みずがめ座」は秋には見頃を迎える星座です。流星群は深夜に出現します。 7月の21時頃やっと東の空から昇り始めます。全体的に3等星から5等星という目立つ星があまりありません、しかも全体像は大きめなので、全体を見つけるのは少し難しいようです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群

木星がてんびん座で衝

🌟5月9日には木星が「てんびん座」で衝となります。

観察好機が「合」になる秋まで続くので、じっくりと観察してみましょう。

「てんびん座」の中で行ったり来たりする様子を、気にしながら見ると楽しい

かと思います。

(C)国立天文台

🌟衝の時には特に大きく見えるので、その前後でも十分楽しめるので、

観察してください。この時の光度は-2.5等で見応えがありますね。

(C)国立天文台

黄道12星座の7番目の「てんびん座」として知られていますが、夜空のどこに見られるか探してみましょう。黄道なので、星占いで聞き及びのある星座同士の並びです。大まかな位置は「おとめ座」と「さそり座」の間にその姿を現しています。
「惑星の合、衝、留について」よく耳にする惑星の用語を分かりやすくまとめました。地球か見て、太陽の反対側を「衝」と言います。太陽と同じ方向を「合」と言います。惑星の運行は西から東へ行くことを「順行」、東から西へ行くことを「逆行」と呼びます。そして、この二つの転換点で動きが止まって見える時に「留」と呼びます。

まとめ

🌟2018年5月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

5月も惑星が色々と楽しめますね、みずがめ座流星群もあるので、

ぜひ観察してください。

良い観望でありますように。。。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
天体望遠鏡よりもリーズナブルで、持ち運びにも便利な双眼鏡で星空を観測してみるのはいかがでしょうか。双眼鏡のメリットとデメリットを比較して、どのようなものが星空を観測するのに適しているかを紹介します。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。