2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



星コラム「1月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2018年1月の星空を紹介します。

色々な天体ショーの参考にして下さい。

🌟新年の始まりに初日の出を見行かれる方は国立天文台のHPに

大まかな地域の情報が載っているので参考にして下さい。

日本国内の主な地点での2018年の初日の出情報。

ちなみに私はいつもテレビの中継日の出です。



2018年最大の満月

(C)国立天文台

🌟あれ?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

2017年12月にも2017年の最大満月があったばかりですね。

周期的に動いているので、そうなってしまいます。

しかも最大近値は12月より今回の方がより近いです。

まさにスーパームーンですね。

(C)国立天文台

🌟小さい時とこれだけ違います。(上図)

月の地球を回る公転軌道は楕円をしているために、距離の遠い近いができます、

そのため、見える大きさも変わってくるのです。

しかも、月は太陽や地球の重力の影響も受けるので、決まった数値で遠近が

あるわけではありません、それで、2017年12月の近値と今回の近値が

異なるわけです。

月の入り 近地点通過 日の出 満月 月の出
札幌 6時42分 6時49分 7時06分 11時24分 16時34分
仙台 6時31分 6時53分 16時49分
東京 6時30分 6時51分 17時00分
京都 6時45分 7時05分 17時18分
福岡 7時04分 7時23分 17時44分
那覇 7時00分 7時17分 18時10分

参照:暦計算室HP

1月は2回満月がありますが、2日の方がより近いです。

ですが、31日もまだ大きく見えますね。

ちなみに、今年最小の満月は7月28日です。

その頃にまた紹介します。

月に惑星が接近

(C)国立天文台

🌟月の新月に近くになる時の三日月は夜明け前の東の空を彩ります。

逆に、新月から育ってゆく頃の三日月は夕暮れどきの西の空で

賑わいます。

今回、惑星が接近するときは新月になってゆく時期の三日月です。

1月11日〜15日ごろにかけて見頃です。

細い月の美しさに加えて、夜明け前の薄紫に木星、火星、そして

低い空が見える場所なら、水星、土星も確認できるでしょう。

(C)国立天文台

🌟水星は地球よりも内側を回る惑星です。

太陽からあまり離れないので、見えるチャンスが少ない惑星で、1月2日に

太陽から最も離れた位置にきます。

と言っても10度を少し超えたあたりですが、12月23日頃からゆっくりと

最大離角へ向かって水星が動いているように見えます。

朝早起きした時や、低い空に雲ない日などにぜひ観測日てみて下さい。

1月13日には土星とランデブーした姿が見れられるかもしれませんよ。

できれば、前もって、位置を確認するためや、

どのくらい動いているのかを知るためにも、数日前から観測してみることを

オススメします。

(C)国立天文台

🌟また、1月7日に最接近する木星と火星も見頃です。

こちらも12月28日頃からだんだんと近づいてきています。

動く速さが違うので、年末から観察しだして、どのように接近して、

離れてゆくかを見るのも楽しいです。

10日頃からは月も共演相手として登場します。

美しい朝をお迎えください。

皆既月食

(C)国立天文台

🌟今年最初に一大天体ショーとも言える現象が起こります。

日食に比べるとやや地味ですが、月が赤く、たこ焼きのような姿になるのは

見てて楽しいです。

1月31日に起こ皆既月食は、天気さえ良ければ、日本全国的に観測できます。

しかし冬の寒さに負けない準備で、観測をオススメします。

時刻 食分
部分食の始め 20時48.1分 0
皆既食の始め 21時51.4分 1
食の最大 22時29.8分 1.321
皆既食の終り 23時08.3分 1
部分食の終り 24時11.5分 0

(C)国立天文台

🌟次回は東北より西で見られる月食で、2018年7月28日です。

「食」と「掩蔽」とは異なる現象でしたが、便宜上の表記が「食」を通り名として使うことが一般的ということがわかりました。

2018年1月のほしぞら(星空)情報。東京の星空の様子、天文現象カレンダー、惑星の状況を紹介。

まとめ

🌟1月に注目の星空を紹介しました。

参考になれば幸いです。

冬の星空は空気が凛としてキラキラ感が3割増です。

風も強いので、少し雲は飛ばしてくれることもあります。

星の観測は気を長く持ってのんびり眺めて見てください。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。